« FINISHER Tシャツ | トップページ | ウインドブレイクライド〜荒サイを上流へ〜 »

2007年12月19日 (水)

今年の峠ライド最終回?

今日(12/16)の目的は一応、白石峠から定峰峠、そして秩父入りして昼食。その後適当に峠を越えて名栗方面に戻る事です。

まず飯能に出て30号を北上します。ブログで何かと名前を見掛ける『白石峠』にも初めて登る事になります。さて、どんなところなのか…。

で、いきなりですが今日一日を一言で言い表すとすればそれは間違いなく

「寒い」

・・・という事。とにもかくにも寒かった。笑

冬晴れの快晴で気持ちは良いけれど、ほぼ北風で風も比較的強く、体感温度はひと桁前半ってとこ。

完全に真冬装備で行きました。

Img_3762_1

目的地に着く前から、温かいコンビニ店内でまったりしてしまいます。ガラスを隔てた向こう側は北風ぴゅーぴゅー。

じつはこの直前にほえ~さんに偶然にもお会いしました。これがほんっと、偶然に。笑

僕が30号を走っていて、とある交差点で信号待ちをしていると左から一人ローディがすーっと前を横切り道を渡っていきました。その時はとくに気になる事もなかったのですが反対車線に行ったところでパタと立ち止まりこちらを見ている感じでしたので、(ん!?なんだろ?道とか聞かれても僕もこのあたりは分からないですよ)・・くらいに思っていたら「ドビンゴさん!?」と予想外の言葉が聞こえびっくり仰天です。

確かにブログはやってますが、いつからそんな有名人になったのかなぁとかアホな事を考えつつ振り向くと、なななんとほえ〜さんです!いやはや・・世間は狭いというか何というか・・それでも奥多摩や名栗あたりでお会いするのはまだ分かる話しですが、お互い滅多にこないと思われる場所ですから。

それにしても僕は眼が悪いので声を掛けられるまで気づかず、失礼しました。

本日のサプライズな出来事part1でした。笑

Img_3763_1 でもって、いよいよ標識に名前が登場。

左折してしばらく道なりに進むと・・。

Img_3765_1 見えませんが写真右手に7-11があります。

今回もどうせなら、とタイムを計ってみるつもりでいたのですが…。

ここで僕はどうも先走ってしまったようです。ハイ、このコンビニからスタートしてしまいました。笑

で、張り切って僕なりに結構頑張りペースで10分位、アップダウンの道を走ってきました。今から思うとアップはいいとしても、ダウンは変だなという気はしていましたが。笑

やがて右手に道が分岐するところが出現し、こんな標識も↓。

Img_3768_1 なんか初めてなのに見覚えある感じですが。

と、次の瞬間、他の方のブログ写真で見ていたのだと分かり、同時に大抵そのようなブログには「ここからTT・・」なんて文章が続いていた事もフラッシュバックします。ええ、確かに間違いありません。

ここがスタート地点でした・・・orz

まだ脚は残ってますが、ちょっと損した気分です。仕方なく自転車を降りて呼吸などを整えると気を取り直して登り開始です。

右に折れた所からいきなりそれまでより一段と勾配がきつくなってます。でも頑張ります。タイムタイム・・せっかく来たのだからちょっとでもいいタイムを!先週と同じ轍を踏まないように腕時計のストップウォッチはしっかり作動させました。

序盤は民家の横を通り過ぎていきますが、その内道はつづら折りの道となり山の中を登っていきます。
時々「起点から○△km」という標識が立っていて参考になりますが、最初の内は数字が4km以上もあり、見る度に若干の絶望感を感じるくらいの勾配が続きます。さすが有名なだけはありそうです。

ひぃ〜ふ〜と乱れる呼吸をなだめるようにシッティングで楽なポジションを探したり、時折勾配がきつめの個所ではダンシングなども織り交ぜていきます。

心拍は90%前後というところ。なかなか苦しいです。で、いつの間にか目標はタイムではなく、脚を着かなきゃいっか!?と僕の中で自動的に下方修正されてしまいます。

真ん中あたりまできたところだったでしょうか?上から歩いて下ってくるオッちゃんに「お互い登りはつらいやねぇ〜〜」と笑顔で声を掛けられます。

「??そ、そうですねぇ!?」と適当に返事しました。若干意味が分からない気がしますが、こちらはそれどころではありません。

ところどころ勾配が緩み、少し脚を休ませる区間が出現して有り難いです。でも心拍は相変わらず90%から下がりません。

標識が刻む数字が2kmを切った辺りからは、確かにこの標識が励みにもなった気がします。

残り3分の1か4分の1くらいのところで「勝負平」というやや平坦な区間があり、それ以降勾配がさらにきつくなる事も無かったように記憶しています。
走っていて次第に風を感じるようになってきます。冷たいです。それからしばらくするとようやく頂上らしき場所にたどり着きました。
ちゃんと「起点から0km」とご丁寧に標識が立っていて四差路の広い空間が拡がっています。
小屋にはツーリング仲間なのかバイク集団がたむろしていました。もう既に自転車降りてますが、もしかしてまだ頂上ではないのでは?と周囲に目を凝らすとありましたよ「白石峠」の看板が。笑

Img_3771_1

Img_3772_1白石峠制覇!

一応タイムですが 『35分17秒』でした。ってよくわかりませんが凡タイムなのは間違いないです。

Img_3774_1白石峠からの眺望

Img_3776_1気温は「5.3℃」!

大袈裟ではなく登り切った後は秒単位で体温が奪われていく感覚です。寒いのなんの・・。

気の済むまで写真をパシャパシャやっているうちに先ほどのバイク集団がどこかに行ってしまいました。
気付くとそこには僕一人・・・。急に寒さがより一層身に凍みるように感じました。これはちょっと尋常じゃない感じです。
ちょっと急いでウインドブレーカーを着込み下りに備えます。

予定では定峰峠に出てさらにそこから秩父市街地を目指すつもりです。
こんな所で下る道を間違いたくないものです。看板の地図や道路標識で慎重に定峰峠方面を確認するといざ下りだしました。

道はほどなく左へ曲がり込んでいくのですが・・・。

・・・すると、・・・

Img_3777_1!!!

も、もしかしてこれ、ゆ、っすか!?

曲がった先にはいきなり驚愕の光景が待ちかまえていたのでした。(本日のサプライズな出来事part2です。)
これを見た瞬間に何の迷いもなく自転車降りました。同時に「本日のモチベーション」の7〜8割が音をたてて崩れ落ちました。笑
路肩にあるのは間違いなくドライパウダーのような雪でした。そして歩いてみるとやはり所々でつるつるです。
車ならノーマルタイヤでもまだいけるレベルですが、タイヤの細いロードでこの先に進むのは流石に躊躇われました。おそらくこの先も山の北側の日陰となっている道はこんな感じが予想されます。

そう言えば、ここ数日は冬型の気圧配置で寒気が厳しかったですが。
それにしても、もう冬ですね。
(今年の峠ライドは今日をもって終了にしようかな。。)

と、まあそんなわけで最後の峠ライドを落車で締めくくるのもごめんなのでUターンして来た道を下って帰る事にしたのでした。(今にして思うとUターンじゃなく正丸側に降りるルートもありましたね。笑)

微妙に時間が余っていたので、299から奥武蔵とか、正丸経由で、というのも少し考えましたが標高700mの白石峠でこれですからもしかしたら同じような状態かも知れないと思い直し諦めました。
まっすぐに帰るのも何なので28号から名栗方面経由で帰ってみました。最近体重も増え気味なのでLSD効果を狙ってのことですが。笑

---白石峠の勝手な感想---
・「山椒は小粒でもぴりりと辛い」。コースの距離や絶対的な標高は突出したスペックではないようですが有名なだけあって登り応えは相応にあります。一応、平均勾配は9%になるようです。数字的にはマニアを満足させるだけの激坂峠ではないかも知れません。(注:僕は激坂マニアではありませんが)

・峠難易度的にはちょっとローカルな例えですが天目指峠を単純に2倍に伸ばした感じというところでしょうか。飽くまで感覚的な話です。

・ほどよく休める区間もあったり、路面状態も良く道幅も狭すぎる事もなくそこそこ走りやすい良い峠という印象です。たしかにトレーニングにはこんな感じの峠が向いているのでしょうか。さすがにすれ違うローディは多かったです。

・車の往来が思った以上にあり、時には勾配の急なイン側を強制的に走らされる事などもあり注意が必要かもしれません。

・確かに荒川CR折り返しのついでに、などには持ってこいの峠かもしれません。有名になった所以もやはりそこらへんにありそうです。惜しむらくは、微妙に遠いこと。もっと近くにあればリピーターになっていたかも?

・今度来るならほえ~さんのブログの記事にもあったようにシロクマパン工房とセットがいいかも。

・そして目標タイムは30分切りということで。(←無理っぽいですが。笑)

→白石峠 ALPSLAB版はこちら

Img_3779_1

走行データ:ルート 飯能→(30号)→(172号)→白石峠→(172号)→(30号)→(28号)→(70号)→名栗   天候 快晴  気温 6℃

Distance 109.8km

Avg HR/Max HR 130/179bpm

Avg Cad. 66rpm

Avg Speed/Max Speed 20.3/46.6km/h

Ride time 5H23M  Cal 2689kcal

|

« FINISHER Tシャツ | トップページ | ウインドブレイクライド〜荒サイを上流へ〜 »

コメント

この前は、ほんと偶然でしたね。書かれているとおり、お互い普段は走らない場所で会うなんて。
定峰峠は残念でしたね。私も定峰峠はまだ行っていないので、暖かくなったら行こうかと思っています。寒いのはイヤです。

投稿: ほえ~ | 2007年12月19日 (水) 06時47分

あの有名な白石峠に行ったのですか。
いろんな方のブログを見ていると結構きついみたいですね。
以前、全く前知識が無いままスピ8で上ろうとしたことがありましたが上らなくて良かったです。汗
標高が我が家と同じくらいですね。
おぉ寒っ。笑

投稿: あてうさ | 2007年12月19日 (水) 21時19分

>ほえ~さん
いや~偶然でした。しかも信号待ちで止まっていなければお互いすれ違っていても気づかなかったかも知れませんしね。
定峰は通過点で特別行きたいわけではなかったのですが、そのうちあの辺の峠一通り制覇しておく必要がありますね。笑

>あてうささん
こんばんは。やはりタイムとか気にする登り方をすれば結構きつめとなります。
なんか、イベントとかがあるわけでもないのに皆さんがタイム計っていて僕もつられました。考えてみれば、そういうのって面白いです。
でも9%なんてあてうささんの家の周囲にはざらなのではないでしょうか。

投稿: ドビンゴ | 2007年12月19日 (水) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/167576/9432746

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の峠ライド最終回?:

« FINISHER Tシャツ | トップページ | ウインドブレイクライド〜荒サイを上流へ〜 »