« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

ヒルクライム練習ライド

職場の創立記念?で昨日(29日)は一日休みでした。そんなものがあった事を実は今週始めに知ったわけなんですが、嬉しい誤算とはこのことです。今週末も仕事で自転車に乗れない為、これはチャンスとばかりに前日にガリレオを実家に運びました。
天気予報では午後から降水確率が上がる見通しだったので午前中に出発。
目指すはもちろん、「東京ヒルクライム成木ステージ」のコースです!

肌にまとわりつくような湿度の中、のんびりとスタート会場となるであろう場所を探します。
最短で分かりやすいコースは結論から言うと東青梅駅から成木街道をずっと行くルートでしたが、岩藏街道から新岩藏大橋を左折して成木方面に向かい成木五丁目の交差点を右折して成木街道に入るルートでアプローチします。

Img_2924成木川と紫陽花

てっきり成木五丁目の交差点のすぐそばかと思って周辺をキョロキョロしながら探しましたがなかなか写真でみたような雰囲気の場所が見つかりません。一人速そうなローディがすれ違います。
そのまま道なりに(え〜!?本当にこんな奥でいいの?)っていうくらい進むと・・・。
Img_2926ん〜なんか標識の「行き止まり」って怪しい!!

で、行き止まり、つまり都道202号方面へ曲がるとすぐにこんな光景が・・。
Img_2927これです!スタート地点です。
WEBやブログで見て網膜に焼き付けていた光景が突如目前に! おお!!っとほんのちょびっと感動したので僕もやっぱり写真に撮ります。
考えてみればなんの変哲もない道のこの場所で、ロード乗りがみな一旦自転車を降り写真をパシャパシャやるんでしょうねぇ。ま、僕も例外にもれず。笑

で、しばらく呆けーっとして息などを整えます。これから始まる未知の道(←シャレじゃありませんが・・)にややドキドキしながら、サイコンの設定などを済ませるといざスタート!!!

始めは住宅の横などを走るのですがやがて木々がうっそうと生い茂る山の中へ道が吸い込まれていきます。
そして勾配も予想通りこの辺りからガツンと厳しめに。。

なんのこれしき!とばかりにエッチラオッチラと始めは頑張っていました。そう、「始めは」。。

みるみる内に全身から汗が噴き出し、息が上がります。はっきり言ってこんな調子ではそう持ちません。

ゴールはまだかなと時計を見るとまだスタートして10分と経っていない・・・。

頭では分かっていながら、何度も時計を見てしまいます。時間が経つのが異様なまでに遅く感じました。

しかし、それにしてもこの勾配・・・鬼です。苦笑

もうちょっと頑張れば少し勾配が緩くなる場所もあるだろうと自分をなんとか鼓舞して頑張りますが、その気配もなく、しかも話には聞いていましたが道の状態が予想以上に悪いです。苔が生えていたり、ただでさえ細い道の真ん中にぽっこり穴が開いていたり、いかにも滑りそうな金属製の蓋(なんて言うんだったかな?)があったり、さらにチョロチョロとその上に水が流れていたりで全く気を抜けない路面状況が神経を消耗させます。このコースを試走する場合、当日は勿論、直前の2〜3日雨が降っていない日を選んだ方が賢明かもしれません。

・・・で、コース半ばにも差し掛かった頃です。
注意深く苔を避けて登っていたつもりなんですが、木々の影に隠れ日中も日の光が届かないであろう湿った路面でした。そのいかにも嫌な感じの曲がり角で突如後輪がスルッスルッと空転するではありませんか!?前後だけじゃなく左右にも勾配がついたその場所で、一瞬ローラー台に乗っているような状態に陥りました。
これは結構焦りました。力任せのペダリングで窮地を脱しようと試みますが無情にも苔がトルクを吸収して全く前に進みません。やばい!このままでは立ちゴケ必至だ!!
でとっさにクリートをリリースしてなんとか立ちゴケは免れたものの、ハイ、ここで一回目の足つきです。

すぐ気を取り直して場所を見つけてガリレオに跨ると再びこぎ出します。この前後で上から一人ローディが降りてきました。僕と同じようにコース試走に来たのでしょう。本来なら挨拶の一言でも口にするのですが、息が上がりまくっていて会釈するのがやっとでした。

主にシッティングで息を整えながら登ります。ダンシングも試しましたが、ダンシングは余計呼吸が乱れる感じがしました。僕はダンシングが下手なのかなぁ。

その内、木々がまばらになり空が見えてきますが、曲がり角でプチ崖崩れがあったりします。それまでのほぼ直線だった道が曲がり続きの道になります。あのコーナーを抜ければ勾配が緩くなるかもとか、あるいはゴールが突然現れるんじゃないか?なんて期待しますがコーナーを曲がる度にその淡い期待も裏切られ無情の勾配が続きます。スタートしてからの時間から推測するにコースの3分の2くらい来たあたりで僕の心肺機能はもう限界に達しそうでした。

く、苦しい。。もう駄目だ。。

で、無念の足つき2回目です。笑

時間にして1〜2分だと思いますが、自転車を押しながら歩き、水を補給。

集中力はとっくに尽きていますが、ここまで来たんだから的な惰性が働きまた何とか漕ぎだします。
僕の両腕は汗でてかてかです。登り初めてから1リットルくらい汗かいてるんじゃないってくらいです。

そして・・・やっと見えてきました。

ゴールらしき空き地が。。。

その空き地にはバンが一台停まっていて、周辺に4〜5人土木作業関係のあんちゃんらが地面に寝っ転がっていましたが、徐々に近づく僕のハアハアいう荒れた息づかいになんだなんだとばかりに起きだしてました。笑

Img_2929ここまで、時間は28分58秒。ですがこれは足つきの時間を除いたタイムです。実際は30分〜31分かかっているはずです。

Img_2931・・・・ほんっと!!疲れた!・・・・

しばらくはその推定ゴール地点で休みました。ペットボトルを一気に飲み干します。
で、帰りも同じ道を下ります。普通つらい登りの後はご褒美的な爽快な下りが待っているのが常ですが、このルートは下るのも疲れました。
勾配がなんと言っても急だし、苔をさけながら、スピードを殺しながらゆっくり下ります。ブレーキはかけっぱなしで握力も厳しいことに。道の脇にガードレールなんてものもない細い道なのでオーバースピードで曲がりきれないと崖から転落です。

Img_2936帰りがけにパシャリ。道の苔が分かるかと思いますが、これが至る場所にあるんですね〜。

走行データ(東京ヒルクライム仮想コース):走行ルート:東京都道202号上成木川井線 天候:曇り 気温:28〜29℃

Distance 4.4km

Avg HR/Max HR 172/187bpm

Avg Cad. 59/min

Avg Speed/Max Speed 9.2/23.5km/h

Ride Time 28M59S, cal 398kcal

↑この心拍数。こんなに心拍が上がったのはPOLARを使い始めて初です。
最高心拍は一般に言われる簡易式から導き出した数値そのもの。つまりMaxで文字通りの最高心拍を記録。
しかもこのアベレージ(92%)が僕の心肺機能の悲鳴を客観的に物語っています。この状態は本当つらいです。

そのまま帰ろうとも思いましたが有馬ダムがすぐ近くだったので寄っていきました。
小沢トンネル直前の登り勾配は緩く感じました。が、ダム直前の坂はやはりいつ登ってもつらいですね。
勾配は成木ヒルクラコースと同じくらいなのかも知れません。ゴールが目に見える点で精神的に楽ですが。

Img_2937

Img_2940

しかし2回も足つき。ヒルクライムって辛いですね。
って言うか、このイベント、爽やかな汗を流すようなスポーツイベントとかじゃないです。間違いなくこれは「過酷」イベントと呼ぶべきもの。恐れ入りました。トライアスロンクラブ企画というのも頷ける感じです。

本番はこれを2セット!?  今は想像もできませんよ。笑

まぁ、本番は足つきせずに2回登り切る。これが僕の目標ってことで。

本日の走行データ:走行ルート:岩藏街道→成木街道→都道202号→県道53号→(小沢峠)→名栗湖(有馬ダム) 帰路は同コースUターン 天候:曇り 気温:28〜29℃

Distance 53.7km

Avg Speed/Max Speed 16.7/61.2km/h

Ride Time 3H13M, cal 1758kcal

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

換装完了!!

ふぅ〜・・、昨日の夜中にようやくレーシングゼロにタイヤを取り付けました。
風呂上がりにビールを片手に作業してました。(それにしても、またビールが美味い季節到来ですね!笑)
まあ、それはいいとして。。

そして・・・・こんな感じです。

じゃん!!?

Imgp0269_7

このホイールはその色からフレームを選ぶとは良く言われますが、いかがでしょうか?
僕としてはまぁ、ホイールだけがそれほど目立って浮くわけでもなくそれなりにまとまったかなぁ、と満足なんですが。笑

ちょっと気を付けたポイントがあります。

Img_2913_4

それはタイヤの色。ホイールのインパクトが強いので、さらにカラータイヤなどを組み合わせると派手派手でくどい印象になってしまう事ですね。それは他の方のブログなどをリサーチして装着写真などをいくつか見てきて感じていました。
赤いホイールにタイヤも赤とか僕も気持ちはよく分かるんですが(笑)、そこはぐっと我慢してシックなオールブラックとした事で全体として落ち着いたかなと自分では思っています。そのほうがコントラスト的にもホイールの赤がより映えるのかなと。

あとフルクラムホイールはタイヤのビードなかなかはまりにくく難儀するなんて、よくブログにありこれもややおっかなびっくりだったのですが、意外や意外!?素手で難なくはまりました。 これはホイールとタイヤの組み合わせなんでしょうか?

Img_2916_1

そしてタイヤ組み付け作業が完了した頃、ふと外を見ると綺麗な夕焼け・・じゃなかった、朝焼けが!!
もちろん今朝の事です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

新ホイールとタイヤ

まだ使用前のピカピカ状態でのレーシングゼロを写真に収めてみました。

なにしろ僕にとり宝物みたいなホイールです。
Img_2776

Img_2777

扁平スポークは先端になるにつれ幅広となり、一本一本が『剣』のようにも見えます。(カッコイイ!)
Img_2778

フルクラムお家芸?の『two to one』
Img_2780

CS-7800。
Img_2788
つまりこれDURA-ACEスプロケです。今回勢い余って?とうとうDURA-ACEグレードに手を出してしまいました。
せっかくの軽量ホイールなので組み合わせるスプロケも妥協せずに。・・というか、まぁ自己満足です。ネコに小判、僕にDURA-ACEという感じでしょうか。笑
アルテグラグレードと105グレードでは性能差は分かりませんが、重量差では数グラムとかなり肉薄しており、あまりアルテグラに魅力を感じなかったのでその上のグレードにいってしまいました。
ロー側3枚が色が違っていますが、これはチタン製となっているためです。これでアルテグラから40gくらいの軽量化が果たされているようです。
しかしホイール外周部の軽量化が踏みだしの軽さにつながるわけで、いくら回転系パーツとはいえスプロケの軽量化って恐らくあまり体感できないような気もします。ほんと、趣味です。
歯数は11-23Tですので、必然的にこのホイールの性格は『平地スペシャル仕様』となっています。
RACING ZEROは軽量オールラウンドホイールですが、今のところあまりヒルクライム用途などには考えていません。身近の走れる場所が平地が主体というのと、個人的にあまり山でガンガン使う性格のホイールではないかなというのがありますので。まぁ、使えない事もないかもしれませんが、その時はやはりスプロケ交換をしないといけませんね。ファイナルロー23Tではちょっと・・。

Img_2903
タイヤは「SCHWALBE STELVIO」というものに決まりました。決戦用なんて代物ではなく一本の重量も235gで今ではまあ普通の重さといったところでしょうか。耐パンク性はやはり重視したいのであまりトレッド面がペコペコした感じの、いかにもっていう軽量タイヤは使う勇気もありません。
ただ唯一試してみたい軽量タイヤとして同じSCHWALBEから出ている「ULTREMO」があります。
今月号のFUNRIDEにも掲載されていましたが、いつか使ってみたいタイヤですね。実物も触ってみましたが軽い割に造りがしっかりしている印象を受けました。楽しみはまたの機会に。

チューブは流行の軽量ブチルチューブをチョイス。性能も良さそうです。

さて、これで物は揃いました。あとは装着ですがこの週末になんとか作業できるか!?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

ローラー台

梅雨入りが発表されて以来、都内では一日も雨が降らない日が続きます。
そして今日も晴れ。日差しはまさに夏そのもので暑かったです。

さて先月のイベント前に使って以来、約1ヶ月間触れてもいなかったTacx satoriに昨晩ガリレオをセッティング。
30分ばかり漕いでみました。以前にもまして部屋の温度も高いので汗が結構凄い事に。

今週末と来週末も自転車に乗れそうもないので、これで少し発散できればと思っています。

Img_2902


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

ちょっと海に。

Img_2888

今日は千葉の九十九里、片貝海岸に行ってきました。昨日に続き今日もよい天気。気持ちよかったです。

Img_2892

Img_2894

砂浜の真ん中にこんな謎の鉄柱が建っていてびっくり。これは一体何なんでしょう??もちろん錆びまくっています。

Img_2895

僕はボディボードを少しやります。全然下手っぴですけどね。笑

Img_2900

潮が満ちて先ほどの鉄柱は海の中に。波はそれほどでもなかったけど、やはり九十九里は潮の流れが速い感じがしました。結構横に流されます。

この海岸、キムタクも出没するという噂の海岸らしいです。サーファーが結構いました。

まだ本格的な海水浴シーズンではないためか砂浜も海も結構綺麗でした。

今日はちょっと夏を先取りできて得した気分。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

久々の荒サイ

今日は午前中仕事で午後から時間が空いたので、久しぶりの荒川CRを河口を目指して走ってきました。
なにしろ雲一つない快晴ですから。
午後の3時頃に出発。気温は30℃でした。
荒川CRに着く頃にハッと気付きましたが、なんとこの暑いさなかボトルケージに何も収まってない・・・。家に忘れて出てきてしまったようです。笑
まっ、いいか。と気を取り直し若干の向かい風でしたが一気に葛西臨海公園まで走りました。
(確か自販機があったはず・・おっ!やっぱりあった!)
救われました。500ccのアクエリアスをほとんど一気に飲み干しました。笑

Img_2884隣は白アングリル。勿論知らない人のです。笑

帰りは追い風も手伝っていい感じにスピードが乗りますが何しろこの快晴です。人が多いこと。
相変わらずボールを追いかける子供たちやら、ジョギングする人や犬の散歩をする人でなかなか気が抜けない感じでした。

今日は気温の割に走りやすかった気がしますが、これは湿度が低かったのでしょうか。ただ腕などは吹きだした汗が乾いて結晶化し白い粉になってました。日焼けもしたかも。
これからのシーズン、紫外線対策も課題となってきますね。

それにしても日が延びました。夜の7時でもまだ明るい。日没の時間を気にせずに走れるのは嬉しいです。

Img_2887

走行データ:走行ルート:荒川CR 天候:快晴 気温:30℃

Distance 52.9km

Avg HR/Max HR 136/173bpm

Avg Cad. 87/min

Avg Speed/Max Speed 24.7/46.1km/h

Ride Time 2H08M, cal 1155kcal

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

まず手始めに

・・というか、ものは試しにという感じでエントリーしてしまいました。

第1回東京ヒルクライム-NARIKI stage-

コースは短いし、高低差もそこそこなのでヒルクライム初心者には良いかなぁ・・と。
開催が8月19日という事で当面の目標イベントとしてもちょうど良い感じです。まさに夏真っ盛りの時期ですね。

そんな時期にヒルクライム?
しかも開催が第1回目?
(・・・まあ、あまり深く考えないようにしましょう。笑)

少し登りの練習もしないとなぁ。

⇨東京ヒルクライム(KFCトライアスロンクラブ)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

次のイベント

カレンダーを眺めながら初イベントであった佐渡ロングライドが終わり、かれこれ3週間になることに気付きました。ちょっと仕事なんかも忙しかったりというのもありましたが、この間ちょっと自転車はさぼり気味で自宅のトレーナーなんか一度も触れてないありさま。
佐渡の前はちょっと引き締まっていたお腹周りも、ここにきて若干脂肪が付き始めている感じ。

う〜ん、軽くヤバイ ?

そろそろまた目標を決めてモチベーションをあげないと、ですね。
手っ取り早いのがイベント参加ですが、何か適当なのあるかな〜??

自転車雑誌などをパラパラみていたら7月29日のサイクルマラソン阿蘇望というのが目を惹きました。
これはトータル120kmのサイクリングイベントですが、真夏の阿蘇の美しい大自然の中を走るという気持ち良さそうなイベント・・・かと思ったら過去9回の平均完走率74%。コース途中に4つの峠越えがあり、地獄の4峠越えなんて言われてるらしいです。で、その峠の高低差を4つで合計するとオーバー2000m・・・。
これは過酷イベントなんですね。
現実的には熊本はやっぱり遠すぎます。東京方面から佐渡の時のような便利ツアーも何もなさそうだし。
行くなら思いっきり夏休みなどを利用して旅行を兼ねてという感じになるのでしょうが、それにしても遠いので難しいでしょうね。もし九州に住んでいたら結構惹かれるイベントって気がしますが。

他ロングライド系では、
9月15〜17日のツール・ド・のと400
10月7日グランフォンド糸魚川
なども。どれも壮大なイベントですねぇ。ちょっと現実的じゃないかな。

う〜ん、何かないだろうか・・・。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

空前絶後

ついに僕のガリレオにとり空前絶後のイベントが。それは・・

『軽量ホイール換装』!!です!

はい、やっぱり買ってしまいました。ちょっとやりすぎた感がありますがガリレオのファイナルウェポン、決戦ホイール(←決戦って何?って話もありますが)

FULCRUM RACING ZERO

です。

Imgp0260_1

以前にこのブログで気になるホイールとしてちょこっと書いたと思いますが、その後その眩い輝きを放つホイールは散々僕に「買えるもんなら買ってみろ」オーラを放っていながらいつの間にか商談中の札がかかるようになっていて、一度は諦めていたのでした。しかしちょうどその頃はショップでホイールキャンペーン期間だったんですね。まずい予感が自分でもしていたのですが、もはや物欲の虜状態の自分にブレーキをかけるものもなく、またいつ入荷するか分からないと言われましたがついに予約をしました。 しかし、その一週間後くらいに連絡があり、なんとその商談は取りやめになったのでいつでも持ち帰れますというではありませんか!! ちょうど佐渡直前のゴタゴタした時期でした。そんな紆余曲折を経てこのホイールは無事僕の手に渡ったのでした。

Imgp0242

軽さや性能も勿論ですが、やはり色と外観に惹かれてしまいました。 ただ換装というのはまだできていなくて。 これに装着するタイヤがまだ決まってないのです、いろいろあって迷うな〜。(SCHWALBEあたりになりそうかな。) しばらく自転車も乗れませんし、これを眺めて晩酌です。笑

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

新緑ツーリング

Img_2823
佐渡以来ちょっと乗れていなかったので、週末は輪行でガリレオを実家に運び日曜日に奥多摩方面へ走ってきました。
前日は友人と飲んでいたので朝は若干2日酔いでしたが・・笑。
天気はやや雲の多い晴れ。暑すぎるわけでもなくちょうどいい感じ。
411を山の方向にひたすら漕ぎ漕ぎ。風がなんとも気持ちいいです。
山の風は木々に遮られて届くため、サイクリングロードのようなダイレクトな追い風、向かい風がないのが走りやすいですね。
Img_2829
日の加減でエメラルドグリーンに見える多摩川。カヌーなどもちらほら見かけました。
コンビニで程よく休憩しながらのんびり進みます。奥多摩駅を過ぎるとトンネルや昇り勾配の道が増えてきます。

Img_2833
やっと奥多摩湖に到着。2時間くらいかかったかな。この後ろには『水と緑のふれあい館』という建物があります。
奥多摩の歴史や郷土について展示がされていて無料なのもいいですね。

Img_2842_2
トンネルを一つはさんである駐車場では、ツーリング仲間で来た感じのバイクや車集団がワイワイやってます。
写真は『珍走族』。ブワンブワンと爆音がうるさすぎでした。でももうこういうのって時代遅れですよね。どうみてもイケていませんが。

Img_2845
駐車場からさらに山の方面へ。この区間は勾配も緩やかとなり、左手に湖を眺めながら快適なサイクリングが楽しめます。

Img_2856
今回は小菅方面を目指しました。今度は左下方に渓流を眺めながら。

Img_2864
一面緑で、森林浴効果あり?よく言うマイナスイオンが漂っているんでしょうか?笑

Img_2866
今回はここ『小菅の湯』を目的地としました。あと8kmという看板が見えてから到着するまでに結構なヒルクライムを満喫できます。
なかなか綺麗な洒落た建物でよかったです。肝心の温泉は・・う〜ん僕的にはちょっと水質が気になりました。大衆浴場なので仕方ないかもしれません。

帰りは勿論ほとんど下りで、びゅ〜とスピードにのりますが週末は交通量も多いので狭い道やトンネル内ではちょっと恐いところも何カ所かありました。

またしばらくは自転車に乗れそうにありません。それにそろそろ梅雨ですしね。

走行データ:走行ルート 奥多摩周辺(R411→R139)

Distance 93.7km

Avg HR/Max HR --/--bpm(心拍計を忘れました・・)

Avg Cad. 71/min

Avg Speed/Max Speed 22.5/55.7km/h

Ride time 4H09M

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »