« 前夜 | トップページ | 秩父LSD&城峯山試走 »

2009年10月28日 (水)

第7回 富士チャレンジ200

R0013218_2
一応富士山は見えてましたが今ひとつの曇天

報告遅くなりましたが、一昨年に続き今年も参加してきました富士チャレンジ200 ソロ200km。

第7回とラッキーセブンだった今回の富士チャレ、天気は写真のような薄ら寒い日の開催となりました。 第5回、第6回とここのところ毎年参加していますが幸運にもその2回ともが素晴らしい天気だったためかこの曇天はどうもこの大会の印象にマッチしない感じです。やはりスカッという秋の晴天が欲しかったですね。

朝は前泊だったこともあり余裕の出発・・・には違いありませんが余裕ぶっこき過ぎて宿を出たのは受け付け開始時間の6時半頃でした。・・・そして会場には7時くらいに到着。Σ(;・∀・) エヘ

到着が遅いと当然ながら案内される駐車場がマズイロケーションとなってしまうのですが・・

R0013219_2
コース挟んだ反対側って、どうなの・・・!?笑

この後ろ側の駐車場でしたが、いやもう遠い遠い。コリゴリでした。

コースの真下を地下通路で横切る形なのですけど、その前後に長い階段がありまして、せっかくあるエスカレーターも作動しておらず、階段を自転車担いで移動です。延々下って、通路渡って今度は登り・・・。orz

で、ピットに着いて車の中に忘れ物発覚。

はい、また一往復! \(;゚∇゚)/

とかやっている内にあっという間に試走の締め切り時間は終了です。笑

R0013220_2
セッティング完了!

試走をアップ代わりに考えていたので、重たいローラーは持ってきておらず結局・・・。

今回、アップ無し!

まあ駐車場までの2往復が若干アップ代わりになっている気がしましたが。歩きですけど。笑

でも試走がアップだとしてもそれからスタートまでに一時間以上あるのでこの大会のアップには本当はやはりローラーが必要なのかもしれません。 と、自分に言い聞かせて落ち着きを取り戻したり。笑

R0013221_3

で、補給食などを選定してポケットに仕込ませ、ドリンクを造って、などなど一人でソロ参加はスタート前が結構忙しい事を忘れてました。

そんな感じであっという間にスタート時間がやってきました。 それにしてもあのスタート前のいたずらに緊張感を煽るような暗いミュージックは一体誰の趣味なのか?参加された方ならわかると思いますが…。

スタート位置はかなり後方から。一周目は例の如くで大集団のまま第一コーナーに差し掛かるところが緊張します。どうせスピードは望めない最初の一周は開き直ってアップとします。ちょっとケイデンス高めを意識したりダンシング多めに坂を登ったり。

3~4周目くらいから脚が回り始めた感じがしました。

結局この日は一瞬たりとも日が差すことはなく、終始気温が低かったのですが、走っていて鼻が止まりません。すーすー言いながらずっと走っていました。笑

まるで凄いタイミングで新型を発症してしまったのかと思う位でしたがレース終了後は全く体調に問題ありませんのであれはやはり気温のせいだったのでしょうか。ちょっと気が散りましたね。

22周くらいまではアベレージ36km/hくらいをキープできていました。結構順調だと思いました。

しかし貯蓄されたグリコーゲンが尽きて、乳酸も溜まり始める後半こそが本当の富士チャレの始まりです。

120kmまではなんとか凌ぎ、補給とトイレのピットイン。

これは当初からの予定通りです。10分で切り上げるつもりが15分かかりましたが、まあこれも想定の範囲内。しかしずっとそれなりの強度で体を動かしてきて、いきなりピットインしてもあまり固形物は喉を通りませんね。パンとかも用意してましたがまったく手を付けられませんでした。これは今後の参考にしなくては。

あとはノンストップでゴールまで。と考えていましたが・・・。

走行距離130kmを過ぎる頃からが踏ん張りどころとなりました。脚がズンと重たく感じられます。

ゴールまでまだ中途半端に距離があるこの頃が本当に気持ち的にもしんどいです。

で150km位まで来たころに異変が!?

いや正確にはもうちょっと前から感じていた事なんですけど『尿意』が段々と確かなものに。笑

気温が低めだった事もあったかもしれませんが、それより思い当たるのは先の休憩でした。

水分を一気に補給しすぎた感が否めません。やってもうた!? ( ̄▽ ̄)

脚攣り対策に塩舐めて、水分も十分過ぎるくらい勢い余ってゴクゴクと飲んでしまいましたから。ただでさえ吸収が良いハイポトニック系の飲料水なので、驚くべき速さで膀胱に直行してしまったわけです。

(ど、どうする・・・?)

トイレ休憩といえど5分くらいのロスにはなってしまいます。

(が、我慢しちゃう・・・??)

(でも早めにスッキリしてしまったほうが結果的に走りにも集中できるかも・・・!?)

などと思考は逡巡。

そこにきてポツリ、ポツリと頬に何か当たりだします。

(な、なぬっ!?)

ついに雨が降り出してきました。orz

雨ですよ、雨。富士チャレで雨・・・。 Σ(゚д゚;)

う~ん、想像すらしたくないシチュエーション。

これでトイレ我慢しながらって、修行状態じゃないですか。

で、不覚にも結局ついに二回目のピットイン。170km地点あたりでした。

路面もそこそこ濡れてきており、気温も低いしピットインしたら最後再びオンコースする気も失せるのでは?という一縷の懸念があったのですがなんとか戦線に復帰。

170kmくらい走ってきて雨くらいでDNFは自分的に許せません。

下腹部の膨満感も当然ながらきれいさっぱり無くなりました。こんな事なら我慢せずにもっと早く済ませりゃ良かったかな?笑

遠くの空は方角によっては明るかったりしたものですから、いずれ雨も止むに違いないと信じていましたが結局その思いも虚しく最後まで降っていましたね。

雨と言っても、微妙な降り加減で身体はそんな濡れた感じはしませんでしたが、気持ち的にどうしてもテンション下がります。でもそこは参加者全員条件は同じなわけです。最後まで頑張るしかありません。

一方で、さすがサーキットと思ったのは雨が降っても路面の水捌けがすごくいい事。水溜りなんか一切できないのは勿論のこと、タイヤが跳ね上げる水しぶきなどもあまり気にならないレベルに収まってしまうようです。前走者の真後ろについても大丈夫でした。

しかしやっぱり恐いのは第一コーナーとダンロップコーナーの進入。ドライの時よりかなり慎重にスピードを落とさざるを得ない感じでした。

残る周回もあと2~3周という時でした。それが起こったのは・・・。

まさしくダンロップに進入する手前の下りの所だったと思いますが、僕の左斜め前方を5mくらいの距離で走っていた二人が接触。それも「ちょっと接触した?」というようにしか見えませんでしたが一瞬の間をおいて二人とも大きくバランスを崩して派手に落車!!

右側の方が自転車もろとも僕の真正面に転がってきました。

「!」

経験者は語る、なのですが落車の瞬間などはスローモーションの様に感じるという事ってあります。しかし今回は当事者じゃなかったけどスローモーションに見えてました。

(ぬおっ!!)

このまま真っ直ぐだともろに転がった自転車のタイヤに乗り上げる!?そしたら間違いなく僕も空中へダイブです。

・・・などと考える前に体が反応してました。

すんでのところで右へかわし事なきを得ました。かなり際どかったです。

こういうのって、後からドキドキしますね。恐~。

ダンロップ手前は第一コーナーほどではないにしてもかなりスピードが乗る区間ですが、不幸にも落車されてしまったお二人、大事に至らなかった事を祈るばかりです。

疲労も極度となる終盤は本当、気を付けなくては!と改めて思いました。

しかしこの日は救急車の出動回数がいつになく多かった気がしました。

で、また少し話は変わるのですが今回の富士チャレはEdge705でスタートゲート真下でオートラップ機能を作動させてラップを刻んでいました。これ超気持ちいいです。笑

かなりの精度で同じ場所で「ピッ!」っとラップが加算されていきます。ラップボタンを44回押すとかしないで済みます。笑

距離でラップを計算させても200km走るうちに少しずつずれてきたりしますので、まさにGPSの本領発揮というものです。

・・と喜んでいたら問題発生です。

距離とラップ数にいつの間にか解離が・・・∑(゚∇゚|||)

どう考えてもそろそろ200kmくらい走ってるだろ!って感触で事実距離を見るとそろそろ最終周回って時にラップ数はまだ4ラップくらい足りない数が表示されています。

これは微妙。笑

走りながら原因を模索したのですが、ラップを作動させた位置に一つ原因があったようです。スタートゲートはピットインしてコースに復帰する時には通過してしまっている形でコースに進入します。でもそれならピットインは2回なので2ラップだけ足りないはずです。何故4ラップも足りてないのか?原因不明です。恐らくの推測ではたまたま何かの拍子に衛星を捕捉できていない瞬間があったとか?曇りだとGPS感度がやや落ちますから。でもちょっと強引か?

やっぱり原因不明です。

しかし何らかの原因からラップ数が実際より少なく表示される事があっても、距離は実際より多く表示される事って、あまりないはずです。

距離を信じました。笑

で、結局その判断が正しかったようで最終周回はちょっとだけスパートしてゴールを通過していました。万が一の保険とクーリングダウンを兼ねてもう一周走ってピットに戻ったのでした。

R0013223_2
お疲れさま。

R0013224_2
雨の様子が分かります。ゲートのタイムはまさに正念場。

で、タイムは『6時間14分03秒』って事でした。

一応自己記録は塗り替えました。現実的な目標ラインは15分の休憩を1回挟んで6時間15分と思っていましたので、まあこんなもんかなと思っていますが自業自得とは言え余計なピットインもしてしまったし、あまり満足はしていません。今度からはもうちょっとストイックにタイムを狙っていってもいいかも知れませんね。

ゼロピット作戦をやる覚悟はありませんが(いかにも体に悪そうだし・・)、1回の休憩をいかに短縮して切り詰めるか?もう少し工夫がありそうな気がしてます。

そして休憩中のイッキ飲みは危険。笑

自転車に携行したボトルはロングとショートの2種類でしたが結局最後にショートボトルが丸々一本残っていましたし。なんかちぐはぐした事やってる気がしました。

次は6時間切りが目標!(かな?)

027

走行データ(Edge705):ルート 富士スピードウェイ

Distance 207.2km

Avg HR/Max HR 147/175bpm

Avg Cad. 92.2rpm

Avg Speed/Max Speed 33.04/63.46km/h

Ride time 6H16M17S  Cal 7317kcal

|

« 前夜 | トップページ | 秩父LSD&城峯山試走 »

コメント

お疲れさまでした。
コース上にて真っ赤なガリレオをお見かけしたらご挨拶しようと思っていましたが、お会いできなくて残念でした。気温が低くて走りやすかった反面、汗があまり出ないので、私も尿意が誤算でした・・・。

投稿: ニョホホ | 2009年10月28日 (水) 07時54分

>ニョホホさん

ガリレオは多いですからね。笑
こちらもIS○YAさんのチームジャージの方は度々お見かけしましたがニョホホさんをついに発見できませんでした。きっと巡航速度域が違い過ぎたのかと。笑

それにしても素晴らしいタイム、おめでとうございます。凄いですね!

投稿: ドビンゴ | 2009年10月28日 (水) 20時22分

お疲れ様でした。

今年は天気が微妙だったみたいですね。
雨の第一コーナー、怖そうですね。例の白線は今年もあったんですよね?

皆さんのレポが続々とアップされているので見ていたら100でもいいから出ておけば良かったかなと後悔しています。
来年は頑張りますよ。多分・・・笑

投稿: あてうさ | 2009年10月28日 (水) 21時22分

こんばんは。
雨の中、お疲れさまでした。落車に巻き込まれず、無事でなによりです。
駐車場は最初の2回がスタンド裏で懲りに懲りたので、その次からは早起きを頑張るようにしました。
しかし、富士チャレも人気イベントになりましたね。4、5年前は9月ぐらいに申し込んだ気がします。

投稿: ほえ@携帯 | 2009年10月28日 (水) 21時39分

>あてうささん

こんばんは。例の白線はありました。ただ去年ほど粉は飛散していなかったような?あの白線も善し悪しで、確かにあそこでの斜行予防効果はあるのかもしれません。
白線に連続する形でオイル漏れ対策の石灰も撒かれていたみたいですが。笑

そうですね。参加レポ見ているとウズウズしてきますよね。来年は是非!
あ、勿論、200ですよね!?笑

投稿: ドビンゴ | 2009年10月28日 (水) 23時30分

>ほえ~さん

いやはや、本当ヒヤリでした。あんな間近に起こるのは勿論初めてでしたが。

雨と言っても、まあ最後の一時間ちょっとくらいでしたけどね。なにしろ今年はちょっとばかり僕には寒かった富士チャレでした。笑

ほえ~さんもあの駐車場を経験されてましたか。あれはちょっと酷いですよね。

投稿: ドビンゴ | 2009年10月28日 (水) 23時35分

楽しく読ませていただきました。
私はチャレンジ100kmに初めて参加しましたが
レースの雰囲気にのまれ、普段では経験したことのないハイペースで走り始めてしまったために30km付近から痙攣と戦うはめになってしまいました。途中何回ものピットインやコース脇でのストレッチをしながらなんとか完走でき、ギリギリ雨に降られずにゴールできました。
3時間を越えたあたりで私も2コーナーにて目の前で2人がからむ落車を見てゾッとしましたがすべてが新しい経験で楽しめました。
来年も参加したいと思っています。
また時々のぞかせてください。
長いコメント、失礼しました。

投稿: smart | 2009年11月22日 (日) 17時25分

>smartさん

初めまして。コメントありがとうございます。
初100km完走、おめでとうございます!

落車さえ気を付ければ楽しいイベントですよね。今年は本当に多かった気がします。

来年はまたお互い新たに目標を設定して?頑張りましょう!!

投稿: ドビンゴ | 2009年11月24日 (火) 01時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第7回 富士チャレンジ200:

« 前夜 | トップページ | 秩父LSD&城峯山試走 »