« 第7回 Mt.富士ヒルクライム | トップページ | 夜練週間 »

2010年8月 3日 (火)

飛んで火に入る夏の僕?

Rimg0029

どうもご無沙汰しています。梅雨が明けたかと思えば、梅雨の湿度はそのままに気温だけ上がってしまったかのような連日の蒸し暑さ・・。自転車乗りの気力をそぐ勢いですね。

さて季節はいよいよ夏の到来です。っていうか、もう8月でした。笑

富士ヒルクライム以降、雨がよく降った6月を経て一時はスリープ状態に陥りかけていた僕の自転車ライフですが、なんとか先月から乗ってます。

Rimg0027

で、これはこの週末ではなく先週末の話です。昼過ぎから風張峠を目指し五日市方面からアプローチ。二ツ塚峠を越えてる頃は真夏の日差しsunに「ぐへぇ~sweat01っ」となりましたが、五日市側に下ると上の写真のように前方には夏の風物詩、入道雲がモクモクと発達中。そして時折聞こえる遠雷の音。

「おい!貴様!俺様を見て引き返すなら今のうちだぜっ!!」

とあからさまな挑戦状を叩きつけられます。

てやんでぇ~ぃ!!と気にせず檜原街道入りして登り始めた僕。

そして、数十分後。まだ数馬の湯にも至らない区間でやっぱりこれです⇩ orz..

Rimg0028

降り始めたかと思いきや瞬く間に雨脚が強くなり民家の屋根付き駐車場?が空いていたのでついエスケープして撮った写真です。雨滴こそ写ってはいませんが直前まで夏の日差しに熱せられていたアスファルトから湯気のように雨が蒸発しているのがわかりますでしょうか。(゚ー゚;

結局、雨脚が弱まるまでここで雨宿りさせていただきました。一人、僕とほぼ同じタイミングで同じ屋根の下にエスケープしたローディがいたのでお話させていただいたところ、今年の佐渡に出られたとの事。
しかもご年齢は60歳代という事ですが佐渡はどうも余裕で完走されたようです。疲労が蓄積する終盤にもずっと時速30km以上が維持できていたとか。sweat02
驚くのはそれだけではありません。佐渡でロングの味を占め?その後も1日200〜300kmのロングライドを何度かこなしているとか。sweat02sweat02
数年前には四国八十八カ所を自転車で巡って来たとか・・・。こんど都内から青森まで自走で行って帰ってくる計画があるだとか・・・。sweat02sweat02sweat02
とにかく凄い人だったようです。この日は佐渡で登りが弱いと自覚して都内某所より自走で来て数馬で引き返すつもりだと仰っていました。
いやはやスーパー60代、恐るべし。笑 
昔はランドナーに乗られていたそうですが、さもありなんと思いました。
僕がその年代になった時果たして自転車になんか乗っているのか?って話です。自転車!?何それ?ってなってる可能性大です。

で、雨が小降りになった頃合いでその初老のローディは一足早く数馬の湯目指して出発していかれ、僕はその数分後に風張峠目指して再出発。もしかしたら追いついちゃうかも?なんて考えていましたが結局背中すら拝めませんでした。あの〜、登りも速いんじゃないすか?もし!?

トップの写真はその途中のもの。大雨が止んだ直後に日が射してきたところです。

一旦止んだ雨ですが風張峠の頂を越える頃合いにまた降り出し、奥多摩側にダウンヒルする間は絶えず頭上にに稲妻が走り、空気を切り裂く衝撃波がBGMの迫力のダウンヒルと相成りました。勿論大雨でブレーキが効かない効かない。スリルを満喫しました。笑
一応、こんな事もあろうかとウインドブレーカーとパールイズミのレインシューズカバーを携行してきたお陰で体までずぶ濡れ状態は免れましたがガリレオはずぶ濡れ。
あとでお手入れが大変でした。

そんな訳でこの日後半は、行く先々でストーカーのように雷雲に付きまとわれてしまったわけで、表題はそんなところからきています。笑

あ、勿論、青梅市街地は路面が乾いていたというよくありがちなオチは、今回ももれなく付いてきました。爆
遠出を我慢して大人しく成木辺りを走ってりゃ良かったかな・・・。Σ(;・∀・)

7/25 走行データ:ルート 東青梅コンビニ→二ツ塚峠→檜原街道→風張峠→奥多摩湖→軍畑→榎峠→成木

Distance 101.81km

Total ascent 1311m

Avg HR/Max HR 133/177bpm

Avg Cad. 71rpm

Avg Speed/Max Speed 22.86/58.53km/h

Ride time 4H14M  Cal 4702kcal


Rimg0030
古里のコンビニで休憩中、虹発見!

|

« 第7回 Mt.富士ヒルクライム | トップページ | 夜練週間 »

コメント

お疲れ様でしたw
やっぱり五日市、桧原、奥多摩は山の天気なんですね。
読みきれません。
でも、8月に入ったのでもうちょっと安定して来ますよね。

投稿: マント | 2010年8月 5日 (木) 04時33分

>マントさん

いやはや、山の天気ですよね。とくにこの時期はまだゲリラ雷雨には注意です。
朝っぱらの早い時間帯なら心配ないんでしょうけど・・。

投稿: ドビンゴ | 2010年8月 8日 (日) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167576/35938042

この記事へのトラックバック一覧です: 飛んで火に入る夏の僕?:

« 第7回 Mt.富士ヒルクライム | トップページ | 夜練週間 »