« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

走り納めはプチライド

R0012265
名栗湖

今日は朝寝坊です。気温が上がった午後から成木をちょっとひと走りで切り上げてきました。それにしても本格的な冬の風を切りながら走るのは少々気合がいりますね。日陰が特に寒い寒い‥。

名栗湖は風があるとこの時期は特に寒い場所ですが、今日は不思議なくらいこの場所は風がなくて静かで、しばしマッタリとしてしまいました。

あ、よく考えたらこれが今年の走り納めでした。ちょっと地味過ぎるけど、ま、いいか!?bleah

R0012246

昨日は友人と某所で焚き火。ガスストーブで沸かして淹れたコーヒーは極上の味。

焚火の遠赤外線は非常に暖かく、心までちょっと温まりました。

R0012254
『オリオン座』 GRD マニュアル設定で撮影

さて、振り返れば思う存分に自転車ドップリだったこの一年も暮れていこうとしています。

来年はどんな年にしようかな?自転車はやめられませんけどね!catface

このブログをいつも見て頂いている皆様、コメントしていただいている皆様ありがとうございました。また来年もよろしくお願いしますね!では良いお年を!!!

12/31 大晦日

走行データ:ルート 411→榎峠→(松ノ木トンネル)→小沢峠→名栗湖→Uターン(成木経由)

Distance 42.6km

Avg HR/Max HR 134/166bpm

Avg Cad. 77rpm

Avg Speed/Max Speed 22.2/60.5km/h

Ride time 1H55M  Cal 997kcal

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

走行記録

R0012225_2

12/28

走行データ:ルート 荒川CR 葛西臨海公園⇄岩渕水門間往復

Distance 61.3km

Avg HR/Max HR 147/168bpm

Avg Cad. 91rpm

Avg Speed/Max Speed 27.5/45.1km/h

Ride time 2H13M  Cal 1338kcal

12/29

走行データ:ルート 荒川CR 葛西臨海公園⇄岩渕水門間往復

Distance 61.2km

Avg HR/Max HR 155/176bpm

Avg Cad. 93rpm

Avg Speed/Max Speed 28.1/43.0km/h

Ride time 2H10M  Cal 1441kcal

二日連続で午後の荒川を走ってきました。今回は岩淵水門で折り返し。風が出始めています。 でも29日は冬のこの時期にしては寒くもなくなかなかに快適でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

光都東京・LIGHTOPIA2008

R0012169
GRD

先日ですが、光都東京・LIGHTOPIA2008に行ってきました。

今回は夜ポタではないので自転車小僧ではなくカメラ小僧として潜入した形です。ウェポンはいつものGR DIGITAL IIに加えてK10Dも投入。撮る気満々の二刀流です。catface

R0012192
和田倉噴水公園 GRD

Imgp0541
K10D

Imgp0527
『アンビエント・キャンドルパーク』 K10D

Imgp0551
K10D

中に蝋燭が灯っている明かり絵で、合計700個あるそうです。千代田区の小学生や著名人が絵やメッセージを書いているそうです。ちなみに写真一番手前は長嶋茂雄さんのものでした。

会場には静かな環境音楽が流れていて、なかなか幻想的な雰囲気がありました。ちょっと灯籠流しのようですけど「地球・環境・平和」などがテーマらしいです。

R0012200
GRD

Imgp0554
ライトアップされた木々が水面に映り込みます。 K10D

R0012177
GRD

R0012170
『雪月花』 皇居外苑の石垣にLEDのイルミが輝きます。 GRD

この光都東京、今年で三回目だそうで僕は今回初めて知りました。なんとなく光彩時空(→記事はこちら)に趣が似ているなと思ったらやっぱりこれも照明デザイナーの石井幹子さんプロデュースなんですね。なるほど!という感じです。

今年光彩時空はなかったのが残念です。また上野公園の夜を彩ってくれるのかと期待していたんですけどね。そう言えば東京タワーの新照明も石井さんのデザインです。きっとご多忙なのでしょう。

あ、大事な事が!この光都東京は今日までです。あと一時間くらいで終了だと思いますが、念のために。笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

走行記録

R0012204
朝霞水門

12/19 夜練

走行データ:ルート 荒川CR 葛西臨海公園までの往復 

Distance 53.7km

Avg HR/Max HR 141/169bpm

Avg Cad. 90rpm

Avg Speed/Max Speed 26.4/38.6km/h

Ride time 2H02M  Cal 1129kcal

12/23 

走行データ:ルート 荒川CR 朝霞水門⇔葛西臨海公園間往復

Distance 85.8km

Avg HR/Max HR 143/174bpm

Avg Cad. 90rpm

Avg Speed/Max Speed 27.0/44.7km/h

Ride time 3H10M  Cal 1826kcal

今日は夕方近くから荒川CRに。天気予報では北風が強いとの事で覚悟していたのですが案外大丈夫でした。サイクリングロードは飽きますが、やはり公道に較べ余計なものに神経遣わなくて済むので走りに集中できますね。自転車には貴重な環境かも知れません。

今日は気温が低く、イヤーカバー、トゥーカバーをついに投入しました。トゥーカバーはその名の通りつま先だけカバーしますが、これだけでも結構違いますね。初めて使ってみましたがちょっと気に入りました。

それと写真に写ってしまいましたが、最近ボトルの中身は専ら「MUSASHI」です。それまではCCDでしたが味に飽きました。MUSASHIはちょっと酸味が効いていて甘くないのがグッドです。

この時期、自転車に乗ってると日の短さを直に体感できますが、先日やっと冬至が過ぎたようです。これからは一日一日と日が長くなると思うとホッとしますが、とりあえず今はめちゃ短っ!なのです。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

東京タワー NEW ILLUMINATIONS

R0012046

先日の夜ポタ。向かった先はここ、東京タワーでした。
言わずと知れた東京のシンボルですが、何気に好きなんですね。
で、最近ライトアップが変わったと風の噂を耳にすればやっぱり間近で見てみたいわけです。

そんな訳で、今回は東京タワー写真一色です。
トップの写真と次の写真は従来からのライトアップで「ランドマークライト」という照明です。白っぽい夏バージョンよりオレンジ基調で温かみのあるこの冬バージョンの方が個人的には好きです。

それにしても東京タワーって真下から仰ぎ見ると、なんとも言えない迫力があります。

R0012063

では、話題の新ライトアップですが…。

…3…

…2…

…1!

R0012088
ジャ〜ン!?

・・って、もう見えてるって話ですね。

まずこれが「ダイヤモンドヴェール・スペシャルレインボー」です。
よく見ると上下に色の階層が分かれています。なるほど、確かにレインボーカラーですね。
いきなり切り替わるのではなくちょっと工夫されています。(全てありのままではつまらないので切り替わり方は内緒にしときます)

そしてもう一つのバージョンがこれです。

R0012096
「ダイヤモンドヴェール・ホワイトダイヤモンド」

先ほどと一見同じようですが、白一色に統一されているのが分かります。白と言っても実際はやや青みがかった白でしょうか。「貴婦人をイメージした」との事です。

いかがでしょうか??

ほぼ真下からのアングルで比較してみると…

R0012044
これが従来の「ランドマークライト」

R0012119
こちらが「ダイヤモンドヴェール・ホワイトダイヤモンド」

この角度からのスペシャルレインボーはありません。(比較写真を先ほどのアングルから撮ってみたかったので場所を離れられませんでした。)

で、ちょっとシャッター速度を遅めに設定して遊んでみました。

R0012112
実際はここまで明るくは見えませんが・・

う〜ん、この位明るい方が綺麗な気がします。
と言うのは、この新ライトアップ、間近で見るならそれなりに綺麗なんですが離れた場所からだと・・

R0012129
こんな感じ。

場所は撮影ポイントとして定番の?三田方面からです。
これも悪くはないんでしょうけど、個人的にはもうちょい従来通りのタワー自体の照明を生かしつつの方が良かったんじゃないかな?とも思います。あまりにガラッと変わってしまった違和感からそう感じるのかもしれません。
従来の照明法がなんだかんだ言って、一番東京タワーの魅力を引き出していると言ってしまえばそれまででしょうけどね。

写真と実際見るのはまた印象も違いますので、興味のある方は是非見に行ってみて下さい。
ちなみにこの新ライトアップは東京タワー開設50周年を記念してのものだそうで、開設記念日は明後日の12月23日です。

ー撮影舞台裏ー

R0012071
タワー下はしばらく連日のようにこんな撮影大会状態かもしれません・・笑

ちなみに新ライトアップは午後8時〜10時までの2時間限定です。そのうち8時〜8時10分の10分間だけがスペシャルレインボーで、その後にホワイトダイヤモンドに切り替わります。
それ以外の時間は従来通りの照明です。

つまり短時間に3種類見たいと欲張るなら午後8時前には現地入り(もしくはビューポイントでスタンバイ)しておくとお得です!

東京タワー情報、詳しくはこちらに載ってます。

で、夜ポタを2回した理由は1回目に見事に間に合わなかったからです。直前まで新ライトアップで写真撮る気満々でウキウキと近づいていったら真下の辺りでいつもの照明に切り替わりました。orz
2回目はほぼ成功でしたが、夢中で写真を撮っていると体が冷えきってしまいました。
余力があれば丸の内界隈のイルミもついでに狙っていたのですがもうそんな気は完全に失せました。
この時期の夜ポタもなかなか厳しいです。夜景撮影を狙った天気のよい夜などは放射冷却効果も相まってか、日没から急速に冷え込んできますので要注意ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

走行記録

R0012029

12/11 夜練

走行データ:ルート 荒川CR 葛西臨海公園までの往復

Distance 58.0km

Avg HR/Max HR 137/166bpm

Avg Cad. 86rpm

Avg Speed/Max Speed 26.4/42.0km/h

Ride time 2H12M  Cal 1161kcal

12/15 都内某所まで夜ポタ

走行データ:ルート 日比谷通りetc 

Distance 29.5km

Avg HR/Max HR 114/---bpm

Avg Cad. 82rpm

Avg Speed/Max Speed 21.6/41.1km/h

Ride time 1H22M  Cal 496kcal

12/18 都内某所まで夜ポタ

走行データ:ルート 日比谷通りetc   

Distance 29.0km

Avg HR/Max HR 113/158bpm

Avg Cad. 84rpm

Avg Speed/Max Speed 21.8/38.0km/h

Ride time 1H20M  Cal 496kcal

ちなみに都内某所とは2回とも同じ場所です。それがどこかは次の記事にて明らかに・・。

ヒント:夜にしか見られないもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

夜練アイテムご紹介

以前、ちょこっとだけ触れたままになっていた夜練の相棒グッズを紹介します。秋口から週1回(たまに2回?)ペースでなんとなく続けている感がある夜練nightですが、それを可能ならしめているものが、ズバリこれでした。↓

R0011084
この写真は以前に出したものですが・・

『TOPEAK WhiteLite HP 2W』です。

R0011078

リチウムイオンバッテリー式のLEDライトです。ライトのボディは小ぶりですがアルミ製でちょっとしたへヴィーデューティー感が漂い、なかなか頼もしいです。

R0012035

バッテリーケースはプラスチック製。AC電源から充電します。このライトは点滅機能はなく持続点灯です。点灯時間はフル充電状態から1Wモードで10.5時間、2Wモードで5.5時間もつようです。まあ夜を徹して走るような使い方をしなければ充分だと言えます。

ちなみに重さはライトボディが55g、バッテリーが149gですので合わせて200gちょいです。

R0011660
実際にはこんな感じで装着してます。柳沢峠で撮影。笑

ブラケットユニットはオーバーサイズのハンドルにも勿論対応します。僕は写真のように下側からライトを付けていますが、もちろん上下をひっくり返してライトを上にする形でもOKです。このように下にして付けている理由は上だとシフトワイヤーが邪魔になるためです。せっかくのライトの明かりでワイヤーを照らしても仕方ありませんからね。

バッテリーをステムに取り付けるアタッチメントが付属しますが、それだと自転車の衝撃が直に伝わりそうなのと僕の場合POLARをステム上に取り付けているのでスペース的な問題もあり、写真のようにトップチューブに付ける小型のバッグをバッテリー入れとして活用しています。ちょうどスッポリ収まって良い感じです。good

では、気になる明るさですが夜の荒川CRで実験した写真が一応あります。笑

R0011735
1Wモード

R0011736
2Wモード

飽くまでも参考写真でして実際はもうちょっと明るいです。また写真ではやや縦長に見える照射野ですが実際はもっと扇形に拡散して見えます。点を照らすのではなくエリアを照らしてくれるので自転車には有り難いです。

僕の個人的意見ですが、対向車(者)への注意喚起用ではなく地面や周辺を「照らす」という用途では1Wクラスの明るさが少なくとも必要条件なのではないかと考えています。(それは今まで幾つか試してきて感じることですが。)このライトでも1Wモードではサイクリングロードからコースアウトして土手から転げ落ちたり、横の草むらに突っ込んだりと言うことは流石にないだろうけど?という程度のレベルです。例えば巡航速度ならせいぜい20km/h台後半が限界という感じです。30km/h以上はちょっと恐いです。

それが2Wモードでは30km/h前後の巡航が可能になる感じでしょうか。飽くまで普段から走り慣れ、路面状態など勝手を知ったサイクリングロードで使用した場合です。

自転車用LEDライトはいろいろな種類が既に販売されていますが、そもそもLEDって被視認性は高いのですが照明用途では今ひとつだと僕は日頃から感じています。省電力とか言いますが高輝度LEDはそれなりに電力を喰いますし。正直、フィラメントの白熱電球flairの方が明るい気がします。一つは白色LEDの光の色があまりに純白過ぎるためにそう感じるというのもあるのかもしれません。まあフィラメントの様に断線することがないので長寿命というメリットなども確かにありますが、まだまだ実用に足る自転車用照明具として導入するには課題が多いのかと考えていますが、いかがでしょうか。

LEDに対しては少し辛めの評価をしてしまう僕ですが、このライトなら自転車用としても何とか及第点を与える事ができるかも知れません。

照明具としての機能性以外の点でデメリットがないわけではありません。

値段が高めである事。これは考えようなのですが、安全に投資すると考えれば許容範囲かと。もう一つあげるなら、バッテリー式である事。充電式なのはメリットでもありますが、例えば出先でバッテリーが切れた場合に電池式ならコンビニに駆け込んで電池を買えばいいわけです。バッテリー式は近くの民家に駆け込んで充電させてもらうわけにもいきません。長時間使用が予想されるような場合にはサブウェポンを携行するなど何らかの備えが必要かもしれません。

あともう一つ夜練アイテムがあります。こちらは最近ようやく購入したものです。

R0012031

『ZERO Rh+ Angel Fish クリア調光』

アイウエアに関してはZERO派ですが、クリア調光というのがポイントです。

今までの愛用はゴタでしたが、こちらも調光ですがオレンジ調光レンズです。夜も自転車に乗る場合いつも使用していましたが、流石にちょっと暗くなってしまうのでせっかくの2Wライトを点灯させていても、これってどうなの!?と常々疑問を感じていました。

そこで先日思い切ってクリア調光をゲットしてしまったという経緯です。写真でわかるようにクリアといっても淡い黄色調の色が入っています。しかしこれは暗いところを明るいように感じさせる効果もあるようで、実際夜間に使用しても裸眼と較べて暗くなると感じる事はほとんどありません。「目から鱗」という程ではありませんが、これはもっと早くから導入すべき代物でした。夕方から夜間に走る場合、「クリア調光」がお勧めです(その時間帯だけなら調光機能はいりませんけど…)。ゴタよりもかけ心地もいいですし夜間だけでなく冬用として今後活躍してもらいます。

以上夜練アイテムのご紹介でした。いつまで続くかわからない夜練なのですが、せめて続いている内にこの記事をアップしておきます。笑

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年12月 8日 (月)

走行記録

R0012001

12/3 ショップ往復+都内迷走

走行データ:ルート 環七プラスα 

Distance 43.3km

Avg HR/Max HR 111/162bpm

Avg Cad. 83rpm

Avg Speed/Max Speed 22.6/46.8km/h

Ride time 1H54M  Cal 668kcal

12/4 夜練

走行データ:ルート 荒川CR 葛西臨海公園までの往復

Distance 59.9km

Avg HR/Max HR 132/168bpm

Avg Cad. 90rpm

Avg Speed/Max Speed 25.5/38.0km/h

Ride time 2H20M  Cal 1164kcal

R0012010_2

やっと見つけました!!赤いの欲しかったんです。

イベントなどでは見掛けるんですが、なかなか店頭ではお目にかからなかったので取り寄せてしまいました。あ、アームウォーマーです。これを装着すればプラス3km/hくらい速くなるらしいです・・・。(ウソ)

でも、もうアームウォーマーどころの気温じゃなかったりしますね。sweat02

最近いよいよ夜練も厳しい感じになってきました。いつまで続くか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

今年最後の柳沢峠

R0011978

日曜の朝、目覚まし時計の音で一度目を覚ますものの布団の外が寒くて二度寝・・・すると変な夢を見ました。

ハッと目を覚ました僕が手元の時計を確認すると、な、な、なんと!午後一時半ではありませんか!?この日は朝から自転車の予定だったのに・・・。しかも外はまたとない晴天で、絶好の自転車日和。テレビのニュースでは『・・11月最後の日曜は各地で晴天に恵まれ、またとない行楽日和となりました・・』とアナウンサーが喋っています。くっそ~!なんでこんなに寝過ごしちゃったんだ!!この時間じゃもうどこにも行けやしない・・。と悔しがる僕。

そこでまた目を覚まします。今度は現実。すかさず時計を確認した僕は胸を撫で下ろしました。時間は朝の8時でした。良かった~!!

すぐさま準備すると家を飛び出したのは言うまでもありません。夢のせいで、なんかもの凄く得をした気分になれました。笑

さてこの日は行き先は既に決めていました。ちょっと久しぶりとなる柳沢峠です。

いつものコンビニでおにぎりriceballで朝食を済ませ、出発。

朝は空気がひんやりとして気持ちいい!というか、もう寒いです、確実に。イアーバンドが無いと耳が痛いくらいです。wobbly

柳沢峠はかれこれもう一ヶ月以上行ってませんが、なんとなくまたノンストップで登ってみることに決めます。ノンストップと言っても信号ストップは勿論ありますが、それ以外は休憩や写真を目的に脚を着く事はしないよう心掛けます。

奥多摩湖まではセーブ気味に。そして奥多摩湖を過ぎても体力温存のため踏み込まず回転で自転車を進める感じで。

しかしこの日、防寒対策で下はアンダーと二枚重ねだったため心なしか脚を回しにくいです。いや、やっぱりペダリングの抵抗になっている感が否めません。大袈裟に言うと巨人の☆の筋力養成ギブスのようです。orz
体が温まってくると、この二枚重ねはちょっと早まったような気がしてきました。これは極寒仕様です。まだロングタイツ一枚だけでも良かったかも。

丹波山村を過ぎるころからジワリジワリと登り区間が始まり、毎度の事ながらこの辺りからガクッとスピードが落ちます。

この日、いつも以上に脚が重く感じる要因はウエアの他にもありました。前日にも荒川を走っていますのでやはりその疲労が蓄積している可能性もありそうです。

落合の辺りに差し掛かる頃にはこれが結構フラフラ。相変わらず柳沢峠は手ごわいなと思いましたが、それにしても何かおかしい?心拍heart02がしまいには150以上に上がらなくなってきました。いや、正確には150以上まで上げる気力がなくなって来たと言うか。

後から考えるに、静かに忍び寄るハンガーノックの危機がこの時に第三の要因としてかぶさっていたような…。coldsweats02
今回ノンストップライドと言う事で、それを恐れてコンビニではおにぎり三個食べて出発したのですけれどいつの間にか僕も燃費が悪くなったという事でしょうか。(柳沢峠ノンストップをやるなら今度からは途中走りながらの補給を考えるべきかもしれません。)

残り5km…結構キツかったのですが、ここまで来ると僕も意地です。頑張りました。いつも以上のsnailペースでしたが脚は着くものかと。

そしてやっと登頂!ふぅ〜sweat01今回もなかなかの荒行となりましたが、この達成感がたまりません。すべてはこの瞬間の為に?笑

茶屋前はこの日快晴とあってそれなりに賑わっていました。
そして予想通り、この日は雪化粧した富士山がくっきり見えましたfuji。写真(トップ)も撮って満足満足。
アミノバイタルゼリーを即効補給し、しばしまったり…といきたいところでしたが風もあり、今度は急速に体が冷えていきます。
ホットコーヒーを自販機で購入し、飲みながら下りの準備に取りかかります。まあそんな大袈裟なものではありませんがウエアとベストのジッパーをフルに閉じてその上からウインドブレーカーを着込む格好です。

覚悟を決めていざダウンヒル。
でも一気に下るのは寒そうなので、登りで撮れなかった写真を撮りながらゆっくり下りました。

R0011986_2
帰りがけに撮影した頂上付近。紅葉どころか完全に冬の景観です。

写真ではわかりませんが、この日は風が結構強めで落ち葉が上から下から舞い上がっていました。走行中に乾ききった落ち葉が顔に当たると結構痛いんですね、これが。頬が切れるのではないかと思いました。笑

R0011987
同じく頂上付近。

あ、今回峠の上に少しびっくりするものを目撃しました。

R0011985
恒例の電光掲示板写真。気温表示は真っ昼間でなんと『4℃』!しかも路肩には…

です。

これは路肩に除雪された塊のようでしたが、他の場所には日陰の斜面などにもうっすら積もっていました。この冬、雪との初対面は柳沢峠となりました。

そろそろこの場所には自転車を寄せ付けない厳しい季節が訪れつつあるようです。
日陰の斜面は濡れている箇所もありましたが夜間や早朝だともう路面凍結なのではないでしょうか。

…というわけで今回をもって今シーズンの柳沢峠ライドは終了です。
そして実は今回が今年通算10回目の柳沢峠となりました。

本当は龍勢HCの前に一発かましておきたかったのですが、予定がずれ込んでしまいました。まあそれはそれ、これはこれって訳でとりあえず以前どこかで書きました今年の目標である『柳沢峠に10回登る!』ってのは無事達成できました。めでたしめでたし?happy02

・・・まぁ、内容的には今回もヘロヘロでしたけど。orz

R0011989
辛うじて紅葉ショット。笑

去年が5回、今年が10回、来年は…??やっぱり10回くらいでしょうか現実的にはこれ以上はなかなか難しいです。来年は回数ではなく中身で勝負かな?

R0011997
奥多摩湖

走行データ:ルート 411→奥多摩湖→丹波山村→柳沢峠→Uターン→軍畑→榎峠→成木 天候 sun  気温 4〜12℃

Distance 133.8km

Avg HR/Max HR 131/176bpm

Avg Cad. 67rpm

Avg Speed/Max Speed 21.1/62.4km/h

Ride time 6H19M  Cal 3112kcal

R0011974

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »