« 2017年6月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月23日 (木)

伊豆半島一周ライド 2日目前半

2日目です。写真多めなので2日目は前半と後半に記事を分けてみます。

朝起きるとまずはお風呂に。海岸がすごく近いので露天から潮騒が聴こえるんです。

そしてその後、朝食をしっかり頂きます。

2日目の行程を考えると早朝出発が望ましい訳ですが、せっかくのホテルです。あまり出発を急ぐ事は考えません。

朝食後はホテル前の海岸を少しだけ散策。2日目もよい天気!

Imgp2465
朝の砂浜っていうのも清々しいですね。

小さく風力発電施設も写っています。↑

チェックアウトを済ませて、

Imgp2470_2
10:06 さて、出発!

国道136号ではなく、海岸線を走る県道16号を行きます。

Imgp2471_2
よく見ると海水が透き通っていて綺麗です!

石廊崎の灯台の写真を撮りたかったのですがどうも少し歩かないと駄目なのかな。

Imgp2472_2
石廊崎灯台は!?

ビンディングシューズですし、この先もある事ですから断念。

で、さっそくアップダウンが始まってます。

Imgp2473
10:33 あいあい岬

県道から国道136号に合流します。

伊豆半島の西側はこのような奇岩が多いのですね。

Imgp2474
景観美が続き、写真ばかり撮ってしまいます。

Imgp2475
11:07

Imgp2477

子浦を通過

Imgp2478
蛇石峠って、なんか気になる名前です。

Imgp2480
11:32 夕日ヶ丘

Imgp2481
名前の通り、夕方には綺麗な夕日が拝めそうです。

Imgp2482

Imgp2483
この辺りには野猿が300匹くらい棲む事で有名とか。

Imgp2485

Imgp2486
静かな港でした。

Imgp2487
12:05 絶景なり!

相変わらずアップダウンが続きます。しかも伊豆半島の東側より標高差が大きいです。でも登りのご褒美がこんな絶景ならね。

Imgp2489
『海にもぐる』

この辺りは↑このような彫像が道沿いに点在しており、面白いです。

そしてこの少し先が松崎町となり、その先が西伊豆に入っていきます。実は南伊豆を出発してから海岸線沿いの約40kmのアップダウンでしたがコンビニらしいコンビニはこの松崎町に来るまで一軒もありませんでした。

朝食をがっつり食べてきたので問題ありませんでしたが、この伊豆半島南西部を自転車で走る場合はハンガーノックに注意が必要な区間かも知れません。

時間も昼時となり、小休憩をとりました。まだ2日目の行程の1/3程度なのですが続きは後半に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

紅葉の奥多摩

Imgp2547

今日は紅葉刈りライドと決めていました。が、ちょっとのんびりしてしまい出発が昼前くらいに。本当は秩父辺りを考えていましたが、距離があるので今回は諦めて奥多摩方面に。

ウエアは迷いましたが、天気予報ではこの冬1番の寒さと言っていましたので準冬仕様という事で、少し厚手の冬ジャケにアンダー1枚、下はウインドブレーク素材のロングパンツ。手袋はフルフィンガー、シューズの上からトゥーカバー。イヤーパッドは無しで行きます。

街中ではしかし、この格好ちょっとやり過ぎたかなと思ったのですが…。

Imgp2554

武蔵五日市から檜原街道に入ります。青空と紅葉のコントラストはやはりいいです。

Imgp2566

今回は写真ストップ多め。しかし、アイウエアによって常に肉眼より赤が差して見えているため、「おおっ!」と思って写真を撮っても実際は色褪せたような紅葉だったりというガッカリも多かったです。

都民の森で休憩を入れます。いつものみたらし団子をいただき、少し寛ごうかと思っていました。が、到着した時間帯は都民の森の売店辺りは既に日陰エリアとなっており、じっとしていると急速に体が冷え込んでくる感覚がありました。吐く息も白いではありませんか。あまり長居はせず道に出ると頂上を目指します。

Imgp2567

当然、高度を稼ぐほどに気温が低下します。

頂上に近くの電光掲示板にはなんと「気温1℃」の表示!この電光掲示板は日陰エリアですからちょっとオーバーな気が。サイコンの表示によると実際は4-5℃程度みたいです。

Imgp2568

頂上から。心洗われる絶景!

Imgp2570

月夜見第二駐車場より奥多摩湖。

奥多摩側へダウンヒルしましたが、厚手のジャケットだったためウインドブレーカーは無しで下りました。でもかなり寒かった。

水と緑の博物館で小休止。その後の奥多摩湖からの緩やかな下りも寒く、古里辺りに来てようやく少し暖かく感じられる気温になりました。

紅葉は綺麗でしたが、もう1000メートル超級の山は来シーズンまで走り納めかな?

Imgp2548

11/19 奥多摩周遊 時計回り

Distance 106.05km

Total ascent 1578m

Avg HR/Max HR 117/159bpm

Avg Cad.73rpm

Avg Speed/Max Speed 23.4/56.0km/h

Avg Power ---W

Ride time 4H32M  Cal 2491kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

伊豆半島一周ライド 初日

また更新が空いてしまっていますが、自転車は割と乗ってます。今年のヒルクライムレースは結局乗鞍が最終になってしまいました。自転車もオフシーズンになり、目先の大会がしばらく無いので最近はモチベーション維持に苦労しています。

さて、11月になり遅れて夏休みをいただいたので1週間はまたあちこち自転車で走ってきました。

11/9、10でタイトルにしたように伊豆半島に繰り出してきました。

なんとなく構想は頭の中にあったのですが、自転車の計画は天候に左右されますので直前の天気予報を確認して、直前に宿を押さえて当日を迎えました。

都内から自走をするには暗い内から走りださねばならず、箱根の峠を越えたあたりできっと疲労困憊なのであまり現実的ではありません。

という訳で、輪行でしょ♪

自転車で海岸線を走るならやっぱり時計周りです。熱海まで輪行する事に決め、電車は東海道本線で品川から100分で熱海。しかし新幹線なら38分です。迷いましたが、平日の通勤ラッシュの時間帯に輪行はいろいろ大変そうなので少し時間帯を遅めにずらす事にして新幹線輪行に決定。笑

Imgp2388
東京駅前広場。通過しただけです。

品川駅まではサイクリング。天気は秋晴れ!

気温も暑くもなく寒くもない快適な気温です。

Imgp2391
さて!輪行するか!

ロードバイク歴はそこそこ長いのですが、輪行は未だに正直不慣れで、苦手意識がまだあります。品川駅前で輪行袋を広げて少々四苦八苦して何とか写真の状態となりました。しかし、ロードバイクは輪行袋に入れると案外重く、肩に担いでの移動はなかなか大変。

駅構内の移動を考慮して巨大な東京駅は避けた次第です。

さて何とか新幹線に乗り込み、ドア付近に輪行袋を立てかける事ができました。通行の邪魔にならないように気をつけねばなりません。

座席に座って本でも読もうと小説を持参していましたが、新幹線なので本当にあっという間に読む間もなく熱海到着。新幹線輪行というのはちょっと贅沢ですが、楽だし早いし、いろいろ周りに神経を遣う時間も短くて済むのでこれもありだなと。

Imgp2393
あっという間に熱海。早っ!

時間は12時過ぎ。熱海は少し東京より暖かかった気がします。流石熱海。そして駅前は平日というのに中高年の旅行者達で思いのほか賑わっており活気を感じました。しかし少し駅前を離れると静かな、人通りもまばらな昭和感漂う町並みがあり、のんびり散策したい気持ちになりました。

Imgp2407
椰子の木が海に来た感ありますね!

Imgp2411
熱海市街地を背景に出発写真。気持ちよい

Imgp2417
国道135号を下田方面へ

と走り出してすぐとても気になる看板発見。早速寄り道です。

Imgp2419
不思議な引力に吸い寄せられていました。

熱海秘宝館!!笑

実はここに至るまで短いながら10%オーバーの激坂が待ち構えていました。

熱海から伊豆一周を始める方はまずは秘宝館ヒルクライムでアップしてみるのも良いでしょう。

自転車じゃなければ料金払って秘宝館見たかったんですが、今回は入り口を拝んで先を目指します。

Imgp2420
秘宝館からは意外と絶景だったり。

Imgp2421
熱海よさらば!

さて真面目に135号を走らねば。

普段は山の中ばかり走っていましたから、こうして海沿いの道を走るのも新鮮な感じでいいです。

Imgp2422
磯の香りにテンション

小腹が空いたのでさっそくコンビニで小休憩。

Imgp2424
コンビニのイートインから海を望めるなんて

Imgp2427
伊豆の海岸にはすすきが多いんですね。

Imgp2428
伊東に来ました。

Imgp2429
城ヶ崎海岸辺り。

Imgp2433
伊豆大島ですね。

Imgp2430
拡大しました。

Imgp2436
写真では分かりにくですが、アップダウンの繰り返し。

そうです。あまり下調べしていませんでしたが伊豆の海岸線は岬が丘になっており、ほとんどの場合登らされます。そして丘を下っていくと小さな町になっていたり、漁港があったりで、そこを通り過ぎるとまた丘を登り…の繰り返し。

一つ一つはせいぜい標高差が数十メートルくらいだったと思いますがアップダウンの繰り返しでジワリジワリと脚が削られていきます。そしてそんな案配なので案外進みません。普段の感覚で距離から到達予想時間を計算してもだいたいそれをオーバーしていた感じです。

Imgp2437
こうして見ると伊豆も山はあるんですね。

Imgp2439
東伊豆町の辺り

Imgp2440

それにしても…

Imgp2443
いい景色だな〜♪

と、黄昏れている場合でもありません。

日が暮れる前になんとか宿入りするはずだったのですが。16時を過ぎてもうすぐ日没の時間です。

Imgp2447
小さく見えている紡錘形の島は利島です。

Imgp2448
そして伊豆の美しい海岸で人気の白浜。

写真ではまだ明るく写っていますが、実際はほとんど薄暗かったです。それにしても写真手前のゴミ、なんとかならないものか。いや、見なかった事にしましょう。

Imgp2449
だいぶ暗くなってきました。ようやく下田。

Imgp2450
まどか浜海遊公園

もうほとんど暗くてよく分かりません。

Imgp2452
下田市街地。

B級グルメなのでしょうか、下田バーガーの文字が気になりましたが宿の夕食がありますのでスルー。

そして下田からさらに30分くらいでしょうか。ようやく宿のある南伊豆町に到着。

18時過ぎに宿入り。ふぅ〜落ち着く!!笑

真っ先に温泉に入り、汗を流したら夕食。バイキング形式なのでいつものごとく食べ過ぎてしまいますが、自転車ですのでまあよし。

Imgp2462
宿の屋上から。星が綺麗でした!

星空カフェなるものがあり、食後に屋上テラスから伊豆の星空を眺めてみました。

写真では綺麗に写っていませんが、結構綺麗な星空を拝めました。流星も一つ流れました。いいですね。

11/9 伊豆半島一周ライド 前半(熱海→南伊豆)

Distance 87.16km

Total ascent 1188m

Avg HR/Max HR 107/155bpm

Avg Cad.75rpm

Avg Speed/Max Speed 23.5/55.6km/h

Avg Power ---W

Ride time 3H42M  Cal 1389kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年12月 »