« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月29日 (火)

柳沢峠サバイバルライド

R0010935_3
今年4回目の柳沢峠

最近、走りに行けば何かしらのハプニングに見舞われている気が致します。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが先日まで貼っていた某映画のブログパーツは撤去した次第です。笑

先日の日曜(7/27)は久しぶりに柳沢峠の洗礼を受けに行ってきたのでした。
昼前に出発しましたが、幸い天気は曇天cloudで猛暑のヒルクライムは避けられそうかなと期待して出発しました。ところが出発後程無くして日が射し始め、結構暑いですsun。しかもUVカットのアームカバーは迷ったあげく家に置いて出て来てしまったのでした。仕方なくコンビ二で安い日焼け止めクリームをゲットして顔、腕、脚に塗ったくりました。

奥多摩湖の辺りまでそんな感じで、暑さのためかいつも以上に体力を消耗しました。
奥多摩湖に出るのがこんなに疲れたかな?って感じです。先が思いやられるって話です。
Gショックの気温計がようやく30℃を切ったのが深山橋の辺りでした。いつの間にか曇り空になっています。この時期は晴れよりもむしろ雨が降らない程度の曇りが嬉しいです。

出発がやや遅めだった事もあり、奥多摩を過ぎてからは水分補給で自販機に立ち寄る以外は休憩らしいものはとらず丹波山村を通過します。
長距離ヒルクライムらしく徐々に脚を削られ、落合キャンプ場の辺りではもう結構ヨレていました。
いつも言ってる気がしますが、柳沢峠は走り応えあります。汗
落合で水分補給にかこつけてしばしの休憩を挟み、頂を目指して再出発。最後は油切れのロボットみたいなペダリングでなんとか到着sweat01

さて、今回の気になるハプニングですが、お待たせしました。笑
下の写真をご覧下さい。柳沢峠茶屋前からの塩山方面の眺望です。

R0010936_2
まずは到着時のショット。曇りですが何て事もない風景です。

この時は、僕が休憩しているとドライブ中の初老の夫婦に話しかけられ、「その自転車どのくらいスピードでるの?」とか「重さはどのくらい?」とか「高いんでしょう?」など質問攻めにあっていましたが、感じの良いご夫婦で質問内容も的を得ていて聞いて欲しいと思う?事だけ聞いてくれるので僕もまんざらでもない感じでしばし談笑してました。
いわゆる平和な一コマでした。catface

R0010939
で、ふと空を見上げるといつの間にか雲行きが…sweat02。しかもまた遠雷…。

                ⇩ そして・・・

R0010958_2
あれよあれよと言う間に、雷雲が近づいてきました。猛烈な雨なのか前方の山が白く霞んでいます。オー!マイ・・・sweat02

雷もここぞとばかりに落ちまくっていますthunder。なんとか写真に撮りたくて何枚も撮るのですがコンマ何秒の瞬間はなかなかに厳しいです。仕方なく動画に収めてみたものがこれです↓。(手持ちなので少し画面が揺れますが、悪しからず)

そうこうするうちに風も強くなってきました。

って、これは動画とか撮っている場合じゃない!?

先ほどのご夫婦も「自転車なのに大丈夫なんですか?では、お気を付けて~paper」と言い残し車で塩山方面に走り去って行きました。他にもいたはずの家族連れもいつの間にいなくなっています。「ええまあ、こういうのも慣れていますから」と強気の返事をしてみたものの一人その場に残されるとさすがに心細くなります。時々雷がゴロゴロしますが、それ以外は静まりかえる峠茶屋。嵐の前の静けさです。

ついに真上で雷鳴が轟き、峠の真上は強風が吹き荒れてきました。coldsweats02

しかし、少し待っていても雨は本当にポツポツ程度しか降ってきません。一旦茶屋の屋根の下に避難しようかと考えたものの、もしや今から下り始めれば運良く逃げ切れるかも?と突然血迷い自転車にまたがると数十メートルほど走り出したところでした。

夕立前の独特の土の臭いがしたと思った次の瞬間、鳥肌が立ちそうな『ゴォ〜』っというもの凄い音が周囲で同時に巻き起こり、まさにバケツをひっくり返したような勢いで雨が降ってきたのです。本当にほとんど前触れもなく突然で、「バケツをひっくり返したような」という表現以外無い感じでした。
勿論すぐUターンして茶屋の屋根の下に避難しましたが、秒単位で全身が濡れて行く勢いでした。いやはや。

長く感じましたが20分くらいだったようです。雨宿りが功を奏し、大雨は通り過ぎ空も明るくなってきました。まだかすかに降っていましたがどうせ道は濡れているので復路では自転車もろとも水浸しになる事は避けられません。

この日一番の奇跡はウインドブレーカーを携行していた事だった気がします。出発前に一度は荷物から外したのですが、直前に気が変わって持って来ていました。愛用のassosのウインドブレーカーは多少の雨合羽の役割りも果たすようつくられているので、去年の雨の佐渡でも活躍しましたがこんな時は心強い限りです。

そしてウインドブレーカーが必要なもう一つの理由が気温です。
標高1500m近いこの峠は往路で見掛けた電光掲示板で「24℃」でした。(確か100m上昇するごとに0.6℃下がるという法則がありますが、その通りなんですね。)
休憩中はそれが寒いとは感じませんでしたが、雨宿りしている内にさらに体が冷えたのか雷雨通過後には明らかに寒いわけです。

まあ、そんな「奇跡の」ウインドブレーカーを羽織り覚悟を決めて下り始めました。

R0010961
見て下さい!寒い訳です。 笑

山の天気は変わり易いとかいいますが雷雨が通過して一気に「5℃」も下がるって、変わり過ぎです!これでは体が濡れての下りが本気で寒いわけです。

予想通り路面からの水の跳ね返しであっという間に脚はびしょ濡れです。しかも峠の頂上で大雨をやり過ごしたので、もう大丈夫かと油断していたらダウンヒル中に2〜3回は思いっきり本降りに遭いました。
まさか移動して行く雷雲を自転車で追い越したという事はないと思うので、一帯に同時多発的に雷雲が発生していたのでしょう。しかも向かう方向が一緒なので最悪です。

具体的には土砂降りの雨の中だとただでさえ効かないロードのブレーキは、もう笑ってしまうくらいに本当に効かなくなりますね。いや、それで延々下りが続くので決して笑えるシチュエーションじゃなかったわけですが。

あまりにも効かなくて恐いので途中何度か雨宿り休憩を挟みながら下るようでした。手の握力も限界ですし。。。
それにアイウエアに雨滴が張り付き、前が見えませんeyesweat02。かといって外してしまうと大粒の雨がダイレクトに目に飛び込んで来て痛いどころの騒ぎじゃなくなります。目を開けられたものじゃありません。

まあそんなこんなで雨さえ降らなければ気持ち良いはずのダウンヒルも一転、復路はほぼ全行程雨の恐怖のサバイバルライドと化したのでした。

ウインドブレーカーを着ていたので、上半身はなんとか濡れず、また必要以上に体温を奪われなかったのは良かったです。しかしそれ以外は頭から足の先までずぶ濡れでした。勿論携帯とカメラは死守しましたけどね。

R0010964
奥多摩に出て来た頃にようやく雨が上がってきました。ふぅ〜、なんとか無事です。

まだ明るいのでこの際です。半分やけっぱちで榎峠越えをして帰りました。
予定では東京HCコースも一回は登っておきたかったのですが、それは流石に暗くて断念。

R0010967
成木から綺麗な夕焼けが。

R0010970
この日は散々でしたが、この夕焼けに少しは報われました。笑

というわけで、今回のサブタイトルは『柳沢峠上空に雷神様が通る』といったところです。

走行データ:ルート 411→奥多摩湖→(丹波山村)→柳沢峠→Uターン→榎峠→成木 天候 cloud時々sunのちthunderrain  気温 19〜33℃

Distance 136.7km

Avg HR/Max HR 135/175bpm

Avg Cad. 67rpm

Avg Speed/Max Speed 22.2/51.7km/h

Ride time 6H09M  Cal 3170kcal

R001095902

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

飛んで火に入る夏の虫?

R0010909
なるほど、屋形船も稼ぎ時というわけですか。笑

昨日、荒川CRに夕練に繰り出してみました。気まぐれですけどね。
気温は夕方といえど日中とさほど変わる感じもなく相変わらず暑いわけですが、最近の昼間の猛烈な直射日光が無いだけいくらかましです。

夕練といっても軽く流す程度のつもりでしたから、いつもの葛西臨海公園まで行ってUターンで良いかなと下流方面に向かって走っていると、なにやら前方の様子がいつものCRではありません!?なんか人が目立ち、ザワザワと落ち着きがなくなってきてます。
しばらくしてついに警備員のオッチャン達に行く手を塞がれてしまいました。

…全く知りませんでしたが、この日実は足立区の花火大会だったようです。
しかも打ち上げ場所は思いっきり荒川河川敷らしく…笑
CRコースは一部が通行止めとのことでした。

まったくもう!!気まぐれで走りにくればこれです。orz
仕方ないので規制区間は迂回してなんとかその先のCRに再度出るとしばらくして葛西臨海公園に着きました。ですが、問題は復路でした。

ちょうど花火の打ち上げ時間と重なりそうなので、規制区間より少し手前から一般道に出て大きく迂回して戻るつもりでした。が、そのタイミングを逸してしまい気づけば想像以上の数の花火客の中、自転車を押して歩くはめになり、しかも後から後から加速度的に見物客が押し寄せてくるので瞬く間に近隣エリアも含めてもうすったもんだの凄い事に。ローカル花火大会という事でちょっと甘く見ていましたが、この辺は人口が多いのでした。汗

いやはや、ひどい目に遭いました。思わず『夏の虫』を演じてしまったようです。

R0010920
しかしブロガーとして写真くらいは撮らないと。

R0010913
広角なのでちょっと花火写真は厳しいものが。

走行データ:ルート 荒川CR  天候 晴れ

Distance 65.4km

Avg HR/Max HR 110/---bpm

Avg Cad. 73rpm

Avg Speed/Max Speed 19.3/42.2km/h

Ride time 3H23M  Cal 1148kcal

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

灼熱LSD

R0010900
久しぶりだったりする荒川CRですが…

昨日日曜は昼から荒サイでLSDのつもりで走ってきました。
といっても昨日の日本列島はご存知のように各地で軒並み最高気温をマークする猛暑ぶり。sun
そこにきて、夏場のサイクリングロードですからどんな事になっているかは想像に難くないですね。笑

いや、実は早起きに成功していれば他に行こうと考えていた場所はあったわけですが前日の夜は遅くに就寝。起きられるはずもなく、早朝に鳴っていたはずの目覚まし時計に代わって二度目に僕を起こしてくれたのは部屋の気温だったわけです。起き抜けにいきなりこの日は暑いです。sweat01

この暑い最中に自転車ってどうよ!?としばらく思いは逡巡しましたが、結局この連休中唯一乗れる日だったので荒川CRに繰り出すことにしました。暑い時間を避けて夕方にサクッと走ってくるのも有りかなとも考えましたが夕方には所々で雷雨の予報だったので仕方有りません。

顔や首周りに日焼け止めクリームを入念に擦り込み、腕はUVカットアームカバーを装着しました。
自転車は好きでも「自転車焼け」などの部分焼けをするのは好きではないので、できるだけ避けたいわけです。(と言いつつ、足は佐渡以来しっかり半ズボン型に部分焼けしてますが)

で、久しぶりのCRにオンコースしますが、案の定というかやっぱり暑いです。上からは夏の日差しが照りつけ、熱を蓄えた舗装路からはモワ〜っとした熱気が上がって来てサンドイッチ状態です。逃げようがありません。それでも少し風があったのは幸いでした。

とりあえず葛西臨海公園でも目指してみます。こんな暑い日なのにこの日は結構自転車に乗った人を見かけます。皆さん、よくやるな〜。熱中症に気を付けてください!って、まあ自分もですけどね。coldsweats01
時々、上半身裸で自転車(ママチャリ)漕いでる若者や中年オヤジを何人か見掛けましたが、気持ちは分からないではないけどもあれは止めてもらいたい。見るだけでむさ苦しいので...。

途中、あんまり暑いので「コリャ、たまらん!」とサイクリングロードから市街地の中にドロップアウトしました。
どこを走っているのか良くわからないまま、どこかの商店街をしばし放浪。

R0010901_2
Gショックの気温計「37℃」なんですけど…sweat02

コンビニがあれば水分補給にまめに立ち寄り、ふと目にしたお店でこんなものまで↓

R0010902
「キャラメルチョコソフト」だったかな?

コーンにのせるとすぐに溶けて手がベタベタになりそうなのでカップに入れてもらいます。
美味しかったですが、甘くて食後に無性にのどが乾きました。笑

そのあとは、サイクリングロードに戻るべくまたふらふら放浪。(下町では土地勘がないと本当方向感覚失いますね。)

やっと葛西臨海公園に着いたわけですが、連休や子供は夏休みだったりで人出がいつになく凄い…。休憩もほどほどにしてそそくさと折り返します。

R0010904
自転車も多く見掛けました。葛西臨海公園にて。

復路は追い風に乗って朝霞水門まで行きUターンして帰路に。
距離がちょうど100kmとなりましたが、100kmにしては消耗しました。なんか150kmくらいは走ったような感覚です。やはり暑さの仕業ですね。

走行データ:ルート 荒川CR+α  天候 晴れ

Distance 101.1km

Avg HR/Max HR 140/173bpm

Avg Cad. 83rpm

Avg Speed/Max Speed 24.8/55.3km/h

Ride time 4H04M  Cal 2233kcal

R0010906

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

遠雷

昨日午後、成木周辺を走ってきました。
出発時、何となく嫌な感じの雲が広がってきたかと思ったら今度は遠くで雷鳴thunderが轟いています。こういう感じ、夏ですね。自転車乗るのでなければ嫌いじゃないんですが。
ま、いつもの如くで、なんとかなるでしょ?と走り出しました。

今回はいつもと少し趣向を変えて、一旦軍畑まで行き榎峠を経由して成木入りします。
それにしても久しぶりの坂道です。笑

榎峠は無難にこなして松ノ木トンネルを抜けると程なくして『あの場所』へ。
東京ヒルクライムのコースです。普段は通過するだけで、やはり必要に迫られないと走ろうとは思いません。そんなコースです。

ほぼ一年振りって事と最近坂とか走っていないので慣らしの意味で心拍にリミッターを掛けて登り始めました。

去年初めて登った時は激坂免疫がほとんど無かったためか、このコースの勾配は結構衝撃的だった事を思い出します。

あれから一年。

久しぶりでしたが、去年程の鮮烈な印象はなかったかもしれません。でも、キツさは相変わらずだと思いました。
路面状態はよく補修されており、路面に散在した穴も見当たらず、石ころが転がっている事も無かったです。
しかしやっぱり苔トラップは健在でした。この時期ですから仕方ないかもしれませんが、相変わらずでラフにペダリングしようものなら後輪が滑り出します。やばそうな雰囲気の箇所は何故か勾配も厳しめだったりしますので上体を寝かせて前輪荷重もかけつつ、そぉ〜っとそぉ〜っとペダリングする事で切り抜けます。
(追記;路肩の苔群生エリアにはしかし、大会主催者側の配慮なのか黄色いコーンが立てられており自転車が誤って侵入しないような工夫がされていました。ありがたいです。)

後半は汗が噴き出し、疲労からリミッターのつもりだった心拍160台も余裕で超えていましたがなんとかゴール。sweat01

タイムには期待していませんでしたが、案の定27分16秒の凡タイムです。orz
去年試走時のベストタイムより3分近くも遅いような気も…coldsweats01

R0010897
ゴール地点。路面はウェットです。

その後小沢峠を越えて有間ダムまで。
休憩しようと思ったらポツポツと始まってしまいました。また雨です。rain

R0010898
有間ダム。水位は意外と減ってます。

夕立でも無さそうな降り方で、雨宿りしていたらいつまでも帰れそうにないため仕方なく雨の中走って帰ってきました。また靴の中まで濡れました。

走行データ:ルート 411→軍畑→榎峠→(松ノ木トンネル)→東京HCコース→小沢峠→有間ダム→Uターン  天候 cloudrain 気温26〜31℃

Distance 51.0km

Avg HR/Max HR 130/177bpm

Avg Cad. 57rpm

Avg Speed/Max Speed 18.4/51.0km/h

Ride time 2H46M  Cal 1346kcal

R0010896

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

今後の確定イベント

R0010324

今後出走予定のイベントは今のところ以下の二つが確定しています。

8月17日 第2回東京ヒルクライムNARIKIステージ

11月2日 第6回富士チャレンジ200 in FUJI SPEEDWAY

ともに去年も出たイベントです。

東京ヒルクライムはまた勢いで申し込んでしまいました。sweat02
まあ、なんというか凝りもせずと言うか。結構激坂ヒルクライムなんですよね、これ。
一応レース会場まで近いですし、普段その辺を走っている身としてやっぱり静観はできないかな〜なんて。
去年は5km足らずのコースを二回走って二回目にタイム計測の方式でしたが、今年はさらに5km手前からスタートして一回勝負というプランも考案中(交渉中?)らしいです。できれば後者がいいですね。
あと、参加記念品のジャージがクオリティが高く気に入ってますが、色はなんか他を希望!黄色を2着はさすがに要りません。笑

富士チャレンジは本当は今年もソロ200kmを考えていましたが近年の自転車人気なのか何なのか、去年に較べても衝撃的に早く締め切ってしまったため門前払いを喰らってしまいました。ここまで来ると自転車人気も善し悪しです。
でもその後エンデューロで参戦する事が決まり、今年もFUJI SPEED WAYを走ってきます。good
エンデューロは初ですが、これはこれで面白そうなので今から結構楽しみにしてます。

今年のイベントがこれだけってのもちょっと寂しいので、あとはその時の気分や予定次第で、何かにゲリラ的にエントリーする可能性はあります。

さて!まずは東京ヒルクラです。
って、あと一ヶ月ちょいですか!?去年より準備不足かも。。。coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

夜練

一昨日ですが、表題のように夜間に走りました。

とある事情から実家に置きっぱなしだった自転車を取りに戻っただけですが、最近乗れてないのでこの際乗って帰ってきました。夜練ってほどのもんじゃないですね。

本当は都内のゴチャゴチャの中、あまり走りたくないのですが危険が多い幹線道路をできるだけ走らずにすむ新たなルートを発掘しました。

でも夜って路面状態が分かりにくいのでやっぱりそれなりにリスキーです。接近してくる車なんかはライトの明かりでこちらは昼間より感知しやすいのですが、向こうがこちらに気付いているのかという心配もありますしね。

R0010895
こんなグッズを試してみました。

写真のようにバンド形状をしており脚に巻き付けて使用しました。LEDが点灯・点滅するのですが素材自体が反射素材です。車から見るとペダリングでこれが動いて見えているはずなので被視認性を高める効果はそれなりにありそうです。

R0010888_2
中身はこんな感じです。

光り物が好きな自分としてはこの中身にちょっと惹かれるものが。笑

結構綺麗ですよ。

走行データ:ルート 都内 天候 晴れ

Distance 48.9km

Avg HR/Max HR 119/153bpm

Avg Cad. 80rpm

Avg Speed/Max Speed 24.2/51.7km/h

Ride time 2H01M  Cal 836kcal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »