« 車坂峠試走 | トップページ

2017年6月18日 (日)

車坂峠ヒルクライム 当日

R0012174_2

さて、当日の話。都内からは高速で小諸まで。高速バスでは感じませんでしたが自分でハンドルを握るとそれなりの距離感はあります。car

17時直前に信州青少年の家という場所で受付を済ませます。

R0012175_2

宿には鹿沢高原のこの宿。何度も利用している割とお気に入りの宿です。

夕食はバーベキュー形式でついつい必要以上に食べてしまい、ヒルクライム前日にはあり得ないくらいの満腹っぷりにちょっと後悔。coldsweats01

温泉入って、外に出ると満天の星空が。

ここはほとんど街灯りの無い山の中なので凄く星が綺麗なんです。

R0012197_2

写真では分かりませんが、もやっと天の川も見えていた気がします。

R0012492_2

こんな写真を撮って遊んだりして、思わず翌日のレースの事も忘れそうな勢い。

いけないいけない、とビール飲んで寝ます。

R0012494_2

そして翌朝。

支度を済ませると車はそのまま宿に置かせてもらいアップを兼ねて自走で会場へ向かいます。距離は20kmくらいです。

R0012495_2

と、ここでトラブル発生!coldsweats02

ギアをインナーからアウターへ切り替えようと左STIレバーを押し込んでもフロントディレーラーはピクリとも動かず、シフトチェンジ不能。sweat02

まあ、レースではコース中アウターを使うところはほぼ無いので問題はないのですが、ディレーラーの羽がチェーンと極僅かに干渉して漕いでるとシャリシャリ音がなって気になってしまいます。

R0012496_2

ちょうどよい頃合いでスタート会場には着きました。

下山用荷物を無事預けると、列に並びます。と、空気入れを持って参加者に声をかけながら巡回しているメカニックの親父さん発見。ちょっと見てもらい、ドライバーで微調整していただきました。結局アウターにかかるようにはならず、インナーで固定する事に。ネジを締め込んでもらい、若干シャリシャリ音が小さくなったかな?

そうこうする内にロードレーサーの部のスタート時間である9時半に。クラス分けされてましたが、大会規模が小さい事もあり、あっという間に自分のクラスもスタート。あ!?これもうスタートなの?という感じで心の準備が整わないままのスタートとなりました。ただタイム計測はネット計測なので安心です。

それからは試走編で書いた通りで序盤の緩斜面が2-3km、それを過ぎるとガツンと勾配キツメとなり後はひたすらゴールまで耐えるのみ。笑

そして、ゴール。

R0012498

これは自腹で、やはりご褒美ソフトは美味いっす!

R0012500

豚汁、バナナは参加者にサービスされます。

R0012502

うーん、見晴らしはどうだろ…?正直ややガスがかかってしまっており、残念な印象。1週間前に試走に来た時の方が絶景感ありました。

R0012505

ゴール地点は居心地も良く、しばしまったりして下山。

R0012506

受付会場となった信州青少年の家で、今度はランチパーティ。パーティといっても食事券が配られていて、それを好きな出店で使い食べて飲んで消費するシステム。全部使い切らないと勿体ないので、表彰式を傍目に食べまくる。delicious

R0012507

これは地元のB級グルメのなんとか焼きそば。なかなか美味しかった。

食事券、実は使い切ろうとするとそれなりに大変でした。写真はありませんが、この焼きそばの後は、そばも頂きました。こちらも美味しかった。

なにしろヒルクライムレース後はお腹が空いてますので。笑

R0012508

表彰式が執り行われています。

そして抽選会がその後に。ちょうど昼下がりの時間帯で、写真のように日差しMAX、もう完全に夏でしょという気候sun。参加者も各々適当に木陰などにかたまっていました。熱中症になりそうな勢い。自販機があり、水分補給しつつ過ごします。後で判明しましたが、日焼け止めを塗っていたにもかかわらず、この日結構日焼けしてました。

そして、初参加となったこの大会で、抽選会で僕としては珍しく商品ゲット!HUTCHINSONのガス注入式のパンク修理剤が当たりました。good

最近、チューブラータイヤも使用するようになったので出先の応急修理用に持っていると安心です。

司会進行のMCの女性の方が早く帰りたい参加者の気持ちを察してか、スムーズにかつスピーディに進行させてくれたのが有り難かったです。完走証の発行がやや遅れて間に合わず、後日郵送してもらえると聞いて会場を後に。

実はこの後、隣の地蔵峠を登らないと宿に辿り着かないという試練が。sweat01

というか分かっていましたが、まあ、こっちも激坂なので流石にヘロヘロ。

R0012510

地蔵峠は好きな峠なので良し!かな?

宿で車に自転車を積み込み。前泊してると半額で日帰り入浴できるので温泉で汗を流して生き返りました。極楽とはこの事か、と。笑

その後は高速で、帰路へ。ちょうど渋滞も解消した時間帯で眠くならずに帰る事ができました。

タイムは今ひとつでしたが、天候にも恵まれたしまた来年リベンジしようかと思える良い大会でしたね。案外距離あるので今度は高速バスで来ようかな?

あ、それからディレーラーの具合は後日ショップに持ち込んで修理してもらいましたが、特に問題らしい問題もなく調整で済んだという狐につままれたような顛末でした。まあ、直ったので良し。

5/21

Distance 50.14km

Total ascent 2037m

Avg HR/Max HR 143/178bpm

Avg Cad.57rpm

Avg Speed/Max Speed 14.7/63.6km/h

Avg Power ---W

Ride time 3H25M  Cal 1668kcal

レース

Distance 11.53km

Total ascent 975m

Avg HR/Max HR 168/178bpm

Avg Cad.64rpm

Avg Speed/Max Speed 10.7/---km/h

Avg Power ---W

Ride time 1H04M28S  Cal 728kcal

レース公式記録

1時間04分04秒74

クラス別 81位

総合189位/383

|

« 車坂峠試走 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167576/70748955

この記事へのトラックバック一覧です: 車坂峠ヒルクライム 当日:

« 車坂峠試走 | トップページ