« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

年甲斐もなく

久々にCDを購入。それも・・・

伊藤由奈の『HEART』

今月の24日発売だったのを知ったのは先日の日曜日のことでした。近所のCD屋を二ヶ所まわるもどちらも売り切れ・・・

やはり凄い人気でした。以前からいいなぁと思ってましたが出るものはシングルばかりで、

(いい加減引っ張り過ぎじゃないのか!?はやくアルバム出しやがれ!!)と内心思っていましたが、いざアルバムが出るや想像以上の人気振りのようです。なんとか昨日池袋のHMVでゲットできました。初回限定のDVD付きは売り切れでしたが。

この娘、若いのに歌唱力ありますね。紅白にも出ていましたけど、名実ともにという所ですね。

圧倒的に若者に指示を受けているんでしょうが、最近の流行歌に全く興味を示さなくなった30過ぎのオッサンにもやはり

いいものはいい!!

ってなわけで、iPOD nanoにも入れて早速聞きまくってます。笑

HEART (通常盤) Music HEART (通常盤)

アーティスト:伊藤由奈,REIRA starring YUNA ITO
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2007/01/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

ペダルについて

ちょっと迷っています。

ガリレオには現在フラットペダルが付いていますが、せっかくロードに乗っているのだからペダルもビンディング化してみるかと最近思うようになり今日もぶらりと阿佐ヶ谷のショップへ足を運びました。

店員さんの話だとLOOKタイプとSPDタイプがあり、それぞれに長所、短所があるようです。初心者で、自転車から降りてそこそこ歩きたい人には後者がお勧めらしいのですが。

考えてみるとガリレオを置きっぱなしにしてどこかにトコトコ歩いて行くシチュエーションもそうないか…。なら降りた時の歩きにくさに目をつぶりLOOKタイプが良いのか。

…ちょっと迷いますが、LOOKタイプになりそうかな…。見た目はロードっぽく洗練されたデザインだし。って結局見た目か??

Img_2309ショップの通り沿いにある定食屋。

雰囲気も味も僕好みで最近帰りがけに必ず行ってます。お勧めのお店。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

アンダーウエア

先日の柴又ツーリング?の際、使い始めたのが・・
Img_2311パールイズミ『インナーグローブ』

ウインターグローブといえど特にこの時期、ロードに長く乗ると指先が冷えてきてしまいますが、インナーグローブの着用でなかなか快適になった感じです。アソスのインナーもあり少し気になったのですが、残念ながらサイズが大きくこれを選びました。なかなか良いかもです。生地が薄いので上からウインターグローブを着用しても思ったほどゴワゴワしませんでした。

Img_2314同『サーマフリースアンダーウエア ハイネック ロングスリーブ』
真冬でもしばらく走ると汗をかきますが、止まればすぐに体が冷えてきます。今までユニクロなどで売っているごく普通の綿100%のロングスリーブをインナーとして着て走っていましたが、汗をそのまま吸収するので乾きにくく、乾く段階で今度は気化熱で体温を奪われ余計寒く感じます。
そこでこういう専用品を購入してみたのですが、確かに謳い文句通りの機能はあるかなというのが使ってみての印象です。
何より肌触りが気持ちよいのが気に入りました。ストレッチ性もあり肌に直接ピタッと密着するのもいいですね。やはり肌に直に触れる素材が快適性に及ぼす影響って大きいんですね。

なんだかんだとPEARL IZUMI製品が増えてきました(笑)。日本人向けにサイズのバリエーションが揃っていますしね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

自転車用プチアイテムご紹介①

Img_2290_1ん!?これは何でしょう??

Img_2291_2まあ、もったいぶるなって話ですが・・・・

Img_2293_2NITTO製『ランプホルダー5』という名前。

Img_2294クイックレリースのハブナットのところを利用してこんな感じに付きます。

Img_2296_2ここにライトを取り付けられます。

以上、お終い!

実はこのTOPEAKのライト(white lite)をガリレオ純正のドロップハンドルに取り付けたかったのですが、ベルトが短くて付けられなかったわけです。ベルトに穴を開けタイラップで強引に付けていた時期もありますがあまりスマートでなく締め付け強度も充分ではなかったのでやめました。

このランプホルダーのメリット→この位置にライトを付ける事でハンドルバーに他のもの(例えばサイコン)などを付けるスペースが稼げる事。

デメリット→20gらしいのですが多分これに替える事で純正よりやや重くなります。見た目にこだわる人や軽量マニアにはお勧めできません。またお値段ですがこんなものが結構します。確か3000円ちょい。結構買うのに迷いました。

下に取り付けることで、地面に近い分明るく見えるかというと微妙です。

ちょっと今は気まぐれで付けてますが、マストアイテムではありませんね。

それにしてもランプホルダー『5』って1から4まであったのでしょうか??謎ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

しっかし・・・

今年は暖冬ですね。
例年ならこの時期東京でも積雪したりして、交通機関が麻痺してニュースになったりしていたはずなのに。
悲鳴を上げるスキー場、喜ぶゴルフ場・・なんて新聞記事をつい最近目にしましたが、まあそうでしょうね。
しかしそれに加えて自転車野郎にとっても暖冬はありがたい!?
でも異常気象と考えれば楽観はしていられないのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

『男はつらいよ』で有名な・・

葛飾柴又に今日は行ってきました。今日は朝から寒かったので風邪の病み上がりの体で行くかどうか迷ったのですが、最近ちょうど一週間周期で訪れる「自転車に乗りたい」という衝動にはかないませんでした。

Img_2315荒川CRから堀切駅の手前の「四つ木橋」を渡り、6号線を走ります。

Img_2317なんか悪い事して捕まったわけじゃありません。「こち亀」ちっくでつい。。

Img_23196号から柴又街道に入りちょっと行くといきなりこんな風景が。

Img_2320年末のアメ横も真っ青な混雑ぶりに自転車を押して行くのに躊躇しましたが。ちょっと歩くとすぐ帝釈天が見えてきます。このアングルもそうですが、ここまでの商店街の風景にも何度か「おお~この風景は!?」とゾクっとする瞬間がありました。そうです僕は寅さん大好きなんです(笑)。今にも寅さんが飛び出してくるのでは!?という雰囲気がありました。でもここにくるのは生まれて初めてだったりします。

Img_2321で、境内の中です。凄い混雑ぶりでしたが、ここの参拝者の半数以上は観光客っぽいですね。あ、自分もそんなとこでした。

Img_2323これでも人が途切れた瞬間を狙って撮ってます。背後には人だらけです。そして、ふと気付くとレーパンにメット姿の自分ってどうなんだろう!?とも思いましたが、まあこの際細かい事は気にしません。

Img_2325「とらや」。

「男はつらいよ」の第1~4話はここで撮影されたらしいのですが、現在では店も改修されて当時の面影はほとんどない気がします。

Img_2326

Img_2327帝釈天から柴又駅に向かう途中で、ちょっと興味深いこんなお店がありました。ノスタルジックですね。凄く入りたかったけど自転車の置き場がないのと、自分の格好を考えて断念しました。

Img_2331柴又駅前の広場には寅さんの銅像がありました。

Img_2332久しぶりに柴又に帰ってきても、些細な事で家族と喧嘩してふて腐れて家を飛び出す寅さん。そして妹さくらが駅のホームまで追いかけて説得するわけですが、結局は見送る事になる、なんてシーンを思い出します。

Img_2333これは「とらや」の一角にありました。

Img_2334最後に「とらや」で、「焼き草団子」を二つ買ってみましたが、冷えた体に焼きたての香ばしい団子はとても美味しく感じました。

山田監督の「男はつらいよ」シリーズは僕の両親が好きでよく観ていて子供の時分より一緒に観ていたせいか、いつの間にか僕も大好きになっていました。四十何作もある長編ですが、結局いつもワンパターンの展開なのに飽きさせない、それどころかどんどん引き込まれていくところが日本の名作映画と言われる所以でしょうか。時に笑いが、時に涙が・・本当に日本的なほのぼのしたいい映画だと思います。

寅さんこと渥美清が急逝してもう十年以上になるんですね。

今度はもうちょっと時間をかけてこの柴又を満喫したいものです。

走行データ:天候 曇り 気温8度

総走行距離43.19km 平均速度21.0km/h 最高速度41.5km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

観てきました。

アイルケこと映画『愛の流刑地』。

渡辺淳一の同名の小説の映画版ですね。新聞の朝刊に連載されて、朝から過激な性描写とはいかがなものかと論議を呼んだ事でまだ記憶に新しく、確か小説もハードカバーものしかなかったと思いましたが、映画化が思った以上に早くてびっくりしました。

渡辺淳一の小説はいくつか読んできましたが、失楽園のヒットで有名になりましたね。

ただこのアイルケもそうですが、ちょっと最近の路線は・・・と個人的には思っています。

で、この映画はというと、内容には触れませんが正直、言われているほどじゃ・・って感じでした。まあ最近感性が錆びかかっている自分のものさしで観ると、って事です。興味のある方はどうぞ映画館に足を運んでみて下さい。

見る人によって評価が分かれそうな映画ですね。

僕自身は『無影燈』が渡辺作品の中では好きです。

無影燈(上) Book 無影燈(上)

著者:渡辺 淳一
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

無影燈(下) Book 無影燈(下)

著者:渡辺 淳一
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

『iPod nano』のこんな愉しみ方

以前このブログでiPod nanoを取り上げましたが、今回はiPod nanoの意外な愉しみ方をご紹介です。

と言っても最近TVCMもやりだしてますし、雑誌の広告にも結構見かけるようになっているので既にご存知の方もいるかも知れませんね。

まずPCショップなどでこれを購入します。

Img_2108NIKE+iPod Sport Kit

値段は3400円だったかな?いわゆるNIKEとiPodのコラボレーションですね。

Img_2107

Img_2305中身はこれだけです(もちろん十円玉は入っていませんが)。左がiPodに差し込むレシーバー。右はセンサー。

Img_2306こんな感じにiPod nanoにレシーバーをはめ込みます。

センサーが入っているのは別売りのホルダーです。

これだけで完了。あとはiPodで好きな音楽を聴きながらセンサーを入れたこの黒いホルダーを靴の紐などに固定してウォーキングまたはランニングをします。

すると正直どんな仕組みか解らないのですが、iPod nanoが歩行距離(走行距離)を計算し、ペースや移動距離、消費カロリーなどを計算してくれてワークアウト終了時に教えてくれます。画面に文字が表示されるのはもちろんですが、iPodがワークアウト結果を突然流暢な英語で(日本語バージョンも選択可)喋りだすので驚きます。これがなかなかかっこ良かったりするんです。さらにいいペースが記録されるとご褒美に有名なアスリートのスペシャルメッセージを聞くことができます。

Img_2308それでiPodをPCにつなげるとこんな感じでPCの画面で自分のワークアウト結果を確認できる寸法です。なかなか良くできていますね。

これがあればウォーキングやランニングも楽しくできます。好きな音楽を聴きながらというだけでなく、こんな愉しみ方ができるのもiPodの凄いところです。

これが3400円ですから、iPod nanoユーザーには本当お勧めです。

尚、本当はNIKE+の専用シューズにセンサーを埋め込むのがとてもスマートなのですが僕はまだシューズまでは持っていません。

あ、断っておきますが僕はMacintoshやナイキ関係者では全然ございませんのであしからず。

Apple Nike + iPod Sport kit MA365J/B CE Apple Nike + iPod Sport kit MA365J/B

販売元:アップルコンピュータ
発売日:2006/10/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

納豆騒動 ー追記ー

それで実際昨日の夜近所のスーパーに足を運んでみたのですが・・・
いつもの納豆コーナーの区画はガランガランでした。一品も残らず、
『見事に完売!!』
お詫びみたいな張り紙がしてありましたが、本当なんだと呆れて笑ってしまいました。

で、その後に近くのコンビニ巡りをしてみたところ一店舗目はやはりありませんでした。
次にいったコンビニではなんと普通に置いてありました!
しかも売れるのを見越してか、コンビニらしからぬ品揃えで結構ありましたね。

僕はとりあえず1パック買って満足して帰りました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

荒川Cycling Road

Img_2297
この週末は自由な時間が土曜の午後しかなく、他にやることもなく天気もそこそこだったのでとりあえず自転車に乗ることにしました。
さてどこを目指そうか?と迷うほどの時間は余っていなかったのでまずは荒川に出てまた葛西臨海公園を目指して走りだしました。するとこの日は天気もよかったせいか結構自転車が多かったです。それに加えCR沿いのグランドには少年野球やらサッカーやらがあちこちで開催され、バットやボールをもった子供達も道に溢れんばかりに。自転車、特にロードは走行音がほとんど聞こえずそのくせ結構なスピードが出ていますので本当注意が必要ですね。歩行者や子供はこちらの存在に気付かないと予想外の動きをしますのでとても危ない印象を受けました。

Img_2300これはなんでしょう?

Img_2299風力発電のようでした。

Img_2301 
葛西臨海公園手前の「健康の道」。ここはなかなか気持ち良い道ですね。また夕方になってしまいましたが。

Img_2304_1
公園内。写真ではわかりませんがこの方向にお台場の観覧車や東京タワーなども小さいながら確認できました。
綺麗な夕焼けが見られて良かったと心が癒されたのもつかの間、実はこの後が大変だったりします。
『向かい風』です。行きよりも確実に10km/hはスピードが落ちました。自転車にとって風の存在は大きいと改めて認識した日でもありました。
ちなみに気象庁のWEBを参照したところこの日の東京は北西の風向きとのこと・・・ってまさに荒川の流れに沿って上流から下流方向の風って事ですね(苦笑)

走行データ:天候 晴れ 気温 9〜10℃
総走行距離55.7km 平均速度20.5km/h 最高速度39.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

ご存知ですか?

ここのところの納豆騒動を?

かくいう僕も昨日ニュースで知りましたが。

某「あるある大○典」という番組で納豆を朝夕2パック食べるだけでダイエット効果があるとかないとか番組で紹介したら世のスーパーから納豆が馬鹿売れして瞬く間に品薄状態とか??

僕自身、納豆は大好きなのでちょっと由々しき事態ですが、まだ実際にスーパーで目の当たりにはしていません。明日あたり足を運んでみましょうかねぇ。。。

その番組は見たわけではないのでよく分かりませんが、マスコミの力は絶大だと呆れ半分です。まあマスコミも上手いです。年末年始に甘いものや高カロリーものを食べすぎて体重が増えた人は少なくないでしょうし。タイムリーでした。アン○ンとか女性向け雑誌も今月号の特集にはたいてい『ダイエット』の文字が躍っていますしね。消費者を操っている感が否めません。

それにしても日本のこの国民性もどうなんでしょうね。オイルショック時のトイレットペーパー騒動といい、白いんげん豆ダイエットが番組で紹介されるや急性胃腸炎患者が全国的に続出した事も記憶に新しいというのに。(確かに嘔吐下痢で一時的に体重は落ちたのでしょうけども・・・)

だいたい食べて痩せられるという考えがイージーすぎるのではないでしょうか?痩せたければ食事節制と脂肪燃焼効率の高い有酸素運動じゃないんですか!?と言いたいです。

ちなみに納豆1パックで100Kcalありますし、不必要に摂りすぎた蛋白質は脂肪に置き換わるわけですが。。

以上、ちょっと今日は辛口路線でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

液化石油ガスこんろ

と聞くと、なんだか台所のイメージですが、密かに企んでいる自転車キャンプにも使えそうな携帯型ガスストーブを購入したのでちょっとご紹介。

Img_2207_1IWATANI・PRIMUS社の『P-153Ti』です。まだ新品です。

Img_2280充分手のひらに収まります。

ガスストーブにはいろいろな種類が世に出ています。それぞれに燃料が違ったり、燃料供給の形態が違ったりします。もちろん使う用途で選べば良いのですが、僕の場合上述のように自転車での携行性も念頭に軽量でかさ張らないこのタイプをチョイスしました。

「Ti」とはチタンの事ですが最近アウトドア業界にもずいぶんチタンが浸透しているのには驚きました。やはり軽さのメリットが重宝されるのでしょうか。

これは同社の定番モデル「P-153」のバーナーヘッドと混合管部がチタン製になったモデルでガスカートリッジを除いた重量が100gという事です。それでいて火力はMAX3800kcal/hとなかなかのようです。

Img_2212_1試運転

Img_2214_1これでまだ最大火力ではなかったり・・。

Img_2281遊びでコンビニのキムチ鍋をかけてみました。

Img_2284結構美味しかったですよ。

Img_2285

チタンというと車好きはチタンマフラーの青っぽい焼け具合をイメージするのではないでしょうか?それに加え、軽量化とチタンサウンドが憧れでしたが。

Img_2289ハイ!こいつもちゃんとこんな感じに(笑)。

この製品の定価は同じタイプの他社製品に比べると少し高いのですが、実際手にとってみるとがっしりした造りで安っぽさがないのが分かります。この類の道具はある一つの機能だけを追及した産物なので見ていて楽しく、綺麗な焼け具合にも所有するちょっとした喜びを感じさせます。早く実戦投入したいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

お気に入りグッズ④

Img_2149

この時期自転車に乗るには、防寒の備え万全にしないとせっかくの楽しいライドが”一人我慢大会”のような様相を呈してきます。

写真はPEARL IZUMI製の『ウインドブレーク イアーパッド』ですが、額から後頭部にかけてバンドのように覆うタイプの耳パッドです。

秋口から購入してあったのですが、年末から使い始めてます。

使用してみての個人的感想ですが、

1、ウインドブレークと名がつくだけあり、風はほぼシャットアウトしてくれます。

2、上は写真のように開いているので、頭が蒸れることはありません。

3、薄く軽いためメットを上から被っても違和感は感じません。

4、保温性も謳っていますが、正直耳がポカポカするほどの保温性はありません。

5、外界の音もそれなりに多少は聞こえなくなります。

6、PEARL IZUMIのロゴが額のところにくるのは個人的には・・・(メットを被れば隠れますけど)

まあ、4~5は感じ方に個人差はあると思いますが、それなりに気に入っています。これなしではこの時期ちょっとつらいです。

他社製品もいくつか出ていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

異音が発生!?

これはまあ大した事ではなかったのですが・・
実は先日の奥多摩からの帰りによく耳を澄ますとたまに聞き取れる程度の「キュルキュルキュル・・」という異音が自分の自転車から発生している事に気付きました。
それでも始めのうちは
「ん!?何の音だ??」・・・・「気のせいか・・。」
くらいの頻度であったものが帰路の後半になると明らかにほぼ常に聞こえるようになりました。どうもクランクの回転に合わせてそれは聞こえてきて、初めはチェーンが油切れを起こしているのかと思ったのですが、音の発生元を調べてみるとリアディレーラーの辺りからでした。クランクをどちらに回転させても聞こえてきます。

思えば納車して約2ヶ月半立ちますが、今まで油の類は全く差した事がありませんでした。ちょこっと乗りは何度かしてきましたが、まとまった距離を走ったのはこの年末からくらいのものだったので、あまり油も切れないかと考えていたのですが・・。
家に帰るとさっそくまずチェーンに軽く注油してクランクを回してみると、異音は相変わらずでした。
やはりリアディレーラーが怪しく次に差したのは写真↓の下プーリーの回転部分だったわけですが・・・。
Img_2278
その”異音”、ピタッと止みました。ふぅ〜良かったです。

で、よく見ればチェーンも汚れて黒づんできてます。晴れた日にしか乗ってきませんでしたが、砂や土が知らずのうちにチェーンに付着するのでしょう。
メンテ本などを読むとまずチェーンの脱脂をしないといけないようです。デグリーザーというものは持ち合わせていなかったので、阿佐ヶ谷のショップで購入してみました。
Img_2269_1
Img_2270_1
これだと片手でスプレーしながら容器内で自動的にブラッシングもされる仕組みなので、あまり手が汚れず確かに楽でした。ただし、このクリア容器内にチェーンからおちた汚れた油が結構たまるのでこぼさないよう注意が必要です。しかし本当汚かった。
Img_2265
<使用前>
Img_2274
<使用後>
写真では分かりにくいですが、くすんだ感じのチェーンに光沢が戻った気がします。

しかし愛車からの異音というのは結構、精神衛生上良くないですね。走り続けるのがストレスになります。
室内保管ですが、油断せずこれからは注油くらいは定期的にしないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

新年早々・・・

物欲という煩悩に支配されかかってます。

今日仕事帰りに電車を乗り継ぎ阿佐ヶ谷のショップに足を運びました。今日から営業が始まったようです。欲しかったケミカルなどが目的でしたが・・・

目にしてしまったのはMAVICのHRサイクルコンピュータ(WINTECH HR)の新製品でした。従来品より本体が縦長にスリムになり見た目がイケてます。MAVICのあの黒と黄色の色遣いがまた精悍な印象です。サイコン機能+心拍数が分かるわけですがケイデンスはオプションが別途必要になるようです。取り付けはクイックリリースレバーごと交換と、スマートそうです。

元来新し物好きなので、いきなり物欲がメラメラと音を立てて燃え上がりそうになりました。

(・・・しかし待てよ。見た目だけじゃちょっとまずいか・・そういえば有名なPolarはどうなんだろう?よく性能を調べて比較しないとな~)

と自分に言い聞かせ今日のところは踏みとどまりました。冷静に冷静に、と(笑)。

調べてみると、PolarのCS200cadなら心拍計、ケイデンスともに測れてMAVICより多機能のようですし、心拍計のベルトも着け心地が良いとか聞きます。見た目は僕的には可もなく不可もなく、といった感じなのですが。

しかしいずれにしても次あたりショップに行くと自分を制御できるかわからない予感がしています。でもレースとかトレーニング目的でなければ必要ないと言えば必要ない物なんですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

そして、いざ奥多摩へ!?

今日は午前中、実家から奥多摩へ行ってみました。いままで車では何度も行きましたが、自転車でというのはほとんどなく、ガリレオで走ってみたかったんです。道は411号を延々と走るだけ。一応山の方面なので若干の上りになっているはずですが激坂はほとんどなく自分の足でもアベレージ25km/h弱くらいを維持できます。

やはり田舎道は信号に捕まる事もほとんどなく快調に走れます。気持ちいいです。景色もいろいろ変化に富み飽きません。単調な景観が続くサイクリングロードより僕はこういう道が好きなのかも知れません。

Img_2259うーん、自然はいい!

Img_2260二俣尾のコンビニで一息。

Img_2261釣り人がいました。

そして今日の目的地はJR奥多摩駅の手前、新氷川トンネルを抜けてすぐ左方向に鋭角に曲がっていくとほどなくして見えてくる『も○ぎの湯』という温泉なのでした。

Img_2263

ここは露天風呂のロケーションが良いと評判みたいです。比較的新しく建物も綺麗です。受付の方にちゃんと温泉が出ているのか聞いてみたのですが、内風呂は本物の温泉らしいのですが、露天はただのお湯みたいです。入浴料750円で二時間制限です。(二時間も入りません)

入ってみた感想は・・・確かに露天は眼下に流れる川を見下ろす絶好のロケーション、温泉じゃないのが惜しいです。全体に綺麗。内風呂の泉質は不明です。アルカリというほどのヌルヌル感はなく、かといって硫黄でない事は匂いでわかります。結構人気なのか混んでいました。それに脱衣所が狭いかもしれません。さらに休憩所と書いてあるので行ってみると、それは名ばかりで、その実、食堂です。何か注文しないと居座るにはかなり勇気がいる雰囲気でした。従って風呂上りにくつろぐスペースほとんどありません。でもまあこんなもんでしょうか。

今日はここでUターンして帰りましたが、奥多摩湖は更に先にあり、上り勾配はちょっときつくなります。

しかし体がせっかく温まったのに自転車では帰るうちにすっかり冷え切ってしまいました。というより風呂上りにまた寒風を切って自転車で走るのはつらいものがあります。同じ事をするなら冬だけは避けた方がいいかもしれませんね(笑)。

その後実家からまた帰ってきましたが、時間があれば入間川サイクリングロード→荒川サイクリングロードなんてコースも頭をよぎったものの、実家で少しのんびりしてしまい、暗いサイクリングロードはもう走りたくないので幹線道路を仕方なく走って帰りました。

この年末年始、結構走りました。普段乗る時間がない反動かも知れません(笑)。

走行データ:天候 曇り 気温9℃ 

総走行距離 96.72km 平均速度 22.5km/h 最高速度 55.0km/h

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

多摩川サイクリングロード走ってみました。

この年末年始は珍しくちょっとゆっくりできました。(いつもは大抵仕事がどこかに入るのですが・・。)しかし正月というのは一人暮らしをしていると退屈なものです。テレビは正月特番と称した年末に収録を済ませた番組ばかり。繁華街に繰り出してショッピングでもと思いきや当然お店もやっていません。

そんな1月2日。新年早々実家へ自転車で帰ることにしました。今年一番の初乗りとなります。まとまった休みもなかなかとれないので良い機会でした。

僕の住む町から実家(東京西部)へは車なら環7→青梅街道ですが、はっきり言って自転車では避けたい幹線道路です。しかしこの日も出発は午後の一時を回っている時間でしたので仕方なく環7→目白通り→青梅街道と走りますが、やはりかなりストレスフルでした。車道はギリギリの所を大型車がかっ飛んで行きますし、歩道を走れば横からいきなり人やママチャリ、車が飛び出してきます。余談ですがほとんど左右の確認もなく真正面を見てニョイっと出てくる人って結構いますね。信じがたい事ですが、危ないです。

そこで堪らず、府中街道を左折して立川方面へ。距離は遠回りですが有名な多摩川サイクリングロードをちょっと走ってみたいとかねてより思っていました。

Img_2250_1立川の某コンビ二にて。

Img_2254_1ようやく多摩川です!

しかし写真のように既に日も落ち、暗くなり始めていました。やはりサイクリングロードは走り易いなと調子に乗って走っていると何か変です。いきなり砂利や土の道になったり、土手の上から自転車を持って下に移動しなくてはならなかったり。MTBならそれもまた楽しいのかも知れませんが、ロードでは・・という感じに。挙句の果ては道なりに走っていると川からどんどん外れ民家の中に道が繋がっていったり。

これはおかしい?と川の反対側に渡り道を探すと・・・ありました。サイクリングロードはこっち側だったのか!?と。どうも上流に向かって右側なんですね。

しかし喜ぶのもつかの間、あたりはどんどん暗くなり一本道が続くのかと思っていた道もやはり土手の上から下へ、とかいきなり林を迂回したり公園の中を走っていたり、気づいたら本道とは違う道に出ているなんて事も一度や二度ではなく(まるで首都高を彷彿とさせました)かなりスリリングな思いをしました。でも慣れていれば楽しいのでしょう。と言うより暗いサイクリングロードはやはり走らないほうがいいって事ですね。次はちゃんと明るい時間に走りたいものです。そういえばこの日すれ違ったのは一台のロードだけでした。

走行データ:天候 曇り、気温8~9℃

総走行距離60.19km 平均速度17.6km/h 最高 51.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます!

日頃、私の拙ブログを見ていただいていた皆様。昨年はありがとうございました。ピナレロ ガリレオ購入とほぼ同時に始めたこのブログもお陰様で楽しく続けて来ることができました。

今年も不定期ながらブログ更新を続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。テーマはやはり自転車中心になりそうですが、それだけに偏らずもう少し幅も拡げてみたいと考えてます。

昨日31日は日光旅行前に早まってボトルに詰めてしまったCCDドリンクが勿体ないのでちょっと走ってきました。今回は思いつきだったので出発の時間は午後の1時を過ぎていました。目的地は葛西臨海公園にしました。

Img_2215

荒川サイクリングロードを走るのはこれで二回目でしょうか。行きは追い風でスピードが乗ります。たまにロード乗りにすれ違ったり追い越されたりしながらマイペースで30km/h位を目標に走りました。すれ違うとつい何に乗っているのかと目がいってしまいます。確認できた範囲ではアンカー、GIANT、BMCあたりを見かけました。

Img_2223

これは僕のシルエット。既に日が傾きかけています。

Img_2227

やっと到着。サイクリングロードというものは同じ方向に走っていても途中川の対岸に移らなくてはならない事があったり、頭上に架かっている橋も一見簡単に渡れそうでいて渡るためには一度大きく道を外れなくてはならなかったりで単純なようで走り慣れていないと困ることがあります。

今回は下流方向に向かって右側を走っていたところ、ようやく観覧車が見えてきたところでいきなり行き止まりになってしまい、途方に暮れていたところ、たまたま写真を頼まれた人に道を教えてもらいました。少し戻り葛西橋を渡って「健康の道」に出ると後は臨海公園まで真っ直ぐでした。ちなみにその人は60~70歳くらいの男性でピカピカのGIANT OCR3に乗っていました。「今日が初乗りなんですよ」と嬉しそうに話していました。その歳でロードバイクとは本当凄いなと感心してしまいます。こういう触れ合いって自転車の魅力の一つでもありますね。

Img_2234

臨海公園は一週すると5~6kmくらいあるのでしょうか?思った以上に広く観覧車だけかと思いきや、水族館や鳥類園などいろいろある事を知りました。

Img_2239

よく考えると今年最後の日の入りです。思わず太陽に、「今年一年お勤めご苦労さまでした」と声を掛けたい心境になりました。個人的には初日の出よりこの「最後の夕日」の方が趣があると思うのですが。ちなみにこの写真の右端には富士山も写っています。昨日一番のベストショットが撮れました。

走行データ:気温5~9℃ 天候 晴れ 東~東北東の風 風速1m/s(気象庁WEBより)

総走行距離 65.06km 平均速度 20.8km/h 最高速度 44.7km/h

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »