« な、な、なんと・・・!? | トップページ | 最近の夜練記録 »

2008年10月29日 (水)

秩父ハプニングライド

どうも自分の中で歯車の噛み合ない日ってあるものですが、先日の日曜日がまさにそんな日だったのかも知れません。

ハプニングその1〜いつものカメラ(最近はもっぱらGRD)を忘れる〜 orz

これは前日の夜に判明したので厳密にはハプニングライドの序章とでも言うべきでしょうか。忘れると言っても実家に持ち帰るのを忘れたわけですが、これはこれで結構イタいわけです。いきなりモチベーションゲージの40%くらいダウンですdown。携帯カメラで代用しようかとも思いましたが実家のデジカメを拝借しました。僕の携帯よりは数倍まし(なはず)。

この日は最近の定番となっていた柳沢峠ではなく久しぶりに秩父を目指す事に決めていました。
いつものように東青梅コンビ二で補給食などを調達し、スタート。早朝まで雨が降っていたらしく路面はウェットでしたが、小沢峠を越えた向こう側は不思議な事に路面は乾いていました。この逆のパターンが多かった気がしますが、まあ良かったです。

名栗では何か地元の祭りがあるらしくいつもより何となく賑わっていました。

Kif_1067
有間ダムにて恒例の記念撮影

この日は有間峠を越えて秩父入りしてみる事にしました。ダム右手の道を奥へ進みます。このダムは手前と奥とでは雰囲気が結構変化します。奥はいきなり山奥感が漂います。

Kif_1070
釣り堀ですね。こんな賑わっているのは初めて見るような…笑

以前有間峠を目指したのは1年近く前だったかもしれません。結構久しぶりです。この釣り場をスタート地点に少し真面目に峠練っぽく走りだしました。でも去年の記憶ではこの先で路面一帯に瓦礫が散乱する区間があったはず…ですが、意外にもきれいさっぱり瓦礫は無くなっていて自転車を降りて担ぐ必要はありませんでした。笑

でも基本的に小石(時々拳大の瓦礫)が散乱して,ところどころアスファルトにポッカリと大きな穴が開いていたりとロードには油断ならない道であることに変わりないようでした。序盤から中盤までは結構な勾配(10%前後?)が続き意外と苦しめられるわけですが、後半は勾配が緩くなり稜線近くまで高度を稼いだ頃にはほぼ平坦区間も出現するのがこの峠の特徴です。(登りきってもなかなか峠の碑が現れないとも言う)

Kif_1075_2
頂上の少し手前あたりの紅葉が綺麗でした。惜しむらくはこの曇天。青空ならさぞかし…

Kif_1077
峠頂上より先ほどの有間ダムを眼下に見下ろす。なかなか絶景です。

気温は14℃くらいなので体が冷えきらない内にウインドブレーカーを着て下り始めます。今回はUターンではなく初めて向こう側へのダウンヒル。一体どんな道なんでしょう?ちょっとドキドキ。

Kif_1081
…と、すぐにビューポイント発見!秩父の山々が連なり、いいじゃないですか。

予想に反して有間峠を境にした秩父側の道は走りやすい路面状態が続きます。

(お!何だ、結構こっち側は走りやすいかも…)

なんてちょっと安心していた頃合いだったでしょうか、それが起こったのは…。

バシュッ!! 

いきなりの破裂音impactと同時に右ふくらはぎの辺りに生暖かい風圧を感じました。

ここまで書けばお察しのように、はい…パンクです。

ハプニングその2 〜山奥で大魔王が後輪に降臨〜 orz

スローパンクなんてものじゃなく、瞬時に空気が抜けた感じでしたが不幸中の幸いだったのは、安全に停止できた事です。ダウンヒル中でしたが、路面状態も分からない初めての道であり道幅も細いためかなりスピードを抑えて慎重に下っていたのでした。

それにしてもよりによって一番起こって欲しくないような山奥で孤独にパンクです。なんてこった…。モチベーションゲージがさらに30%くらいダウンです。down
と、いつまでも状況を悲観していても仕方ないので早々に修理に取りかかります。

Kif_1083
こんな山奥でパンク修理祭りが始まりました。涙

ミシュランPRO2レースのビードが意外に硬く、少々手こずりましたがなんとか外れました。派手なパンクだったのでチューブはバーストでもしているのかと恐る恐る引っ張り出してみると、これが意外にも1~2mmくらいの小さい穴が空いているだけでした。最悪予備チューブに交換も覚悟していましたがラッキーでした。これならパッチでいけそうです。

そしてなんとか修理も完了。修理中に横を通り過ぎた車が2台だけ。自転車はゼロでした。

しかしお陰で手が真っ黒に汚れてしまい、バーテープを汚さないようにブラケットだけ握るようにして残りの下りをこなしました。今度から軍手も携行しようかな。

下りきった場所に秩父さくら湖(浦山ダム)があります。

Kif_1085

トイレを探し、石けんで手をごしごしと洗い綺麗になってようやく落ち着きました。笑

Kif_1084
秩父さくら湖から秩父方面。結構な高台にあるのが分かるかと思います。手前の坂はなかなかの勾配です。

以前も書いた気がしますが秩父という町は自転車で移動する場合、地図上の距離感覚が全くあてにならない町です。たいした距離ではないはずなのに実際にはその間に丘があってしっかりと登らされたりというのが良くあります。平地を探すのが大変なくらいです。

今回思わぬ伏兵となったのは秩父ミューズパーク横の道(県道209号)。距離こそ短めではありますがこれが結構な坂でしたsweat01。ちょっとやられました。

国道299号に出るとそこはもう小鹿野に近いわけですがワラジカツ丼で有名な安田屋はパンク大魔王のお相手をしているうちに昼の営業時間がとっくに過ぎていて断念。

適当にコンビニ休憩としました。菓子パンなどをモグモグとやって何気なく先ほどパンクした後輪の空気圧などをチェックしていていたところ変なものが目に入り、ちょっとギョッとしてしまいました。eye

Kif_1087
な、なんじゃこりゃsign02

写真がややピンぼけですが分かりますでしょうか?この状況・・sweat02

最初は何か変な物が思い切り突き刺さっているのかと思ったのですが、逆でした。タイヤにできた亀裂の隙間から高圧のチューブが外側にぷ~っと飛び出してきているのでした。coldsweats02

風船ガムじゃないんだから、勘弁して欲しいです。これで本日のモチベーションさらに20%減。

後輪を回転させてみると、この飛び出しているチューブ、ブレーキのアーチはクリアするのですが毎回転ごとにシートステーにしっかり干渉していました。sweat02

う~ん、もしかしたら先ほどのパンクもこれが原因だったのか??苦し紛れに空気を少し抜いてみてタイヤの中に引っ込まないか試してみましたが一向に収まる気配もありません。

さあ、君ならどうする!?って話ですが・・・

僕の経験上このような状況で「ま、なんとかなるでしょ!bleah」と運を天に任せて、なんとかなった例しはありません。

ここは面倒臭いですが今取り得る最善の策を徹底して施す必要があります。知識として頭のかなり片隅に追いやられていた事が一つだけありました。

・・タイヤがバーストしたら裏からガムテープで補修する・・

きっとどこかのブログか本でちらっと見ていたのだと思いますが、もうこれをやってみるしかない状況でした。幸いコンビニでしたのでガムテープくらい売っているはずです。で、やっぱりありました。紙製と布製の2種類ありましたが選んだのは勿論後者。

作業自体は思ったほど大変じゃなくて、問題の箇所だけ片側のビードを外して適当な長さに切ったガムテープを裏からペッタリ貼り付けます。でチューブを収めて元通りに。

携帯インフレーターでシュコシュコすること本日2回目。ちょっとうんざりしますが・・

Kif_1088
応急処置後(ガムテープの裏地が少し覗いています)

写真の方向からは分かりませんが真上から見るとこれでもちょっと膨らんでいます。でも、さっきの状態に較べれば大分ましになりました。勿論シートステイにも干渉しません。good

この日の本当の目的は11/16の龍勢ヒルクライムコースを試走する事でした。例によって締め切り間際に滑り込みで申し込んでしまったのでした。coldsweats01

で、この後残るモチベーション10%となりながらも往生際が悪い僕はコースを目指して走ります。299のもう一本向こう側の県道(37号)沿いなのでトータルでは意外と遠いわけですが、また登ったり下ったりしながらなんとかスタート会場となるらしい吉田総合支所を見つけました。

Kif_1090
幾多の試練を乗り越えて到着・・・

が、時既に夕刻。これから試走に繰り出せば戻ってくる頃には暗くなっているかも知れません。

というわけで、残念ですがパンクアクシデントにより大幅に予定が狂い、この日はコースを目前にしてスタート会場だけ見て引き返すという苦渋の選択をしたのでした。(意味ないですね~。笑)

そして国道140号をかっ飛ばしている内に完全に日が暮れました。night

ハプニングその3 ~秩父で日没を迎えてしまう~ orz

まあ半分招くべくしてこうなったのですが、これはこれでちょっと大変です。さてこれからどうやって帰るか・・頭には3通りのルートを考えていました。

①正丸トンネルを我慢して通り、299をひたすら走り飯能経由で帰る。

②正丸トンネル手前で山に入り、夜の山伏峠越えを敢行して名栗方面へ出る。

③やっぱり面倒なので西武秩父駅から飯能まで輪行してしまう。

走りながらも結構迷いに迷いました。輪行は自転車を梱包するゴミ袋やらを買うのがやっぱり面倒だなと思っている内に秩父を通過したので却下。で、正丸トンネル直前に来てまた迷うわけです。右手には光を吸収した真っ黒い山の輪郭がどっしりと横たわります。恐〜っ!ライトはありますが、流石に躊躇われるわけです。万が一にも山の中で再パンクすればかなりクリティカルです。かたや、正丸トンネルは・・相変わらず嫌な雰囲気がぷんぷん漂います。不気味な空間がまるでこちらを引き寄せるかのように口を開けています。実際このトンネルは自転車で通るのが結構危ない感じなのでした。

結局、と~りゃ~!と決断したのは山伏峠越えでした。笑

秩父側からだと登りはあまり大した事ないですし、一番の近道でもあったので。でもかな~りスリリングでした。登っているときも下る時もいつもと違う汗が出てました。coldsweats01

いろいろ疲れてしまった秩父ライドでした。でも、応急処置は結局最後まで持ちましてオール自走で無事帰宅したのでした。ガムテープ侮るべからず、です。今後は切れ端をツール缶に入れておこうと思います。練習タイヤのPRO2レースは他にも幾つか気になる傷があり実はあと1〜2回乗ったらいい加減交換しようと考えていた矢先だったので、今回のライドをもって廃棄処分にします。なかなか耐久性のある練習用にもってこいの良いタイヤでした。今回、ハプニングと言っても結果的に全て無事で済んだのである意味ツイていたとも言えると思います。

これで僕のサバイバル経験値も10くらい上がりましたかね。笑

走行データ:ルート↓

天候 cloud 気温 14〜18℃

Distance 137.1km

Avg HR/Max HR 131/--bpm

Avg Cad. 62rpm

Avg Speed/Max Speed 20.9/58.2km/h

Ride time 6H32M  Cal 3187kcal

Kif_1076
いちいち日付が入ってしまったのもプチハプニング。笑

|

« な、な、なんと・・・!? | トップページ | 最近の夜練記録 »

コメント

いや~分かりますよ!
GRDがないとテンション下がりますもんね。

それにしても今回はハプニング続きだったようで。
自分もこういう状況を楽しんじゃう方なのですよ。

バイク時代から結構トラブルを経験しているので。
押して歩いたことも多々あり・・・汗

あっ、ガムテープは持ち歩いていますよ。

投稿: あてうさ | 2008年10月30日 (木) 20時39分

こんばんは。
このコースは近いうちに紅葉を見に行こうと思っていたコースです。
が、こんなにハプニングが続出するコースだったとは・・・。う~ん、怖いコースです。
でも、今回のことでパンク修理はもうお手のものですね。今度の日曜は、パンクしたらドビンゴさんにお任せしようかな。笑

投稿: ほえ~ | 2008年10月30日 (木) 20時57分

ご無事で何よりです。ガムテープは必須アイテムですね。用意しなくちゃ。
PRO2レースは何キロくらい走りましたか?私も交換時期に悩んでいます。
まぁ、ドビンゴさんほど走ってないのですが、三本ローラーの距離が多いから心配なんですよね。

投稿: hyena | 2008年10月30日 (木) 21時30分

>あてうささん
GRD、必須ですね。特に有間峠からは広角が欲しかったです。

こういう状況は出来れば避けたいですがブログネタになるな〜なんてどこかで楽しんでいる自分も確かにいました。本当は写真とか撮っている場合じゃないところで写真撮って余裕かましている自分がちょっと面白かったり。笑


投稿: ドビンゴ | 2008年10月30日 (木) 23時02分

>ほえ〜さん
こんばんは。
あ、そうでしたか。でも本当に紅葉が見頃なのはもう少し後かも知れませんので是非ガムテープ持参で行ってみて下さいね。笑
あ、でもタイヤ新しいから大丈夫ですよ!

日曜日って?富士チャレ当日じゃないですか?お互いパンクしないよう気をつけましょう。ちょっと対策は考えているのですけどね。

投稿: ドビンゴ | 2008年10月30日 (木) 23時06分

>hyenaさん
ありがとうございます。笑
まあ半分は身からでた錆と言いますか、日頃のメンテ不足の要因があったと思います。ガムテープはちょっとした切れ端を携行するので充分ですがあったほうがいいかも知れませんね。

PRO2は何キロかちょっと不明です。計っとけば良かったですね。参考にならなくてすみません。
でも、トレッド面に小さな穴があったり、表面のひび割れがいくつかありましたのでこうなったのだと思います。あとトレッドがすり減ってタイヤを縦方向に見ると半円じゃなくなっていました。汗

投稿: ドビンゴ | 2008年10月30日 (木) 23時14分

お久しぶりです。
大変でしたねー パンク ガムテープとは?・・びっくりですが、
タイヤから??飛び出ている物体を確認された時は さど驚かれたのでは・・
突然のハプニングを 難なくクリアするとは すごいですね・・・
富士で,
今回はお逢いしたかったのですが、残念です 皆々様と楽しく頑張ってください。  
(^-^)/~ 
      

投稿: TAKA | 2008年11月 1日 (土) 08時58分

>TAKAさん
こんばんは。
いえいえ、あんなの初めての経験でしたが幸い傷は小さめでしたし、やってみればなんとかなってしまうものですね。笑

明日は楽しんできます。

投稿: ドビンゴ | 2008年11月 1日 (土) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167576/24796627

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父ハプニングライド:

« な、な、なんと・・・!? | トップページ | 最近の夜練記録 »