« 第7回 富士チャレンジ200 | トップページ | 走行記録 »

2009年10月30日 (金)

秩父LSD&城峯山試走

R0013207
この鳥居、ご存知ですか?

少し前の話になりますが、10月18日(日)秩父方面へ走ってきました。

R0013188
気持ち良い秋の晴天でした。名栗から山伏峠を越えて秩父へ。

299号で秩父市街地を抜けていきます。

R0013189
秩父橋

299の途中から県道270号を経て37号に。

R0013191
道の駅 龍勢会館

R0013194
この辺り、ゆっくり散策しても面白そうです。

この地域は秩父事件の舞台になったり、古くは平将門伝説なども残るそうです。フムフム。

で、なんでこんな所まで来たかと言いますと…。
去年初参加した『龍勢ヒルクライム』に今年もエントリーしているのでした。
この日はその試走を兼ねてって事で。笑

この先数キロで吉田町役場があり、そこでスタート。
最初はほぼ平坦が続き、城峯山(※)の案内に従いほぼ直角に右へ分岐する道に入ります。ここでもだいたい2〜3%くらいの緩めの坂がしばらく続きます。
(※「じょうみねさん」と読むらしいです。「しろみねやま」かと思っていました。)

やがてジワジワと勾配が増して、8〜9%ほどの坂に失速する頃合いでトップにある鳥居が出現します。この鳥居、道に平行に建っていますので急に現れる感じがします。龍勢HCでは激坂の始まりを告げる鳥居として有名ですね。

本当にものの見事にこの鳥居を境にしてガラッと勾配が変化します。この後は10%弱の勾配がずっと続く感じでしたね。かなり上の方まで行くと一度下りが出現し、その後また登ってゴールという感じです。
このコースプロフィールを見ると、

「距離16.4km 高低差720m 平均勾配4.6%」

とありますが、平均勾配は前半のフラットな部分なども換算されていますので数字をそのまま鵜呑みにして舐めてかかると痛い目に遭うかもしれません。笑

でも全体的に変化に富んだ面白いコースだと思います。
(・・・な〜んて、登ってる最中はとてもじゃないけど思えませんが。笑)

上の方は濡れた落葉や砂利、小石、更に二カ所くらい短いながらもアスファルトが途切れるダート区間などがありお世辞にも路面状態は良くないので注意が必要でした。特に下り。

R0013199_2
ゴール地点

R0013203
もの凄く静かな場所でした。

一応タイム計測していましたが58分くらいかな?微妙です。笑

R0013200
眺望はなかなかでした。どっちの方角なのかわかりませんが。

R0013209_2
ところでトップにある鳥居の前はこんな感じ。

この鳥居の向こう側にもっと素敵な勾配が待ち構えています。笑

走行データ:ルート 名栗→山伏峠→299→270→37→龍勢会館→吉田町役場前→龍勢HCコース→Uターン 

Distance 143.3km

Total ascent 2278m

Avg HR/Max HR 131/180bpm

Avg Cad. 73rpm

Avg Speed/Max Speed 21.92/58.87km/h

Ride time 6H21M  Cal 7160kcal

R0013205

|

« 第7回 富士チャレンジ200 | トップページ | 走行記録 »

コメント

う~ん、試走って距離ではないような。龍瀬への往復だけでも十分なのに、HCコースを試走までしてくるとは。
やりますねぇ。

写真は秋を感じますね。空の青も綺麗でいいですし。気持ちよさそうです。

投稿: ほえ~ | 2009年10月31日 (土) 22時17分

>ほえ~さん

この時は富士チャレ一週間前という事で吉田町までは脚に負担をかけないよう走りましたのでそれほど疲労はなかったです。まあ、でも秩父ですから起伏は結構あるのですけど。笑

秋の秩父もなかなか趣があるんですよね。

投稿: ドビンゴ | 2009年11月 1日 (日) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167576/31907213

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父LSD&城峯山試走:

« 第7回 富士チャレンジ200 | トップページ | 走行記録 »