« 4月の走行記録 | トップページ | 激坂試走 »

2012年5月28日 (月)

グランフォンド大菩薩 revival

もう3週間以上経ってしまいましたがGW後半のメインイベントとして5月5日に久しぶりのロングを走ってきました。
過去にも走った事のあるコースでしたが、ブログ記事を遡るとなんと4年くらいなんですね(→記事はこちら)。
ついこの間の事のようでもうそんな経つのか、という事に我ながら驚きです。wobbly

さて、日が延びてきたとは言え、山岳コースのロングですから出発は早めが理想です。6時には出ようと考えていましたが、準備などで実際は東青梅コンビ二で朝食をとって出発したのが7時半頃だったでしょうか。先は長いので無理のないペースで淡々と奥多摩方面を目指します。途中の何カ所かのトンネルでは数日前までの大雨の影響でトンネルの天井から雨水が滝のように降っていました。大雨の影響はこの日あちこちで見受けられました。まず、山間にちょっとした滝ができているのを何度か目にしました。あれ!?こんなところに滝があったかな?ときっと普段はないはずの幻の滝かと。またプチ崖崩れがあり、路肩に結構な大きさの瓦礫が散乱していたりもしました。

20120505_0993
9時過ぎ、奥多摩湖到着

天気はよいですが、この時点で予想以上に気温が高いのが気になりました。この時間はまだ水と緑の博物館は閉館してました。

20120505_0997
ここからの景色はなんとなく好きです。

さて、奥多摩湖を過ぎて丹波山村方面へ。
勾配はジワリと登り基調になってきます。

20120505_0999
右コーナーを抜けると飛び込んでくる登り坂の光景

ここでいつも軽い絶望感を味わうのですが。笑

20120505_1002
新緑が眩しいです

過去記事を見返すと、まったく同じ場所で写真を撮っていたりします。やはり同じ人間なので、良いなぁと感じる光景は何年たっても同じようです。

20120505_1004
一ノ瀬高橋トンネル

新しく開通したトンネルです。なにげに、このトンネル内、結構急勾配です。もしかしたら10%くらいありそうです。このトンネルができたために、この近辺にある知る人ぞ知る例の有名な場所は通らなくなります。いい事なのか悪い事なのか分かりませんが。sweat02

20120505_1005
マイナスイオンが漂ってます

20120505_1009
11時過ぎ。柳沢峠到着。sweat01

GW中とだけあり、バイクツーリストだらけ。笑

20120505_1010
富士山が見えました!実際は写真より大きく見えます。

柳沢峠から塩山側に下る事は僕の自転車史上、まだ数えるくらいしかありません。
登り返しもなく基本漕がなくてもあっという間に塩山市街地付近まで下ってしまう爽快ダウンヒルにはぐうの音もでません。超気持ちいい!

20120505_1013
平和な光景

この日のルートは411から勝沼を経て国道20号にでるコースですが、勝沼がなにしろ暑かったです。sweat01
夏の到来を思わせるくらいに灼熱を感じました。

勝沼から笹子までは国道20号沿いの登り基調です。
笹子峠入り口付近にコンビニがあり、以前もそこで補給しました。今回も立寄りますが、日差しが強いため店の日陰のベンチでクールダウン。

20120505_1014

峠の入り口まで少し戻る形になりますが、難なく登り口は見つかりました。笹子峠への登りは勾配といい道幅といいなかなか走り易いです。旧道なので車もほとんど通りませんしね。

20120505_1015
道はこんな感じ。走り易いです。♩

と、意気揚々と登っていく道半ばでした。突如こんな⇩絶望的な光景が目に飛び込んできました‥‥。

20120505_1016
どぉ〜〜ん orz

これです。以前は峠の頂上のトンネルが通過できず、泣く泣くUターンをした覚えがありますが、今回はそこまで登っていないものの中途半端感がたまりません。

この説得力ある看板達を無視する勇気は勿論なく、仕方なくまたUターンです。

が、後になり自転車ならなんとか通過可能だった事を知りました。(・_・)エッ....?

国道20号まで下り、少し登り返すと道の駅があります。ソフトクリームなどを食べて英気を養い、覚悟を決めて笹子トンネルを今回も通過。笑

このトンネル、長いですし、車の通行量も多いですし、できれば自転車では走りたくないトンネルなのですが、えいや!と走り抜けました。

20120505_1019
無事通過の図。笑

さてさて、国道20号もこの近辺は笹子峠(トンネル)を頂点としており、後は大月市街地まで基本ずっと下るのみです。なかなか快適。dash

結構あっという間に大月到着。
またコンビニ休憩をはさみ、小菅方面へ通じる国道139号に入ります。

20120505_1020
さて、最後の峠となる松姫峠へ、いざ!

すぐに岩殿山を越えるちょっとした急勾配がありますが、そこを過ぎると登ったり下ったりのだらだらした道が続きます。しかし人里離れ、段々と山へ入っていきます。

20120505_1021
途中、道沿いを流れる川。結構な水量です。

この辺りで一人バックパックを背負ったローディとすれ違い、少し走りながらお話をしていたのですがこの方がなかなか凄い。東京都心から奥多摩まで輪行でやってきて、柳沢峠→上日川峠→笹子峠→松姫峠の周回コースだそうです。完全に武者修行コースです。w(゚o゚)w
なんでも6月頭の富士ヒルクラの練習のためとか?練習ができていないと仰っていましたがいきなりこのコースを走りにくる辺り、尋常ではないですね。

その方曰く、笹子峠はあの看板を通り過ぎなんとか通過できたそうです。一部自転車を担いで歩く場所があるそうでしたが、そうだったのか・・と。今度から、笹子峠を走りにいくなら事前の情報収集ですね。何しろ旧道なので。

20120505_1022
深城ダム。放水していました。

この深城ダムの前後より、本格的な登り勾配が始まります。トンネルも抜けると道幅が狭くなり、さらに勾配も増していよいよ峠道という趣になっていきます。

脚にはいい感じに乳酸も蓄積しており、勾配もそれなりのためスピードが思う程に上がりませんがひたすら辛抱。

20120505_1024
だいぶ上の方まで登ると景色がなかなかです。もう少しベストビューポイントがあったと思いますが。

20120505_1025
この日の最終目標クリア!

達成感にひたりながら少しマッタリしたかったのですけども、この近辺に蠅?が大量発生中らしく一カ所にとどまっているとすぐに群がってくるため写真1枚とるのが実は精一杯で、すぐに下り始めました。峠の下の方では大丈夫でしたが。余談ですが過去にアブの大量発生に出くわしたトラウマから、こういうの苦手なんですよね。苦笑

その後は小菅→奥多摩と下り帰りました。見慣れた奥多摩湖を目にした時のなんとも言えない安堵感は前回同様でした。

まあ、そんなこんなでしたが、ほぼ計画した通りに走りトラブルとも無縁に無事帰って来られたので良かったです。また、この時期の日の長さも有り難いですね。

それと今回はガリレオではなく、アンカーでしたがカーボンフレームの恩恵か、疲労が確かに以前ほどではなかったかも知れません。最近アンカーは乗り込むほどに体に馴染んでくるようでお気に入りなんです。笑


走行データ:ルート 411号→奥多摩湖→柳沢峠→塩山→県道38号→勝沼→国道20号→笹子→県道212号→笹子峠途中Uターン→国道20号→新笹子トンネル→大月→国道139号→松姫峠→小菅→奥多摩湖→411号  天候 晴

標高:柳沢峠 1472m ,笹子峠 1050m ,松姫峠 1250m

Distance 202.92km

Total ascent 3146m

Avg HR/Max HR 134/168bpm

Avg Cad. 70rpm

Avg Speed/Max Speed 22.0/57.9km/h

Ride time 8H57M Cal 3702kcal

049

|

« 4月の走行記録 | トップページ | 激坂試走 »

コメント

こんばんは。笹子峠は残念でしたね。私が以前に行った時は問題なく通れたんですけどね。
そういえば、前回は松姫峠は真っ暗ではなかったでしたっけ?違いました?

投稿: ほえ~ | 2012年5月28日 (月) 22時02分

>ほえ〜さん
笹子はちょっと残念でした。なんか常に工事中という印象なんですが。^^;
えっと、真っ暗な松姫なんて、ありましたっけ??(^^;;

投稿: ドビンゴ | 2012年5月30日 (水) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167576/45157076

この記事へのトラックバック一覧です: グランフォンド大菩薩 revival:

« 4月の走行記録 | トップページ | 激坂試走 »