« 明日は富士チャレ! | トップページ | サイクルモードに初めて行きました。 »

2011年10月23日 (日)

第9回 富士チャレンジ200 in FUJISPEEDWAY

20111008_0524

先日10月8日の土曜日。今年も富士スピードウエイをグルグルしてきました。

楽しもうとか余裕発言かましてたのは、はてどこの誰でしたっけ!?笑

蓋を開けたらなんのその…。

結構きつい。笑

で、一応完走はしました。( ̄▽ ̄)

ただ、本当にそれだけ。
辛うじて完走したという、それだけでした。

以前200kmは完走してますし、10km増えるのがどんなもんよ。と、ちょっと舐めていました。

ではちょっとばかりレポを。

今となっては読みが甘かったとしか言えませんが、今年は三連休初日と重なっていたんですよね。都内からは東名で御殿場ICで降りるルートで現地入りしたのですが、下り方面なので行楽地へ向かう車が朝っぱらから結構いるいる。汗

で、途中渋滞です。orz

これはちょっと焦りました。いやちょっとじゃないです。

結局、御殿場で高速を降りて朝食にコンビニでおにぎりやパンを購入し、会場に到着したのが7時半くらいだったわけですが、受付終了が8時半、スタートが9時でしたから。かなり焦ってしまいました。

駐車場は案の定、会場からメインストレートを挟んだ向かい側の駐車場に誘導されました。去年も確かそうでしたが、地下通路の延々長い階段を自転車担いで下って上って地上に上がるため結構時間がかかった記憶があり、尚更焦ります。補給食やらピットに携行する荷物は一度では到底運べない量で二往復は必要と見込んでいたのでやばいです。

でも、今年は何故かその地下通路が閉鎖されており、ちょっと迂回しますが自転車に乗ったままスタート会場に移動できたので少し救われました。乗って移動すれば片道5分くらいでした。

受付した際、自分のゼッケン番号が一桁だったのはちょっとビックリしました。まるで速い人みたいですが、そんな訳ないので、エントリー順って事ですね。笑

今年から新設された210kmですが、敬遠されたむきなのでしょうか。エントリ―開始後もスロースタートで埋まっていったのではないかと推測します。

で、割り振られていたピットが「No.1」。笑

これは駐車場方面から見て一番手前です。これにもちょっと救われました。荷物運びの往復距離はなるべく短いほうが助かります。それほど朝は切羽詰まっていました。

車とピットを2往復してとりあえず荷物を全部運び終えたのが8時半くらいだったと思います。スタート30分前です。何度も繰り返しますが、焦ります。

ゼッケンを背中に安全ピンで留めますが、焦っていて生地二枚通してしまったり…。

で開会式が始まる中、ボトルつくって、補給食を選別し、同時並行で先ほど買い込んできた朝食をモグモグ。笑

最後にトイレを済ませてピットを出ようとしてヘルメットしてない事い気付きUターン。あ~何やってんだか…。

参加者の大集団の本当に最後尾に並んだのはスタート2分前くらいでしたね。(A;´・ω・)アセアセ

お陰でEdge705のオートラップ機能をセッティングする間もなくスタートとなってしまい、以後計測ラインを通過するたびに手動でラップボタンを押すはめに。

勿論アップなんて一切できていないので必然的にスタート後の2~3周かけてアップしていったような形になりました。

作戦もへちまもありませんね。笑

でも何となく前半から飛ばしすぎないようには心がけて周回を重ねていきました。

天気は期待していましたが、この日は全般に曇りでした。富士山が見えなかったのが残念です。気温は暑くも寒くもないという走りやすい条件で、半袖にアームカバーでちょうど良かったです。

この富士チャレも毎年参加していますが、富士山クッキリは初参加の年とその翌年くらいだったような気がします。あれは気持ち良いものがありました。

さて、周回を重ねていき、ペースも落ち着いてきた頃合いでそろそろ50kmくらいかなとサイコンを見るとまだ30kmくらいで、早くも気が遠くなったのが今年の印象的だったことです。笑

例年は100kmくらいは夢中なのであっという間だったような気がするのですが、今年は違いましたね。

なんとか100km。やれやれ後半かと思い、今年は210kmにエントリーしていた事を思い出し苦笑してしまいます。

120kmくらいでなんとなくトイレに行きたくなりましたが、先がまだ長い事を考えてもうちょっとピットインを粘る事にしました。この時点で平均速度が33kmくらいだったでしょうか。210kmを7時間の制限時間ですから、休憩なしで走り続けた場合単純計算で平均30km/hの速度が求められます。

徐々にスピードがたれ始めつつもなんとか150kmまで休憩なしで粘りようやくピットイン。真っ先にトイレを済まし、15分ほどの休憩&補給タイムとして再度オンコース。

この時点で時間は午後2時少し前くらいでした。

残り60kmに2時間ちょっとありますので、それまでのペースでいけば、まあ完走は問題ないだろうと打算します。

が、先ほどの休憩で気持ちが緩んだせいか以後、巡航スピードが周回を重ねるほどに垂れていくのが分かりました。これが富士チャレの怖いところです。そして左のハムストリングが攣りそうにもなり、数周は上り区間で無理できなくなりました。以後、最後の20〜30kmは言うまでもありませんが例によって修行の様相でした。(@Д@;

で、サイコンの距離表示を頼りに走っていると終盤で微妙にずれてくるんです。これが本当微妙でして、本当は保険でもう一周いっといた方が良くないか?と思ったのですが最後の方は一周に9分台後半かけてラップしている有様で、制限時間内にもう一周は無理でしょ、って事でフィニッシュレーンに入りました。

ま、結果的にはジャスト47周だったので良かったです。

---今年の印象&反省点など---

•今年はスカっとは晴れませんでしたが、気候は好条件だったかと思います。でも後半はホームストレートが非情にも向かい風…結構消耗しました。

•一回も落車を目にしませんでした。救急車の音もあまり聞こえなかった気がします。

主催者側も落車のないよう招待選手に安全走行を促すなどしている雰囲気でした。また万が一落車があった際に大事故となりかねない第一コーナーには3〜4人くらいのオレンジ色の制服の救急隊員?が常に待機していたようです。あれは良い配慮ですね。安心感がありました。

•反省点としては朝の余裕の無さがレース全般にマイナスの影響を及ぼした気がしてなりません。次回からはもっと余裕の行動が必要だと痛感。(^-^;

•レース終盤の上り区間は自分もそうかも知れませんが周りも相当疲労してフラフラで走っています。あわや接触!?って事も一度ありました。よく言われますが「声かけ」は大切ですね。

•言い訳ではありませんが、どうも集団走行が苦手。自分に非がなくても運次第で不可抗力で落車するリスクがありますから…。従って大部分は単独走な訳ですがこういうイベントでタイムを狙うにはそれでは到底駄目なんですよね。向いてないのかも?やはりヒルクライムの方が充実感があります。

•来年はどうしましょ。毎年恒例で参加してきてますが、なんとなく飽きてきたような。笑
でもせっかくロードに乗ってるなら年に一度くらいはヒルクライム以外のこういうサーキットレースも悪くないとも思います。でも少なくとも200kmで十分です。沖縄走る訳でもなし、もう210kmはやめます。また出るとするなら今度はディープリムホイールなどの飛び道具で武装したいですね。

公式タイム 6:53:30.67
カテゴリ順位 182/189位
総合 191位 
(→まあ、このタイムならこの順位でしょうね。笑)

10/8

Route FUJI SPEED WAY

Distance 210.9km

Avg HR/Max HR 145/169bpm

Avg Cad. 84.9rpm

Avg Speed/Max Speed 31.62/63.86km/h

Ride time 6H40M01S  Cal 7069kcal

(Data from GARMIN Edge705)

20111008_0528

20111008_0531_2
くしゃくしゃのフィニッシャーTシャツ。笑

|

« 明日は富士チャレ! | トップページ | サイクルモードに初めて行きました。 »

コメント

富士チャレ完走、おめでとうございます。

私も集団走行はどうも苦手です。なんか怖いんですよね。前を走っている人が急に転んだりしないかとか考えたりして。
ふだん単独走行ばかりで、集団に慣れていないせいもあるんでしょうね。

投稿: ほえ~ | 2011年10月25日 (火) 00時13分

>ほえ〜さん

ありがとうございます。笑

そうですね。みなさんやっぱりチーム練とかで日頃から集団に慣れている違いが、あのようなステージでは大きいのでしょうね。
先頭交代しながらの集団走行は理屈から言えば、おそろしく効率よく、なおかつ速く走れる唯一の方法ですから、あの中に飛び込める脚力とテクニックがあれば気持ちいいのかなと想像しますが。

投稿: ドビンゴ | 2011年10月25日 (火) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第9回 富士チャレンジ200 in FUJISPEEDWAY:

« 明日は富士チャレ! | トップページ | サイクルモードに初めて行きました。 »