« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月24日 (火)

荒川LSD 〜牧場を目指して〜

R0012459
HONDAエアポート

昨日は先週末に引き続き暖かめな気候でした。こんな日はのんびりとLSDなんてのも一興です。
荒川に出ると風は南風です。河川敷はまったくもって、もう春の雰囲気。
そのまま南風を背に北上し上流方面を目指します。表題にあるように今日の目的地は牧場。
それも荒川系サイクリストにはちょっと有名なあの「榎本牧場」です。場所は埼玉県上尾市。

無事辿り着けるか今ひとつ自信がありませんでしたけど・・。と言うのも、荒川CRも散々走っていますが僕は専ら下流専門で走っています。理由はコース上所々で行く手を阻む「車止め」が少ないから。笑
車止めは走りにくくて非常にストレスフル。大嫌いなんです。(まあ、好きな人もいないでしょうが・・)
あ、話が少しばかり脱線しました。まあ、そんな訳で実は荒川上流には疎いわけでして、入間川CRが始まる入間大橋から先の荒川は走った事すらありません。榎本牧場はどうやらその少し先にあるみたいです。sweat02

追い風を背に調子良く北上し入間大橋を過ぎて気がつくとトップの写真のホンダエアポートを発見。荒川CR沿いのシンボルマークとしても有名ですが、もちろん初めてです。セスナなどの軽飛行機airplaneやヘリコプターの発着場みたいですね。

で、ここで地図を確認・・・ハイ!早速通り過ぎてます。coldsweats01
そこからCRを少し離れて町に入ります。いや、そのつもりだったのですが少しばかり田んぼのあぜ道のようなオフロードやら砂利道やらのロードにとって過酷な道を走るはめになったのは内緒の話・・。笑
住宅街に出てもしばし迷走。違う牧場に入りそうになったり・・。(この辺りはちょっとした牧場地帯のようです。)
終いには道ばたのお婆さんに道を尋ねたところ、そこからほんの目と鼻の先にあったという顛末でした。(お婆さん、ありがとね!!)

若干の紆余曲折を経て何とか到着!!

R0012460
奥の三角屋根が榎本牧場。バイクラックもこの通り!

入り口の所には遠目に見て自転車だらけ!!どんだけローディに人気なんだよ!?ってビビリが入りましたが、なんの事はない大半がママチャリでした。笑
庭には三輪車やらの遊具がたくさんあり、ご近所のお母さん達が子供を連れてやってきている感じでした。子供達にとってはちょっとしたオアシスでしょう。
でもロードバイクもそこかしこに停めてあり、入れ替わり立ち替わりでローディがやって来てますから人気は本物のようです。

R0012462
豚の親子?

この牧場、規模はややこじんまりしてますがいろいろな動物達が飼われているようです。まずはこの豚親子pig。写真に足だけ写っている謎のおじさんが薩摩芋をあげちゃっているのですが、親子で取り合いです。coldsweats01
終いには親豚が子豚を牽制すべくブヒブヒと鼻でつついてます。こらこら…。君たち親子じゃないのか?
そういったこの二匹の関係を知ったあと、再度この写真をご覧いただくと子豚がこちらを向いているのが偶然ではなくスネているためだとお分かりいただけるかと思います。(本当か!?)
子豚、なかなか可愛かったです。

R0012467
子牛トリオ。よく見ると隠れキャラも。

牛は小屋の方にも何頭かいるようでしたが、でかいのはウ○チだらけ?で被写体として美しくなかったので。笑

他にはウサギや鶏が飼育されていました。
牧場に来た目的は動物ウォッチングではなく、もちろんこのジェラード♪

R0012464
抹茶とミルクのツインカップにしました。

やっぱり噂に違わず美味しかったです。delicious
牧場独特のあの香ばしい匂いがちょっとだけ気になりましたが。

で、ちょっと面白かったのがこの犬。↓

R0012469
ももちゃん

ももちゃんという名前のようですが、アイスを見せびらかすつもりは無かったのですがふと気付くと僕の足下で目を爛々と輝かせてこちらを見上げています。笑
そばには小さな張り紙があり、そこには「ダイエット中のため餌をあげないで下さい」と書かれていました。なるほどそう言われるとやや太めのようにも見えます。
僕がアイスを一向にあげないためしびれを切らして、ごくごくと水を飲んでヤセ我慢していました。笑
写真はその直後の舌でベロッとやった決定的瞬間を捉えたものです。

R0012470
アイスはこの建物で売ってます。美味しかったのでまた来たいですね。

そんなこんなで、おもわず時間が経つのも忘れそうになりましたが榎本牧場を満喫した後はまたよく分らない経路で荒川CRに出ると今度は一気に葛西臨海公園まで。dash
強風ではなかったものの向かい風だったのが効いたのか、葛西臨海公園までは良かったのですがその帰路にまたハンガーノック症状で若干ヘロヘロに…。sweat02
道中、コンビニの菓子パン一つと榎本牧場のジェラートだけではやはり無謀だったようです。そして一度ハンガーノックになると飲み物だけではなかなか回復しない事も良くわかりました。今度から気を付けます。笑

走行データ:ルート 荒川CR 葛西臨海公園⇔榎本牧場間 気温 7~13℃

Distance 141.4km

Avg HR/Max HR 133/165bpm

Avg Cad. 92rpm

Avg Speed/Max Speed 25.5/45.3km/h

Ride time 5H32M  Cal 2827kcal

R0012471
背景がボケてますが、牛がいます。のどかな光景でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

走行記録

R0012348_2

昨日は夜練。

風も弱く意外に寒さが気にならない、なかなかの夜練日和でした。

以上、終わり。笑

走行データ:ルート 荒川CR 葛西臨海公園までの往復 気温 7℃

Distance 53.9km

Avg HR/Max HR 143/168bpm

Avg Cad. 99rpm

Avg Speed/Max Speed 27.5/40.0km/h

Ride time 1H57M  Cal 1126kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

都幾川・秩父周回ライド

R0012448_3
飛ぶなら今だ!

2月にしては異様に暖かだった土曜日に次いで、やはり暖かめだった日曜日。寒いとあまり走る気の起きない山方面を少しかじってきました。

本当は奥多摩湖方面を目指して湖畔をのんびり走り丹波山村の辺りで引き返して来ようかと考えたのですが、この日は青梅マラソンrunでした。きっと交通規制で面倒な事になってます。そこで思いついたのが都幾川方面から秩父、名栗と戻ってくる周回コース。これならマラソンの影響ももちろんありません。

さてさて、都幾川へは飯能より県道30号(飯能寄居線)をひたすら北へ。追い風も手伝って楽にスピードがでます。

そしてこのコースのメインイベントはやっぱりココ↓。

R0012441_2

白石峠ですね。この日はこれが目的ってわけでもありませんでしたが、ついTTをしてしまうのはいつもの事。脚力のバロメーターにはなるかなと、僕がTTをする唯一の峠でもあります。

やはり気温が暖かめだと体が動いて登り易い気はしました。いや、それどころか汗が結構凄い事に。

R0012442

ふぅ~、いつも言ってる気がしますが、ここを全力はかなりしんどいですsweat01。威勢よく登れるのは前半がせいぜい。後半は明らかに失速気味。down「残り2km」「残り1km」の看板が見えてももはやスパートなんてあり得ない状態に。笑

前回よりは真面目に登ったのでタイムも縮んだろうくらいに考えていましたが、一応去年5月の自己ベストを少しだけ更新しました。が、そもそも32分台(あ、言っちゃった・・coldsweats01)ってのが大いに不満。次は31分台を目指したいものです。

上の写真には写っていませんが、峠の小屋?のところには10数台のバイク軍団が。ツーリング中だったのでしょう。

乱れた息を整えたら気を取り直してさらに上を目指します。

天文台までの途中には今年の走り初め記事に載せた絶景ポイントがありますが、ここはパラグライダーの離陸(滑走?)場所なんですね。トップの写真がそれですが、初めて見たので思わず激写しときました。

R0012450_2

向かい風なのでパラグライダーが飛び立つには絶好の条件なのでしょう。というかそういう条件の日を選んで来ているのでしょうね。それにしても気持ちよさそうでした。

ただ、絶景はこの日残念ながら今一つ。黄砂でも飛来しているのか、花粉や浅間山の火山灰でもまた舞い上がっているのか?遠くは結構霞んでいました。

天文台は解放されていました。車が停まっていただけで人影はありません。この日いくら暖かとは言っても標高は恐らく800m前後。汗が乾いてくると今度は少し寒くなってきます。

定峰峠を経由して秩父側に一気に下ります。ここの下りもまた気持ちよいです。

またその気になれば安田屋、日野田店にも寄れましたが流石に2週連続は・・・と思いコンビニで適当に菓子パンを補給しました。もうちょっと秩父を開拓してみるのも面白そうですね。

まあ、そんな感じであとは先週と同じ経路で帰りました。しかし白石峠TTのダメージで脚は確実に疲労が残り復路の登りは結構ヘロヘロでした。おまけに家に着く直前にハンガーノック気味になるし・・。まあ、無事帰還しましたけどね。笑

それにしても、2月に白石峠に登れるとは思いませんでした。峠の上にも雪も凍結も全くありませんし。自転車乗りには有り難い話なのかも知れませんが、なんか単純に喜べませんよね。

今年は暖冬?それとも温暖化の影響?大丈夫なんでしょうか?我々の地球は!?

(・・と、急に環境問題を提起してみたり・・)

走行データ:ルート 飯能→県道30号→高麗川→172号→西平→白石峠→定峰峠→県道11号→国道299号→53号→山伏峠→名栗 天候 晴 気温 10〜15℃

Distance 103.6km

Avg HR/Max HR 137/180bpm

Avg Cad. 75rpm

Avg Speed/Max Speed 22.5/61.3km/h

Ride time 4H35M  Cal 2508kcal

R0012452_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

走行記録

R0012432_2

今日も午後からいつものコース。ここの所昼間は穏やかな天気が続いていたので今日は寒く感じました。でも、2月って本来はこのくらいですよね!?

さえない曇天なのでいっそのこと白黒モードにして遊んだ写真↑。

スクエアフォーマットで撮ってみたら構図が難しいです。sweat02

走行データ:ルート 荒川CR 葛西臨海公園⇔岩淵水門間 気温 7~8℃

Distance 60.8km

Avg HR/Max HR 142/165bpm

Avg Cad. 97rpm

Avg Speed/Max Speed 27.4/40.8km/h

Ride time 2H12M  Cal 1255kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

秩父ライド わらじかつ丼再び

R0012425
秩父 武甲山

日曜日。久し振りのヒルクライムを兼ねて秩父を目指しました。秩父と言えば峠越えです。最近平地ばかり走っていたせいか、はたまた久しく体重計に載っていないうちに僕の体重が増えてしまっているのか?sweat02登りで体の重さを再認識しつつ、決して頑張らないのんびりペースで榎峠、小沢峠、山伏峠をえんやこらと越えて秩父入りです。

天気は快晴で抜けるような青空が気持ちよく、昼近い時間からの出発で気温も気になる程低くは感じませんでした。北風が強く往路ではほぼ向かい風状態でしたが、山の道は曲りくねっているためサイクリングロードのように長い直線で延々と向かい風に対峙する事もないのでそれほど苦にはなりませんでした。とは言え瞬間的な突風には何度かヒヤッとしましたけど。

そしてこの日、目指した先は安田屋 日野田店。そう、グルメライドなのでした。delicious

去年にもほえ〜さんとご一緒して行きましたが、その時は小鹿野の安田屋でした(→記事はこちら)。今回は違う店ですが、同じ安田屋。名前が同じですが、やはり系列店という事です。

最近、久しぶりにあのわらじかつ丼を食べたくなってきてまた小鹿野まで出向こうかと考えていたのですが、ちょうどそんな折りに友人がこの日野田店に行きなかなか良かったという連絡がありました。それで無性に行きたくなったという筋書きです。

場所は西武秩父駅にほど近い国道140号沿いでした。小鹿野だと秩父に出てからさらにもうひと走りする必要があるのですが、こちらは近くて嬉しいです。

R0012421_2
写真右手の提灯が掛かったお店です。

お店はやや古ぼけた歴史を感じさせる佇まいで小鹿野店とも共通しますが中に入るとカウンターと奥の炬燵が目に飛び込んできます。広さは小鹿野店より一回りかそれ以上こじんまりしていますが何とも家庭的な雰囲気です。何人かで行くなら炬燵を囲んでわらじかつに舌鼓を打つのも一興でしょう。昨日はカウンターに座りました。

ご夫婦で営まれているお店で感じの良い接客が好印象です。
さて、メニューはと言うと、ズバリ!わらじかつ丼オンリーです。潔さと男気が感じられました。わらじかつは一枚と二枚を選べます。一枚なら650円、二枚なら900円で値段設定は非常に良心的ですね。

昨日は自転車でしたから当然ながら腹ペコだった僕は勢いで二枚を注文。小鹿野店でも二枚いけましたから大丈夫だろうと。

そして程なくしてわらじかつ丼の登場です。

R0012422
じゃ〜ん!!eye

ど、どうです!?この蓋に収まり切らない男気溢れる盛り方。まさに泣く子も黙る迫力です。笑
(※一応、写真とブログに紹介する事は許可を頂いております。)
そして嬉しいのは何と言っても味噌汁が付くところ。写真奥に写っていますが、僕のような味噌汁大好き人間にはこう来なくていけないわけです。笑
小鹿野店はコップに水だけでしたが、やはり味噌汁の存在は大きいですよね。

味は小鹿野店と同じで甘辛いタレがカツに馴染んでベリーグッド!!とても美味しくいただきましたよ。
写真からお察しいただけるようにボリュームも満点です。カツのボリュームは小鹿野店より若干あるとの事で、やはり二枚だと少々きつめでした。車やバイクなら問題ないのでしょうが、自転車でいく場合一枚が無難かも知れません…笑。

わらじかつ二枚の負荷が加わり、帰りの峠道は案の定「こらぁ!俺様が消化しているんだ!もちっと静かにせんかぃ!!」と胃袋から何度かクレームが来てしまいました。
本当は近くの温泉にでもつかり休憩所で昼寝してから帰るくらいの余裕があったほうがベターなのかもしれません。自転車だとなかなかそうも言っていられないんですけどね。

走行データ:ルート 411→榎峠→(松ノ木トンネル)→小沢峠→名栗→山伏峠→299→秩父→140→日野田 安田屋→Uターン 天候 快晴 5〜10℃ 北の風

Distance 93.8km

Avg HR/Max HR 132/171bpm

Avg Cad. 74rpm

Avg Speed/Max Speed 21.5/61.3km/h

Ride time 4H20M  Cal 2195kcal

R0012428
国道299号の路肩。やけに白いのが気になりますが・・。

風が強かった昨日。山伏峠の手前や299を走っていると何度か視界が白く霞む事があり閉口しました。空気が乾燥して砂埃が舞い上がっているのかと思いきや、先日の浅間山の噴火でこの辺りにも火山灰が降ったというニュースを思い出しました。この路肩の白さ…やっぱりそうですよね。恐るべし!火山列島、日本!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

走行記録

R0012353

今日もひとっ走り行ってきました。

気温一桁台でも一桁後半ならなんとか夜練可能みたいです。あ、風が比較的弱いというのも重要。夜に強烈な向かい風なんて想像するだけで勘弁です。笑

走行データ:ルート 荒川CR 葛西臨海公園までの往復 気温 7~8℃

Distance 53.8km

Avg HR/Max HR 143/168bpm

Avg Cad. 95rpm

Avg Speed/Max Speed 27.5/39.5km/h

Ride time 1H57M  Cal 1130kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

LSDになっちゃった・・・

R0012400

いやはや・・・今日の風は強烈でした。上の写真は荒川CR沿いにあるコンクリート壁で撮りましたが煙突からの煙が風に煽られて一直線に収束しています。ちょっと今日の風の強さを表現してみたのですが・・。笑

それも思いっきり北風でしたね

今日は昼からいつもの荒川CRにコースインしました。まずは進路を北へ。

風の強さはどんなものかと思ったのですが、百メートルも走らないうちに実によく分かりました。いきなり心が折れそうです・・。心拍計を見ると結構頑張っているのに時速は15~20km/hくらい。ケイデンスもがた落ち。orz

それでも比較的時間があったので距離を延ばして今日は秋ヶ瀬公園まで踏ん張りUターン。

秋ヶ瀬公園手前のいつもの休憩場所にしていたミニストップがいつの間にか訳の分からないラーメン屋に化けていてショック!あ~ぁ・・・結構ミニストップ好きなんですけどね~。残念。その少し先に一応コンビニは見つけましたけど。サイクリングロードって、そこを走っているだけでは外の町の様子が一切分かりませんので自分なりのエイドステーションを見つけておかないといざって時困るんですよね。

まあそれは良いとして、Uターン後は当然追い風。ペダルに軽く足を載せているだけで30km/hくらいは出てしまう感覚でした。coldsweats01

ま、楽なのはいいけど心拍も上がらずスピードだけ出るところはまるで峠の下りです。全く練習にはなりません。

今度はビューっと一気に葛西臨海公園。ちょっと休んでからまた向かい風を相手に家路を急ぎました。

LSDのつもりはなかったのですが、追い風区間も向かい風区間も全てが平均化されたサイコンのデータはまるでLSDの内容になってますね。恐るべし、冬の北風!

走行データ:ルート 荒川CR 葛西臨海公園⇄秋ヶ瀬公園間往復

Distance 103.9km

Avg HR/Max HR 128/166bpm

Avg Cad. 83rpm

Avg Speed/Max Speed 22.4/54.5km/h

Ride time 4H38M  Cal 2217kcal

R0012418
<帰りの一こま> これは隅田川です。一応富士山も写っていたりします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »