« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月24日 (木)

荒川ライド

20130120_1736

こないだの日曜はあまり自転車に割く時間もなかったのですが、とりあえず荒川CRをサクッと走ってきました。サクッとと言っても復路が結構な向かい風の仕打ちに遭いまして、ひ〜こら言ってましたけどね。sweat01

写真のように約1週間前の雪が土手にまだ残っていました。道はドライだったので良かったですが。

この季節の荒川は相変わらず強めの北風が吹きさらしています。まあ、風物詩ですかね。それにしてもあの雪以来都内の公道の路肩は至る所で細かい砂利のようなものが吹き溜まるように浮いていて自転車環境は悪くなってます。あの砂利はどこからやってきたのか??まさか滑り止めにわざと撒いたとか!?

まだ路肩に雪が残る頃はさらに走りにくかった訳ですが、早く綺麗にして欲しいです。

20130120_1737

1/20(日)

Route 荒川CR 葛西臨海公園までの往復

Distance 55.09km

Total ascent ---m

Avg HR/Max HR 128/164bpm

Avg Cad.75rpm

Avg Speed/Max Speed 23.6/41.5km/h

Ride time 2H19M; Cal 888kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

秩父•長瀞周回ライド

20130113_1731

昨日日曜ですが、また秩父方面へ自転車で走ってきました。

実は昨年12月に同じコースを走ってきましたが、今回はその周回コースを逆周り。つまり時計回りで走ってみました。

しかし夏場より体が重量化しているためsweat02、登りがやっぱり駄目ですね。標高600mくらいの山伏峠がせいぜいです。笑

秩父側に抜けてみたら、予想より気温が高く、風も弱めで結構快適♪

20130113_1733
秩父のコンビニで。こんなところが少しずつ増えてきてますね!

今回、遠方に霞がかかったような天気で写真意欲が沸かずあまりカメラを取り出さなかったですね。黙々と脂肪燃焼ライドでした。(^-^;

いや、それにしても翌日14日(本日)が関東地方大荒れの予報だったので昨日走ってきましたが、今日は予報通り結構な勢いの雪snow

昨日走って大正解でした。これでしばらく低めの峠でも凍結でしょうね…。

1/13(日)

Route 東青梅コンビニ→松ノ木トンネル→小沢峠→名栗→山伏峠→秩父市街地→国道140号→長瀞→寄居→国道254号→小川町→県道30号→小川町→都幾川→飯能→青梅

Distance 124.46km

Total ascent 1223m

Avg HR/Max HR 136/168bpm

Avg Cad.80rpm

Avg Speed/Max Speed 25.0/55.4km/h

Ride time 4H51M; Cal 2035kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

2012年のまとめ&年末年始の走行記録

20130105_1718
PENTAX Q + 01STANDARD PRIME

2012年走行記録まとめ

1月 527km

2月 131.5km

3月 705.4km

4月 1130km

5月 997km

6月 788.5km

7月 1377.15km

8月 1095.96km

9月 1214.28km

10月 498.94km

11月 909.41km

12月 813.3km

合計 10,188.44km

やや話が前後しますが、昨年の走行距離をまとめないと何となくすっきりしないので恒例ですが集計してみました。すると、なんと1万キロ超えだったので、びっくりです。( Д) ゚ ゚

ロード乗りの端くれとして年間1万キロ超えというのは一つのメルクマールでしたので素直に嬉しいですね。自転車歴6年にして初の事で、やっぱりちょっと達成感あります。

<走り納め>

昨年は大晦日に走り納めとして埼玉はときがわ方面へ繰り出してきました。

Imgp0387_2
宮沢湖前コンビ二にて PENTAX Q + 03FISH-EYE

晴れているのにこの少し後にパラっと冷たい雨に降られて越生のコンビニで再度休憩。ちょっとその先を迷いました。まっすぐ寄居方面でも良かったのですが、この日は出発が遅めだったため思い切って白石峠越えをして定峰峠→秩父と抜けるコースでショートカットして帰る事にしました。

Imgp0388
そして気付けば白石峠の入り口に。sweat02

白石峠自体がかなりご無沙汰でしたし、この日は気温一桁の寒風吹きすさぶ天気だったためTTはせずに普通に登ろうと思いましたが、せっかくだし時間は計ってみようとストップウォッチは作動させ、さらに気がつけばハアハアと息を切らして登っていました。笑

というか勾配が勾配なので普通に登るという事があまりできない場所ですしね。

で、なんだかんだ汗もかきつつゴール。夏場より体重が増えていた事もあるかもしれませんがタイムは散々で、自分のベストより5分近く遅いものでした。orz

ゴールの場所は完全に日陰で寒そうだったためクールダウンがてらよろよろとそのまま天文台のほうへ登っていき…

Imgp0390
久々の景色を写真におさめて

Imgp0391
天文台

ゲートは冬期閉鎖中となっていました。さて、一息つくと下りです。格好はアソスの冬ジャケでしたが、この日の失敗はウインドブレーカーを持っていかなかった事でしょう。標高800メートルくらいからのダウンヒルなので、要らないかなという予測から持っていかなかった訳ですが、定峰経由でワインディングを下る時はやはり結構寒い思いをしました。特に日陰となっている道が厳しかったです。アンダーウエアが自分の汗で濡れた状態なので尚更です。

Imgp0392
定峰の途中。晴れてますが風があり寒い!

ようやく下るとまだ耐えられる気温になりホッとしました。笑

その後はまっすぐ国道140号→299号→山伏峠越えで名栗方面へ抜けて、すっかり日が落ちて暗くなりましたが無事帰宅しました。2012年走り納め完了です。sweat01

12/31(月)

Route 飯能→県道30号→小川町→国道254号→寄居→国道140号→長瀞→秩父市街地→国道299号→山伏峠→名栗→小沢峠→バーディー坂

Distance 111.28km

Total ascent 1691m

Avg HR/Max HR 125/178bpm

Avg Cad.72rpm

Avg Speed/Max Speed 21.8/57.2km/h

Ride time 5H06M; Cal 1964kcal

<1/2 走り初め>

今年の走り初めは荒川CRをのんびりと葛西臨海公園まで。かなり強めの南西の風が吹きつける日でした。CR右岸が今工事中で迂回しなければならず、ちょっと走りにくいですね。

20130102_1709

<1/3 初詣ポタ>

久しぶりにダホン dash X20で初詣がてらのポタリング。

20130103_1699
気持ち良い!

20130103_1701
五反田駅前 正月は車通りが少なく快適!

20130103_1703
日蓮聖人の像

20130103_1707
池上本門寺

おみくじは何と『大吉』でした。good

20130102_1711
PENTAX Q + 03FISH-EYE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

東京初日の出と新年のご挨拶

20130101_1676
6:45頃 PENTAX Q + 01STANDARD PRIME

20130101_1678
6:50頃 PENTAX Q + 01STANDARD PRIME

20130101_1698
6:45頃 PENTAX K10D + DA★55mmF1.4 SDM

20130101_1696
6:50頃 PENTAX K10D + DA★55mmF1.4 SDM

新年あけましておめでとうございます。

今年も拙ブログ含め、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

という訳で、表題にもありますように生まれて初めてまじめに初日の出を拝もうと今朝は都内某所にスタンバっておりましたが、上の写真の如くの結果で東の空にしっかり雲が居座っていたため、ちょっと残念なような幕開けとなりました。6:50の写真で東京スカイツリーの左側の雲の向こう側におそらく初日の出があがっているものと思われます。笑

天気予報などで初日の出は期待できるでしょうというような事を聞いたから思いついたのですが、先のふたご座流星群に継いで「自然現象を狙って撮る」事の難しさを改めて思い知らされました。

今朝は都内から拝もうと早起きして同じ思いをした方は多かったのではないでしょうか?でもその後は終日見事な冬晴れで、1月1日にふさわしい清々しい一日でしたので良しとしましょう。

締めは「2013」表示の東京タワー。写真では分かりませんがあちこちキラキラ点滅させてスカイツリーに負けじと?頑張ってました。笑

20130101_1679
PENTAX Q + 01STANDARD PRIME

今年も趣味もブログも自転車中心になりそうですが、まず何より安全運転でいきたいと思います。

その次が写真(カメラ)ネタでしょうか。どうぞよろしくお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »