2017年3月26日 (日)

久しぶりの白石峠

R0012076_2
堂平山パラグライダー離陸場所

今週末は日曜が雨予報のため昨日土曜にライド。向かう先は…。

先週に引き続き飯能から八高線沿いに北上。先週と違うのは追い風でスイスイ。

R0012072
途中のコンビニ休憩で。これは自転車乗りには有り難い!

越生を過ぎて、サイクリストには有名なパン工房 シロクマさんに立寄ります。

事情から休店状態が続いていましたが、最近営業再開したとの事。

R0012073
店先で買ったパンをいただきます。delicious

遅めの時間だとまず売り切れてしまっている「チョコパワー」がありました!これ美味しいです。あとは消化に良さそうなクリームパンにしました。どちらも美味しい!

そして少し北上し、田中の交差点をこの日は左折。

ジワジワと上り基調の道となり、しばらく行くと白石峠への道(自転車乗りの中でTT開始地点)が現れます。

冬の間、緩く登る癖が付いていたのでこの日は一念発起し久しぶりにTTです。サイコンのラップタイムのボタンを押してスタート!dash

ほどなく、心拍が170位まで上がり息も上がりきってしまいます。sweat01

コース半ばくらいで心が折れて、少しセーブしようかと考えますが、脚を休ませられる勾配ではありません。それでも後半に少し緩くなる場所は2、3カ所ありますのでそこはスピードを出すより脚を休ませる事に専念。coldsweats01

残り2km…1km…500m、標識が教えてくれますが、スパートはゴール地点を目視してからちょっとだけ。

R0012074
そしてゴール!

半ば予想はしていましたが、目標には3分ほど及ばないタイムでした。残念。

天気もよいサイクリング日和でしたのでゴール地点にはローディが5、6名休んでいました。クールダウン走としてゆるペースでさらに先へ上り堂平山頂上の天文台を目指します。

R0012078
堂平天文台付近より。

ここは標高が800m超なので休んでいると寒いです。

さっさと下り支度を済ませると、定峰峠方面へダウンヒル。定峰峠茶屋はライダーの方々で混んでいました。そこからは秩父方面へ。

この道を下るのは久しぶりでしたが、なかなか気持ち良い道です。ただブラインドコーナーから対向車がやや大曲がりで曲がってきたりして注意が必要でした。

さて、秩父まで下るとコンビニ休憩。先週より若干早い時間帯なのですこしまったりしてから299→山伏峠→名栗と同じコースで帰りました。

R0012079

そろそろ自転車シーズン到来です。少し上げて行こうかな。

白石峠もまたリベンジです。

Distance 115.01km

Total ascent 1847m

Avg HR/Max HR 122/176bpm

Avg Cad.67rpm

Avg Speed/Max Speed 21.4/58.8km/h

Avg Power ---W

Ride time 5H22M  Cal 2267kcal

---白石峠TT---

Distance 6.41km

Total ascent 527m

Avg HR/Max HR 170/176bpm

Avg Cad.63rpm

Avg Speed/Max Speed 11.7/---km/h

Avg Power ---W

Ride time 32m56s  Cal 378kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

長瀞、秩父ライド

何度か走った事のあるコースですが、一昨日の日曜日は久しぶりに長瀞・秩父方面へと走ってくる事にしました。天気は晴れてましたが、これを春霞と言うのか遠景の山々はなんとなくぼやけていました。

越生を過ぎ、白石峠方面はスルーし直進。

R0012060
県道30号 八高線沿いに北上

小川町を通過。飯能からずっと風がなんとなく向かい風なんですが…。

R0012063
やや冬装備で出発してしまい日向では汗ばむ気温で少し後悔sweat01

R0012065
荒川

この橋を過ぎると国道140号に合流。秩父方面へ左折。一気に車通りが多くなります。連休中日ですからね。

少し走ると寄居です。いつも休憩で利用するコンビニでカロリーと水分など補給。しかし久しぶりに来ると至る場所に新しくコンビニができていたりしますが、何故かいつも利用するのは同じコンビニだったりするのはちょうど休憩に都合が良い距離であるという理由もありますが、見慣れぬ土地に来ている時にちょっとした安心感が得られるためなのでしょうか。そのためいつの間にか潰れていたりすると軽くショックだったりもします。

R0012067
長瀞。ただ通過。笑

長瀞を過ぎた辺りからようやく、それまで苦しめられていた向かい風が追い風に変わってくれた感じで少しペダリングが軽くなりました。

長瀞から秩父市街地までは約20km程度しかないんですね。

秩父に近づくほど車が増えて道が渋滞気味のところも。

R0012069
秩父市街地から両神山を望む

さてようやく秩父入りしました。連休なので無理だろうと思いましたが昼時はとうに過ぎていたため、もしかしてと淡い期待のもと、わらじカツ丼で有名な某店を目指しました…が、店の前に10数人の行列ができており断念。orz

相変わらずの人気ぶりのようです。

日も傾いてきており、さて帰りますか。

帰路は峠越えなのでコンビニ休憩を挟み、横瀬から国道299を飯能方面へ。

秩父市街地からだらだら200mくらい上り、正丸トンネル手前で右折しお山入りです。ちなみに正丸トンネルは自転車では走りたくないトンネルワースト3の一つ。sweat02

R0012070
山伏峠。まだ明るくて良かった。

標高約600mくらいですが、秩父側からは案外すぐ辿り着きます。

日も暮れようかという時間帯で、ダウンヒル。ややオーバーなウエアチョイスが正解でした。

R0012071
いつもの撮影ポイントで帰ってきた感に浸る。笑

Distance 132.6km

Total ascent 1418m

Avg HR/Max HR 125/164bpm

Avg Cad.73rpm

Avg Speed/Max Speed 23.2/60.6km/h

Avg Power ---W

Ride time 5H43M  Cal 2104kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

久しぶりの風張峠

また更新が気まぐれ状態ですが、もう3月も半ば。春の気配も感じられる季節となりました。冬の間も週末ライドはできるだけ続けてきましたが走って70〜80kmくらいでした。

さて昨日は久しぶりに周遊に繰り出してみました。昼過ぎだったのですれ違うローディはみな上から下ってくる方が多く、午後2時過ぎに都民の森に着いたら…

R0012050

ちょっと寂しい光景です。coldsweats01

確か登り始めた時には晴れていたはずの空がいつしか曇天に変わっており、休憩していると次第に寒くなってきます。いつもここではみたらし団子をいただくのですが、まだ始めていないようで、ちょっと誤算。店の中にエネルギー源を探しに入ってみたら、揚げたてだったらしいカレーパンが目に飛び込んできました。一つ購入!

R0012052

パリッパリな揚げたての食感がグー!美味しく頂きました。

さてあまり長い休憩は体が冷えきってしまうので、食べたらほどなく出発。

久しぶりの標高1000mオーバーですが、ここまで来たら当たり前ですが下らないといけません。そして見えてきた電光掲示板。

R0012055

「1℃」coldsweats01

ロードバイクで身一つ、風を切って下るので体感温度は完全に氷点下になりますか。

勿論、想定内ではありましたが、手袋を2枚重ねにしてネックウォーマーを巻き、ウインドブレーカーを着込んで下りました。

奥多摩湖まで下りて水と緑の博物館で休憩しましたが、風張頂上に較べて暖かさを感じました。

R0012057

その後は名栗湖まで足を伸ばしてから帰宅。

1000m超級の山はまだ冬でした。快適な季節はもう少し先のようです。

Distance 118.88km

Total ascent 1936m

Avg HR/Max HR 132/172

bpm

Avg Cad.69rpm

Avg Speed/Max Speed 21.9/57.4km/h

Avg Power ---W

Ride time 5H25M  Cal 2435kcal

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

山開き!

このブログの更新頻度がめっきりとなっておりますが、自転車はできるだけ乗るようにしています。(ブログもできるだけ更新しようとは思ってはいますが…sweat02

さて、東京が記録的な大雪に見舞われた影響で今年は3月一杯がほとんど山乗りできませんでしたね。先月になりようやく走れるようになったという感じでした。

6月にはヒルクライムレースにもエントリーしているため、いい加減山練をしなくてはなりません。冬の間久しく走れなかった奥多摩方面に先月は主に出向いていた感じです。

4月13日(日) 風張峠 時計回り

この日は頂上の路面状態が実際どうなのか?という偵察も兼ねて風張峠です。都民の森までが久しぶりなので長く感じられました。笑

20140413_2499
頂上付近ですが、山の北側の斜面には予想通りの残雪が。

そして奥多摩方面に下ると…、

20140413_2509

20140413_2513

20140413_2518

都心では散ってしまった桜が、奥多摩湖畔ではまさに見頃となっていました。天気が曇りだったのが惜しい…。

Route 東青梅コンビニ→二つ塚峠→武蔵五日市→檜原街道→都民の森→風張峠→奥多摩湖→御岳→軍畑→榎峠→成木

Distance 105.56km

Total ascent 1501m

Avg HR/Max HR 125/163bpm

Avg Cad.69rpm

Avg Speed/Max Speed 22.8/59.8km/h

Avg Power ---W

Ride time 4H21M; Cal 1570kcal

20140413_2474
『月虹』が出ていたのはこの日の晩だった訳です

4月20日(日) 風張峠往復

20140420_2487

この日は少しトレーニングを意識して、風張往復をしてきました。

20140420_2488
頂上の気温は2℃で霧に覆われていました。やはり寒かったです。

20140420_2489
山の斜面には山桜が満開!

20140420_2491
散った桜が風に舞うのもまた趣きがあります。

Route 東青梅コンビニ→二つ塚峠→武蔵五日市→檜原街道→奥多摩周遊→風張峠→深山橋手前Uターン

Distance 118km

Total ascent 2169m

Avg HR/Max HR 129/175bpm

Avg Cad.65rpm

Avg Speed/Max Speed 22.3/56.8km/h

Avg Power 160W

Ride time 5H01M; Cal 1940kcal

4月27日(日) 柳沢&風張

この日は晴れ。少し早めにスタートできたので、さらに足を伸ばして久しぶりとなる柳沢峠へ!途中奥多摩湖では十分休憩と補給をします。片道60km超です。流石に長く感じます。途中、工事で未舗装状態となった区間が二カ所あり、閉口しました。奥多摩から向かって手前側の工事区間は砂利とは呼べない大きさの石ころがゴロゴロとしており、ハンドルを取られそうになります。なんとか自転車を降りずに通過しましたがパンクしそうです。

その後に勾配が本格的となり、苦しめられて…

20140427_2482
ようやく到着!!しかし、富士山は!?

20140427_2483
茶屋では和風ソフトクリーム!これはお勧めです。

20140427_2484
絶景の中、本格的な山岳ダウンヒル。

下りでは流石に落車が心配だったため未舗装区間は自転車を降りて通過。しかし、車が横を通り過ぎる度に土煙が舞い上がり閉口。

20140427_2485
桜が辛うじて…笑

20140427_2486
奥多摩湖

この後、周遊入りして風張峠越えで五日市方面に抜けて帰宅。

Route 東青梅コンビニ→411号→奥多摩湖→丹波山村→落合→柳沢峠→Uターン→深山橋→奥多摩周遊→風張峠→武蔵五日市→二ツ塚峠→東青梅コンビニ

Distance 151.30km

Total ascent 2474m

Avg HR/Max HR 131/175bpm

Avg Cad.72rpm

Avg Speed/Max Speed 23.1/66.6km/h

Avg Power 156W

Ride time 6H17M; Cal 2531kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

グランフォンド八ヶ岳試走

20130912_2093

9月12日(木)はグランフォンド八ヶ岳コースの試走です。実際のイベントは10月初旬(今週末ですね)開催ですが、エントリーしている訳ではありません。ただ、以前よりこの辺りを時間のある時にゆっくり走りたいなぁと思ってました。でもどこをどう走って良いものか土地勘がなければコースを組み立てる事も難しいものです。そこで最近よくやるのが実際「グランフォンド〜」などと名のつくイベントで使用されているコースをそのまま走ってみるという手法。実に楽なものです。また距離や獲得標高、走行時間の目安などもだいたい分かりますから予定を立て易いなどメリットが大きいわけです。笑

甲斐大泉駅近くに宿をとり、早朝の中央高速を走り朝8時頃に現地到着。チェックインはせず駐車場に車だけ置かせてもらい、自転車を組み立てて出発。駅の南側すぐのところでコンビニがあり、そこでボトルに飲料水を満たし、軽食をとったら出発です。時間はちょうど9時頃だったと思います。

このコース、例年少しずつ変わっているのでしょうか。今年開催予定のコースがルートラボに公開されており、それで行く事にします。なんというか同じような場所を平行に行ったり来たりしながら徐々に南下するような奇妙なコース設定となっており、まるで口を半開きにした龍の頭の部分のように見えなくもないです。反時計回りに走る事になっているようです。実際のスタートとは違いますが、この日はその「龍」の下顎の辺りから同じ反時計周りに走り始める事にしました。甲斐大泉の駅近くからのスタートです。

走り始めてしばらくすると視界が開けていきなりの絶景スポットです。

気持ちいい〜sign01

20130912_2083
遠く威風堂々とした南アルプスを望む

20130912_2085
反対側には八ヶ岳!

20130912_2088

北海道か?!と思わせる光景の中、道は平坦や緩やかな下り区間がしばらく続きます。しかし近い場所を行ったり来たりさせるコースのためミスコースも度々…イベント当日なら案内員がいてそんな心配も無縁でしょうけど。

20130912_2089
ビューポイントのようです

少し登っては下ってという調子で基本徐々に下っていくようです。

20130912_2092
うーん、気持ちよいの一言!

こんな景色では写真ばかり撮って、なかなか前に進まない訳ですが。(^-^;

この日、走り始めて40kmくらいで須玉IC近くまで来ました。ガーミンによると標高500mを切っています。どうもこの辺りがこのコースの一番標高が低い区間みたいです。で、一番高いところが1400mオーバーのようですので…まあ、あまり考えないようにしますか。笑
須玉を過ぎていきなり直登区間。sweat01
ちょうど昼下がりの気温が上がる時間帯でした。登っているのもあり、汗が滴り落ちるくらいで、ちょっとげんなり。夏かと思いました。

20130912_2096

少し登り勾配が緩やかになった場所にこんな施設が。平日という事もあってガラッガラ。経営大丈夫なんでしょうかとちょっと心配してみたり。笑

しかし、平和な風景に癒されます。

20130912_2098
これぞ日本の初秋の景色かな

20130912_2099_2
景色は良いのですが、流石にちょっと疲れも…あの坂を登ります

20130912_2100
夏の終わりの廃校。なんともノスタルジックな…。

この前だったか後だったか結構な坂区間が待ち構えていました。このイベントで難所として?有名な海岸寺の坂だったようです。

そう、ちょうどこの辺りでボトルの水が底をつきそうになって焦りました。汗をかく一方なのに水がないなんて、ちょっとばかり生命の危険を感じます。笑

坂の途中で工事してましたが、工事事務所のプレハブ横に自販機をみつけ利用させていただきました。本当は工事関係者用なのでしょうが、背に腹は換えられません。工事はイベント当日はどうなっているのでしょう?

海岸寺の登りがピークで後は登り基調でも勾配が緩やかになったようでした。

20130912_2102
やっと清里到着!しかし雲行きが…微妙すぎるような…

雲行きが怪しかったものの、久しぶりにコンビニに立ち寄れたのでここぞとばかりに補給します。笑

ボトルにもスポーツ飲料を満たして生き返った心地。(;´▽`A``

なにしろイベントならエイドステーションが各地に設置されるため補給の心配はほとんど無いのでしょうけど、このようにコースだけを忠実にトレースする場合、コンビニにほとんどありつけない可能性が高いという事を忘れていました。交通量が多めの道はむしろ避けるようにコースを組み立てる訳でしょうから。

そしてイベントでは清里市街地のど真ん中を突き抜けるようなコースみたいでしたが、また迷いそうなのでそこばかりはスキップします。清里を少し過ぎたころにポツリポツリとやっぱり来てしまいました。雨です。そして、いきなり本降りに。流石に道路脇の木の下にエスケープして雨宿りです。いつ止むかと気を揉んでいましたが、幸いものの10分もしない内にほとんど小降りになりましたのでまた走りだしました。

その先をちょっと行った所が清泉寮でした。車では何度か来ている場所でしたが、目の前の道が10%近い勾配があったとは!やはり自転車で来てみないと分からないものですね。イベント当日はここがスタートとゴール会場となるようですね。

20130912_2105

遠足かなにかの小学生低学年くらいの子供達に混ざり、ソフトクリームの列に並びました。笑

20130912_2108
ここに来たらもはや定番ですが、やっぱり美味しい!( ̄▽ ̄)

20130912_2109
レストハウス赤い橋

バイクラックがあるのにビックリしました。イベントを意識したものでしょうか。

この近くの東沢大橋というのはビュースポットのようですね。紅葉の季節にのんびり来てみたいものですが、日も傾きかけた時間帯となってきたためビューっと通り過ぎてしまいました。笑

20130912_2110

平日は車通りが少ないのですが、トラックなどの工事車両がやや多めという印象もあり注意しました。 この日、自分と同じようなロードバイクとはほとんどすれ違いまでせんでしたが、この辺りでご夫婦らしきロードバイク乗りの方々とすれ違ったのが唯一だったと思います。
しばらく小海線の線路沿いの緩やかな登りをいくと…    

20130912_2111
やっと戻ってきました!達成感に浸ります。

この日のスタート地点近くの甲斐大泉駅に到着です。標高1158mなんだそうです。

いや〜、反省点もありましたが、楽しかった!

天気もよく高原の空気を思い切り吸い込んで思う存分走りました。良いコースだと思います。本番にエントリーされていらっしゃる方が羨ましいです。エイドステーションで土地のグルメを堪能して回れば更に楽しい事でしょうね。

063

9/12

Route GF八ヶ岳2013コース

Distance 113.59km

Total ascent 2141m

Avg HR/Max HR 121/167bpm

Avg Cad 54rpm

Avg Speed/Max Speed 20.2/61.6km/h

Avg Power 141w

Ride time 5H37M48S  Cal 1874kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

赤城山試走

さて、今月上旬に夏休みでした。悲しい事にあっという間に終わってしまいましたが、あちこち自転車で走ってましたので、ブログ記事にアップしていきます。

第一弾として今月末に開催の赤城山ヒルクライムに備え、試走をしてきました。

9月10日(火)

前橋市立前橋高校の駐車場が試走者用に開放されているという大会HPのアナウンスがあり、この日はそこを利用させていただきました。

大会コースである県道4号線沿いのため、非常に便利です。大会主催者の心遣いが嬉しい限りです。

この大会は市街地の外れからスタートであり、アクセスが良好。

20130910_2033
上細井交差点はもう少し先

上細井交差点の先からスタートし、後は淡々と上るのみ。dash

スタートして最初は少し勾配がきつめ区間ですが、徐々にこなれてきて6〜7%くらい?の勾配がずっと続くような印象です。

20130910_2037
ゴール

1313mの標高差がありますので、ペース配分が大切かな。

20130910_2034
ゴール地点の売店が閉まる寸前でしたが、間に合いました

ここのソフトクリーム、なかなか美味しいです。

時間があれば下ってもう1本とも思っていたのですが、時間は午後で微妙だったのと、1本で十分疲れましたのでこれで試走は終了とします。sweat02

なかなか同じコースを2セットってできないんですよね、性格的に。笑

20130910_2038

ちょっとゴール後のクールダウンを兼ねて、その先へ行ってみました。赤城公園となっていますが鳥居峠でもあるようです。でも鳥居峠と書いた標識はなさそうでしたけど。

20130910_2040
PENTAX Q + FISH EYE

20130910_2044
ゴール手前にはのどかな光景が

さて、第1回に出て以来となりますが、自己記録を塗り替えられるかどうか…sweat02

9/10

Route 県道4号線 

Distance 20.75km

Total ascent 1276m

Avg HR/Max HR 163/170bpm

Avg Cad 63rpm

Avg Speed/Max Speed 14.5/---km/h

Avg Power 201w

Ride time 1H25M59S  Cal 894kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

富士スバルライン試走

20130525_1981

今週末開催のMt.富士ヒルクライムの試走のためこの前の土曜日にスバルラインまで出向いてきました。午前中は用事があったので午後出発で高速を使い富士北麓公園まで。

公園駐車場には車もまばらでガラガラ状態でしたが、停まっている車も富士ヒル試走目的の車が大部分だったようです。ロードバイクもこの日はよく目にしました。

準備をして午後3時くらいに出発。料金所で200円の通行量を払いますが、直後に観光バスが登っていきました。富士山の世界遺産登録のせいでにわかに人気を博したのか、観光バスが多くなってきていないでしょうか。よく見掛けました。料金所で追い越していったそのバスはエンジンの整備不良なのかモクモクと真っ黒い排ガスをまき散らしながら登っていきました。まるで煙幕のように真っ黒い排ガスがそのバスの後ろ姿も見えなくする勢い。自転車にはたまったものじゃありません。スタートは排ガスが風で拡散するまで待ちました。(≧ヘ≦)

世界遺産登録で富士山周辺の大気汚染が加速する気がしてなりません。皮肉な事ですね。

しばらく待つと煙も晴れ、スタート。

スバルライン自体、これで何度目でしょうか。過去の試走やレース本番のものも入れると結構な回数登っている道ですが、去年は一度も走りに来ておりませんので2年振りくらいのスバルラインになります。

今回はデータ収集目的も兼ね、パワータップG3ホイールで登ってみます。

20130525_1982

やはり2年振りくらいですから、試走しておいて良かったです。

下界は曇り空でぱっとしませんでしたが、5合目は写真のように晴れており、思いのほかポカポカと感じられました。

20130525_1983

さて登っている間のパワー値は約200ワット平均でした。この位だとまだ脚に多少の余裕が感じられます。本番でどこまで追い込めるかですが…。

目標は勿論前回の記録更新です。

5/25

Route 富士スバルライン 料金所→5合目

Distance 23.54km

Total ascent 1196m

Avg HR/Max HR 162/170bpm

Avg Cad.72rpm

Avg Speed/Max Speed 16.3/---km/h

Avg Power 202w

Ride time 1H26M26S  Cal 938kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

GW第3弾 グランフォンド大菩薩

20130505_1946
AM9:15 奥多摩湖

あっという間にもう10日くらいたってますが、まだGWネタを引っ張ります。笑

5月5日ですが、ここ数年のGW恒例イベントとなりつつある『GF大菩薩』(←勝手にネーミング)を今年も走ってきました。記事を遡ると去年もちょうどこの日に走っていました。

この日走る距離を勘案して朝は早めのスタートで、と前日の夜は少し早めに寝たのですが普通に寝過ごし、いつもの時間に目覚めてしまいclock慌てて準備しスタート。

東青梅コンビニで朝食を済ませ411を奥多摩方面へせっせと走ります。dash

天気は文句のない快晴!朝の少し冷やりとした山の空気が気持ち良いです。

奥多摩湖に着きましたが、まだ水と緑のふれあい館も開館していない時間のためトイレ休憩のみですぐスタート。

20130505_1948

丹波山の辺りで勾配がぐっと増してきます。sweat01

20130505_1950

新緑が綺麗です。この日のカメラはGRDでしたが、やはりGRレンズの描写は綺麗ですね。

落合の休憩箇所は今回スルーです。この辺りで何人かのローディさんをパスします。

20130505_1951
AM11:20  なんとか柳沢峠到着sign01

富士山は今回も雲の先に霞んではっきり拝む事はできませんでした。GW中とあって、ツーリングのバイクも多く自転車乗りもちらほらで茶屋の周りは賑わっていました。

20130505_1953
やっぱりこれは外せないのです。笑

柳沢峠茶屋HPに『柳沢峠の名水』の給水が自転車だと無料とありますので、店員さんに尋ねてみたところこの写真の右上の方に写っている水道の蛇口がそれのようです。なんか、こう、もうちょっとそれらしい蛇口を想像していたのでやや拍子抜けしましたが、試しにボトルに注ぎ足しておきました。なんだかごく普通の水にしか…。笑

20130505_1955
PM0:30 なかなかの眺望!

その後は塩山側にビューッと下ってコンビニでちょっと補給しておきます。riceball

そして勝沼フルーツライン↑へ。

下の方には電車も走っていました。ここは夜景もよろしいようです。

そして国道20号にでると早速登りが始まります。脚に若干疲労が感じられる頃合いです。ここは去年結構暑さにやられた記憶がありましたが、この日は湿度が低めで風も爽やかに感じられ、なんとかクリア。

さて、恒例だと新笹子トンネル直前に右手に折れる県道212号に入り、笹子峠をめざすのがGF大菩薩なのですが、去年は苦労して登ったものの、工事中となっていてトンネルを目前にUターンという若干苦い思い出もあったため今年は事前にリサーチしていたのです。結果、どうもまだ工事中という情報がありました。自転車で通過できる場合もあるようですが、今もその状態かが分からなかったため今年は笹子峠は諦めました。

トンネル直前のコンビニでパスタ補給。そして覚悟を決めて全長約3kmの新笹子トンネルに突入。dash

20130505_1956
PM1:40 新笹子トンネル脱出!

いやはや、やはりできれば自転車で走りたくないトンネルです。長いし、横を走る車も結構ハイスピードでびゅんびゅん来ますのであまり生きた心地がありません。

しかし、トンネルの途中から下りが始まり、大月市街地に至るまで後はずっと下り基調となります。トンネルさえ越えてしまえばなかなか快適です。

大月市街地では、またコンビニ休憩。最後の登りに備え少しまったり。

20130505_1957
PM2:50 国道139号をいざ松姫峠へ

20130505_1959
PM3:20 深城ダム

この深城ダムを過ぎるとガツンと勾配が増し、道が狭く荒れた路面となりいよいよ松姫峠への本格的な登りが始まります。あとはつづら折りの道がずっと続きます。

20130505_1961
頂上までもう少し!

そして…

20130505_1963
PM4:15 松姫峠登頂

最後の砦制覇!といったところでしょうか。 後は慎重に下り小菅から更に奥多摩湖へ。奥多摩湖が見えてくると毎回ホッとします。

長かった1日もようやく終わりに近づきました。笹子峠をスルーした事もあり、榎峠を最後の最後に登っておき、この日のライドを無事終了しました。ふぅ〜。笑

5月5日 GF大菩薩

走行データ:ルート 411号→奥多摩湖→柳沢峠→塩山→県道38号→勝沼→国道20号→(新笹子トンネル)→国道20号→大月→国道139号→松姫峠→小菅→奥多摩湖→411号→軍畑→榎峠→成木→バーディ坂

Distance 200.66km

Total ascent 3184m

Avg HR/Max HR 126/174bpm

Avg Cad. 71rpm

Avg Speed/Max Speed 23.2/56.6km/h

Ride time 8H26M Cal 3308kcal

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

GW第2弾 榛名山ヒルクライム試走

20130504_1964

連休後半は今シーズン初のヒルクライムレースとしてエントリーしている榛名山ヒルクライムの試走に群馬県高崎市に行ってきました。スタート会場は高崎市役所榛名支所近くであり、試走者のために榛名支所の駐車場が開放されています。何と懐が広い事!

天気予報では夕方に所により雨の予報でしたので昼過ぎに到着しましたが、自転車を組み立てているとポツリポツリ来てしまいました。が、ここまで来ては引っ込みが付かないので予定通り試走をする事にしました。一応ウインドブレーカーは携行します。

20130504_1965

これも試走者に対する心遣いなのでしょうか。↑このようにご丁寧に案内板がありました。

今年が第1回の開催ですが、主催者側の力の入れようが垣間見えるようです。

そして試走開始dash

タイム計測より、コースの下見が目的でしたのであまり追いこまず適度なペースで。

・・・のつもりでしたが、スタート後しばらくはいきなり勾配きつめ(7~8% ?)区間となっており結構それなりの強度で走っていました。sweat01

その後少し勾配が落ち着いて、平坦や短い下りもあったりします。

そして情報としては知っていましたが、榛名神社の少し手前からゴールまでの約4kmくらいが結構な激坂区間となって締めくくられるコースプロフィールでした。この残り4kmくらいはガーミンをみていたらだいたい平均10%くらいだった気がします。最大勾配が14%で、それが計4ヶ所くらいありました。sweat02

うぬぬ・・この大会、序盤と中盤と終盤で勾配が変化に富み、面白いと言えばそうですが、ヒルクライムレースのコース難易度としては実はそれなりのものですね。本番ではこの最後の区間に脚を残せるようなペース配分を考えておく必要がありそうです。

実は2年くらい前に休暇を利用してこの辺りは走っているのですが、伊香保のほうから榛名山に登り、榛名神社のほうに下った記憶があります。今回試走しておいて正解でした。

そしてゴール。

20130504_1966

結局この日、雨は本降りにならず、このように晴れてきたので良かったです。榛名富士ののどかな雰囲気がなんかいいですね。

山頂の売店の軒先にはバイクラックがズラリと整えられていてビックリしました。そしてそのバイクラックにちょっと自転車をかけてみようと立ち止っていると近くの売店から店員さんがすぐに出てきて 試走のタイムはどうでした?などと声を掛けられます。地元の方も初開催の自転車大会に興味津々ってところなのでしょうか?しばらく湖畔でまどろんでいようかと思いましたが、そんな事情もあり何となく落ち着かないためすぐに下山しました。笑

下山後はラーメン食べて、温泉入って、と寛いで帰りました。

5/4

Route 榛名山HCコース

Distance 15.27km

Total ascent 915m

Avg HR/Max HR 157/172bpm

Avg Cad.66rpm

Avg Speed/Max Speed 14.7/---km/h

Avg Power ---W

Ride time 1H02M  Cal 641kcal

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

GW第1弾 都幾川ライド

20130428_1939

GWもあっと言う間に終わりましたが、今回も自転車一色のGWだったかも知れません。今回は前半4月28日(日)の事。

久しぶりに表題の通り、ときがわ方面へ。奥多摩方面へも考えたのですが、最近奥多摩ばかりですし、GW後半にとっておこうとも思いまして。

まずは途中で、しろくまパン工房。

20130428_1934

時間帯が昼時とあって陳列棚のパンも半分ほどに減っていましたが、好きなチョコパワーは残っていました。これ本当美味しいです!もう一つはしろくまあんぱんにしましたが、これは後で食べるようにバックパックに入れて出発。

そして…

20130428_1936
堂平天文台より PENTAX Q + FISH-EYE

そうです、この日のメインイベントは白石峠。それも久しぶりに覚悟を決めてのガチンコTTが目的でした。今年はおそらく2度目になりますが、前回はあまりモチベーションも上がらず34分くらいかかってしまいましたが、今回ははっきりした目的もありました。

先のエントリーでPower Tap G3の購入を記事にしましたが、パワートレーニングを行うにあたり、多分『LT値』というのが指標になってきます。詳しくは成書を見て下さいという事ですが、分かり易く解釈するとこのLT値が乳酸がどかどか産生されだす限界の運動強度、とでも言いましょうか。有酸素運動と無酸素運動の境目とでもいいましょうか。パワートレーニングというのはこのLT値を指標にしてLT値の何%の強度で…などと話が進んでいくようです。厳密には採血を何度もして調べるものですが、そんな事はできませんので簡易的に測定する方法がいくつかあるみたいです。

固定ローラーでの方法を試したところ、僕のLT値は恐らく180〜220Wの間かなと思っていました。これでも維持するには結構きつく感じたのですが。もうひとつ書いてあったのが、峠TTの方法です。

教本によると30分くらいの峠でTTをせよ、との事みたいです。30分と聞いてすぐ思い浮かんだのが白石峠だったという訳です。

ただよく読むと、条件があるようですが、まあ普通に白石峠TTをすればよいだろうとこの日は後輪にPower Tap G3をつけてきました。

それで久しぶりにモガイて。笑

結果、29分26秒でした。頑張りすぎて終盤は軽く吐き気も覚えましたが。sweat02

パワータップは世代を経て段々軽くなっているそうですが、まだまだ普通にズシリと重い感じですし、自転車もガリレオで軽量化を意識しないロングライド装備だったのでまあ自己ベストには及ばなかったものの30分切ったので自分的にはまずまずの結果でした。

で、Edge500で測定したTT中の平均パワーが『246w』

う〜ん、本当か? ( ̄○ ̄;)!

だいたい200wくらいかと思ってましたが、意外ともう少し上だったようです。

しかしこれは素直に喜べない気がします。これが本当なら普段の固定ローラーの強度がまだ甘かったという事になります。

パワートレーニングはなかなか厳しいものみたいですね。

三日坊主にならないよう頑張らねば…。sweat02

20130428_1937

その後は、定峰経由で秩父に下りました。

夕方の時間だったので、GW中でもあわよくばと立ち寄った安田屋は行列が店の外までできていて撃沈でした。

おとなしくコンビニで腹ごしらえして山伏峠を越え、名栗湖で夕日を拝んで帰りました。

20130428_1945

4/28

Route 飯能→県道30号→越生→シロクマパン→白石峠→定峰峠→秩父→芦ケ久保→山伏峠→名栗湖→小沢峠→バーディ坂

Distance 117.65km

Total ascent 1850m

Avg HR/Max HR 126/183bpm

Avg Cad.67rpm

Avg Speed/Max Speed 22.3/62.1km/h

Avg Power 149W

Ride time 5H16M  Cal 1901kcal

白石峠TT

Distance 6.38km

Total ascent 516m

Avg HR/Max HR 173/183bpm

Avg Cad.65rpm

Avg Speed/Max Speed 13.0/---km/h

Avg Power 246W

Ride time 29M26.37S  Cal 354kcal

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧