« 新しい相棒 | トップページ | 阿蘭陀に吹く風に想いを馳せて・・ »

2008年2月12日 (火)

体重マイナス3kgライド

R0010233_copy

連休最終日の昨日は風もあまり無く、気温もそこそこ。
ちょっとだけ春を先取りしたような穏やかな一日となりました。

実はその前日もあわよくば自転車でどこかに繰り出そうかと企んではいましたが、土曜日の夕方からの雪の影響が流石に懸念され断念しました。
一日置いた甲斐あってか、昨日は残雪もほとんど見かけず路面はほとんど乾いておりまたまた自転車日和の到来です!

さて、僕にしては珍しくいつもよりは早めの時間に出発します。
どこ行こう?ってもう荒川なのはほとんど決定しているのですけど・・。

荒川合流点手前のコンビニで軽く腹ごしらえなどしていると、自転車に銛やら何やら装備した長靴姿の老人に何か話しかけられました。

「とっぱぎりかい??」

どうもそう言っていたらしいのですが、僕は三回くらい聞き返しました。とっぱぎり?そんな日本語聞いた事ありません。で、その老人に意味を尋ねると

とっぱぎり=遠くまで行く事

のようです。どこかの方言なのか、下町語なのか分かりません。
その後、僕がもの珍しげに話を聞いているのに気を良くしたのか、或いは単に話し好きの爺さんなのか、5分くらい話を聞かされる羽目になりました。

荒川の岸などで貝を採って遊んでいる?爺さんのようでした。
「真ん中に緑の線がある道が整備されてから、おれらの場所が追いやられちゃってさ・・・」

(ハイ、ハイ、それサイクリングロードの事でしょ!?)

まあそれはさておきこの老人、なかなか鋭いです。

この日は僕の頭の中に(気候もいいし、普段行けない所まで遠征してみるか)という考えがあったからです。
まさに「とっぱぎり」です。

荒川からどこかに遠征する場合、思いっきり北上するか一旦河口方面に向かい江戸川CRなどに乗り換えるというのがパッと思い付くところですが北を目指すのは残雪の可能性を考えると?でした。
今回はあまり迷わず後者で決定です。

江戸川遠征はこれで2度目となります。前回は夏だったと思います。虫が多かった嫌な記憶がありますので。笑
その時は途中荒川CRから6号に降りてショートカットしたわけですが今回は時間もあり、律儀に葛西臨海公園経由で距離を稼いでみる事にしました。

後ろからどこかのチームなのか、ショップの走行会なのか10人くらいの集団が迫ってきて抜かされましたがしばらく後ろを少し距離を空けて追走してみるとなかなか自分とペースが合っているようです。しばらくは勝手にご一緒させてもらいました。
が、その集団、程なくペースダウン。きっと誰かが音を上げたとかなにかトラブルがあったのだと思いますが、追い越してそのまま逃げを決めて葛西臨海公園に到着しました。(注;←僕の勝手な遊びでして、向こうはこちらを全く意識なんてしていませんでしたが・・笑)

R0010226
葛西臨海公園から望む都心のビル群。写真では分かりませんがここから東京タワーや六本木ヒルズ、お台場の観覧車なんかも見えるんです。

あまりゆっくりもできないので、長居は無用と江戸川目指してそそくさと出発です。
僕は河口近辺の煩雑な道が未だに苦手です。
この日は公園内から旧江戸川に出てさらに橋を渡りもう一本向こうにある江戸川CRになんとか辿り着きます。
それでも若干さまよった事は内緒の話ですが。

それにしても江戸川CRは久しぶりです。前回は不思議なくらい人が居なかった覚えがありますが、昨日は流石にローディは勿論、親子連れのMTBや散歩にジョギング、人が多かったです。

淡々と奥へ進むにつれ当然ながら人は少なくなってきます。
ほとんど無風なのかと思ったら横からの風でした。走行には全く影響のない程度です。時に追い風となってスピードが乗りました。

R0010230_copy
途中で見つけた建造物。なんの為のものか皆目見当がつきませんが随分可愛らしい屋根ですね。そして向こうにも見えますが屋根の形が違います。帽子をイメージしているのかと推測しますが。

うららかな日差しを受けて走るのは実に気持ちが良く、調子に乗ってどんどん奥へ。
250m間隔で道の脇に立てられた「海から○○kmポスト」の数字がどんどん増えていきます。
江戸川CRのセンターラインはいつの間にか塗り替えられて見やすくなっていました。

そして名物?の「海から50kmポスト」で取りあえず記念撮影したものがトップの写真でした。
よく考えるとすごいです。ここまでを往復するだけで100kmですから。

前回、果たせなかった関宿城の見物。今回これが目的ではありませんが、ここまで来ればついでに行ってみたい気もしてきて、もうひと頑張り自転車を進めます。

が、ここで何と!また軽くハンガーノックの症状です!
いや、頭ではそうなりそうな補給ペースなのは気付いていましたが大丈夫だろうと漕ぎ続けていました。やっぱりです。
急に空腹感を覚えたかと思ったら、今度は脚が重たくなってきました。
風向きが変わった訳でもないのにスピードは5km/hほど落ち、なんとなく冷たい汗も・・orz
ここまでで既に走行距離は100kmに近かったのですが、朝のおにぎり一個と菓子パン一つ、それにCCDドリンクくらいではさすがに燃料切れというわけです。

若干ふらふらしながら5~6km走り続け、その先の関宿橋でCRを降りると近くのコンビニに急行です。即効性のありそうなチョコレート系の菓子パンともうひとつパンを買ってぺろりと胃に流し込みなんとか落ち着きました。
う〜ん、危なし危なし。

で、時間的にもだいぶ日が傾いており関宿城の事はその時点で既にどうでも良くなってしまって、結局今回もまた到達しませんでした。笑

Uターンして帰路につきますが、落ち着いたと思ったのは気持ちだけだったようで、しばらくは脚が重くて苦しみました。急に乳酸が溜まったかのようです。
よく言われるように、「空腹を感じてから補給するのでは遅い」というやつを身を以て体験してしまったようです。
それでも30分から1時間くらい後になって脚は再び回り始めた感覚がありました。このタイムラグは何だろうかと考えてみましたが、恐らく消化と吸収にかかる時間などが関係している感じですね。
なるほど〜!とか感心している場合では無かったのですが、実際レースや長距離系のロングライドイベントでこれを体験したくはないものです。笑

R0010231_copy

往路には軽く追い風だったので、復路には軽く向かい風。 時間には余裕があったつもりでしたが微妙に間に合わず海にやっと近づいた頃にはどっぷりと日は暮れていたのでした。

それでも葛西臨海公園にたどり着いたら安堵感ひとしおでした。笑

やはり走り慣れた場所というのは落ち着きます。荒川CRの夜間走行もいい加減慣れていますので、なんとか無事に帰宅できました。

本日の走行距離は190kmでした!行きも帰りも葛西臨海公園経由としたのが効いたようですが、行きも帰りも河口近辺を若干さまよっているのも距離が伸びた理由にあげなくてはなりません。笑

そして家に帰り、ふと体重計に載ってみると普段の体重-3kgだったわけですが、脂肪が燃焼したわけではなく補給の失敗と脱水によるものなのはこれから2~3日経てば自動的に判明するものと思われます。笑

走行データ:ルート 荒川CR→(葛西臨海公園)→江戸川CR→関宿橋→Uターン  天候 晴  気温 5〜10℃

Distance 190.2km

Avg HR/Max HR 137/172bpm

Avg Cad. 81rpm

Avg Speed/Max Speed 23.2/41.7km/h

Ride time 8H11M  Cal 4339kcal

R0010241_copy

|

« 新しい相棒 | トップページ | 阿蘭陀に吹く風に想いを馳せて・・ »

コメント

えぇー夏でもないのに3Kg落ちましたか。
まぁ夏も脱水による減だとは、思いますけどね。
只今、順調にウエストサイズが増えてます。涙
春になったらがんばりますよ!
というかガリレオに乗りたいです。

投稿: あてうさ | 2008年2月12日 (火) 22時46分

こんばんは。
190kmとは。走ってますねぇ。荒川、江戸川は走ったことないんですよね。行くのが遠すぎてどうもね。でも、輪行でも考えてみようかな(自走という選択肢はないです。ハイ)。
新しいカメラも、いい感じですね。撮るのが楽しいのでは?

投稿: ほえ~ | 2008年2月12日 (火) 22時50分

ドビンゴさん、もしかしてご近所な予感です。
今度荒川行きましょ~。
江戸川は、私は1度フラペ時代に行きましたがやっぱり下流の旧江戸川は苦手でした。なんかペースだけでなく気持ちが落ちますよね。

投稿: felterskelter | 2008年2月12日 (火) 23時23分

いつもコメントありがとうございます。
一度お返事がほとんどできあがった状態でPCの誤作動で全部消えてしまい、今打ち直しました。

>あてうささん
そうなんです。流石に落ちすぎだろって思いましたが。
きっとほとんど失われた水分なのが悲しいですが。

僕も年末年始に蓄えた脂肪君が未だに腰回りに居着いてしまっていて困ってます。そろそろ親離れして欲しいのですが。

>ほえ~さん
少々羽目を外しましたが距離を伸ばしてみました。気まぐれだったりするのですが。笑

いやいや、荒川くらいならそちらからも自走で来られますよ!
その場合入間川→荒川のアプローチがいいかも知れません。いつでもご案内しますよ。

カメラはお察しの通り、撮るのがとても楽しいです!

>felterskelterさん
そうですね。僕もそんな気が以前からしています。笑

荒川入りする橋は僕は一つ上流の橋ですし。

ご一緒する時にはホイールをZEROに交換していく必要がありそうですね。そうでもしないと軽く置いていかれる予感が・・笑

投稿: ドビンゴ | 2008年2月13日 (水) 03時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167576/10443761

この記事へのトラックバック一覧です: 体重マイナス3kgライド:

« 新しい相棒 | トップページ | 阿蘭陀に吹く風に想いを馳せて・・ »